パスワードを生成するプログラムについて記述していきます。8月30日記事

目次





range関数を使い、配列に入れていく。

<?php
$array = range('a', 'z');
var_dump($array);
?>

とすると、以下のように出てきます。

array(26) { [0]=> string(1) "a" [1]=> string(1) "b" [2]=> string(1) "c" [3]=> string(1) "d" [4]=> string(1) "e" [5]=> string(1) "f" [6]=> string(1) "g" [7]=> string(1) "h" [8]=> string(1) "i" [9]=> string(1) "j" [10]=> string(1) "k" [11]=> string(1) "l" [12]=> string(1) "m" [13]=> string(1) "n" [14]=> string(1) "o" [15]=> string(1) "p" [16]=> string(1) "q" [17]=> string(1) "r" [18]=> string(1) "s" [19]=> string(1) "t" [20]=> string(1) "u" [21]=> string(1) "v" [22]=> string(1) "w" [23]=> string(1) "x" [24]=> string(1) "y" [25]=> string(1) "z" } 



これを数字、アルファベット大文字等配列に格納するプログラムをかき、あとは配列をシャッフルさせれば適当なパスワードが生成されます。

コード

<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>パスワード生成プログラム</title>
</head>
<?php
//10個のランダムなパスワードを作る

for($i= 1; $i <11 ;$i++){

//パスワードの文字数
$num = 8; 
//アルファベット小文字を配列に
$array1 = range('a', 'z');
// アルファベット大文字を配列に
$array2 = range('A', 'Z');
// 数字を配列にする。
$array3 = range(0, 9); 
// 結合 複数の配列を結合(マージ)する。
$array_all = array_merge($array1, $array2, $array3); 
//シャッフル
shuffle($array_all); 
// 先頭の8文字を取り出す。先頭0から8文字
echo substr(implode($array_all), 0, $num);
echo "<br>";
}
?>
<body>
</body>
</html>



実行結果

loVNAEyq
nJrhb4Du
SPZ1oTNR
YIRPtUDy
05ycZaPw
vhxuHmMG
mXMjZP0B
FxsCNbJ0
FqL1lkgN
pKvr8FZM

適当なパスワードを生成したいときにぜひどうぞ。

以上