ポケットモンスター アルタイル • シリウス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ポケットモンスター アルタイル・シリウス とは、2ちゃんねるの住人によって作られた改造ポケモンである。最新版は2011年6月18日版。

概要


ポケットモンスター アルタイル・シリウスは改造ポケモンシリーズ一作目である。過去にユウキがレックウザを呼びグラードンとカイオーガの戦いを収めたとシナリオで語られるためルビー・サファイアではなくエメラルドの続編であり、ホウエン大災害により地形やポケモンの生態が変わってしまったホウエン地方が舞台。タイトルのポケモンは、アルタイルがガニメデ、シリウスがライラプス。カントー・ジョウト・ホウエン・シンオウ地方の一部のポケモンと、新ポケモンが登場する。元々ホウエン地方に生息していたポケモンはだいぶ減ってしまった。図鑑にに登録できるのは203種類で全国図鑑にバージョンアップは無い。アルタイルとシリウスの違いは、特定のポケモンの出現率、出現するポケモンの種類、ポケモン図鑑の説明、アスフィアのフォルムなどでシナリオやキャラクターの台詞に違いはない。

ストーリー


ポケモンと人間が笑顔で過ごすホウエン地方――。
そんなある日、突然、巨大な隕石がホウエン地方を襲う
ホウエン地方全体に及ぶ大災害
その隕石は、各地の町に甚大な被害を及ぼした――。
その絶望は人々の顔から笑顔を奪い去ったかのように見えた
しかし、プレイヤーは目にする。
ポケモンと力を合わせ、町の復興作業をする人々を、
ジムを開き、挑戦者を迎える準備を進めるジムリーダーを……

隕石の衝突によって生まれた新しいポケモンたちとの出会い
強い力を持つ謎のポケモンを利用し、悪事を企むBH(ブラックホール)団との戦い

新たな世界観で描かれるストーリー
次々と登場する新しいポケモン達
カイナシティに到着し、クスノキ艦長に荷物を渡そうとしたところB・H団員が登場。彼らに勝利するとB・H団のボスまでも登場。なんと前作のチャンピオン・ミクリであった。

流星の滝でB・H団はソライシ博士から「あかきこどう」を奪う。
えんとつ山でW・H団と協力してB・H団と戦い、主人公ミクリに勝利し「あかきこどう」をソライシ博士に返した。

ヒマワキシティに向かう途中、118番道路で伝説のポケモントレーナー・ユウキと遭遇。
天気研究所でまたしてもB・H団率いるホムラが資料を強奪しているのでこれを阻止。部下に「W・H団がおくりび山に向かった」と聞き、おくりび山に向かう。

おくりび山の頂上に着くとなんと、W・H団リーダー・ダイゴが元トクサネジムリーダーのフウとランから紅色の玉を奪っていた。ダイゴもミクリのように悪におちていたのだ。

でこぼこ山道にあるB・H団アジトに潜入し。最奥にマグマに眠るグラードンの姿が。ミクリはオルディナと呼ばれるポケモンに藍色の玉をはめ込みグラードンを目覚めさせてしまった。グラードンはどこかに飛んで行ってしまった。ミクリと戦闘し勝利。B・H団がキナギタウンの少女をポケモンに改造してしまったのがオルディナらしい。

そしてカイナシティでダイゴがクスノキ艦長の潜水艇を強奪。主人公は追ってミナモシティのW・H団アジトへ。
アジト奥でウシオと戦闘中、ダイゴと部下たちは潜水艇でどこかへ。

トクサネ宇宙センターにW・H団が現れ、主人公はユウキと協力してダイゴと幹部イズミに立ち向かったが、オルディナを奪ってしまった。
海底洞窟最奥で眠るカイオーガ。ダイゴは連れてきたオルディナに紅色の玉をはめ込みカイオーガを目覚めさせる。

登場人物



人工ポケモン


物語の中盤にオルディナという人工ポケモンが登場。キナギタウンの少女がポケモンに改造された姿。オルディナはトクサネ宇宙センターで研究されB・H団によって作られた。B・H団やW・H団にそれぞれ藍色の玉・紅色の玉を埋め込まれ、グラードン・カイオーガを目覚めされるのに利用された。「アンナコト シタク ナカッタ トメテ アノ ニヒキヲ トメテ」など人間の言葉を発する。殿堂入り後、ミナモ図書館の2階に行けるようになるが、そこにオルディナにされた少女が書いたものと思われる日記を読む事ができる。アルトマーレでかくれんぼイベントをクリアすると戦闘になり捕獲することができる。

世界観


本作の舞台はホウエン地方。
ホウエン地方」を参照。
添付ファイル