※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイルへの書き込みなどをする関数について書いていきます。9月13日

目次





ログの記述やWEBページのプレビューに使われる。

ログの記録やページのプレビューに使われます。ファイルをオープンしている最中は他からの書き込みを禁止することが重要です。

コード

<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>ファイルの書き込み</title>
</head>
<?php
date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
$log[] = date('Y-m-d H:i:s');
$log[] = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];

//@とor dieは合わせて覚えておくと吉
$file = @fopen('access.log' ,'ab') or die ('ファイル開けません。');

flock($file, LOCK_EX);//書き込み中なので他からの書き込みを禁止

//logを記述。タブで分割し、最後に改行をする。
fwrite($file,implode("\t",$log). "\n");

fclose($file);
print '記録完了';



?>
<body>
</body>
</html>

エラー演算子を使い、ファイルがひらけなかった場合のエラーはor dieで処理するということをセットでおぼえておくとよいです。

まとめ

メモ帳だと改行は見えませんが、テキストエディタ等を使うと改行されていることが確認できます。

以上