※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページでは、phpプログラミングの簡単な配列について執筆していきます。
配列を使う事によって一つの変数に複数の値を格納出来るようになります。
何番目の値なのかを指定していく事によって値の参照や変更もできます。

arrayの書き方

この配列を使う上でarrayという命令を使っていきます。

$price = array("50円","100円","150円");

というように記述していき、50円という値を取り出したい場合は

$price[0]

と記述します。 100円の場合は$price[1]、15o円の場合は$price[2]です。

連想配列

今度はインデックス(0から始まる配列の位置を示すもの)が増えてしまってややこしくなってしまいそうですね。
そこで値を連想させやすいインデックスに変えてみましょう。

$price = array{
 "kome" => "50円",
 "miso" => "100円",
 "natto" => "150円",
};

というように書きます。すると、50円という値を取り出したい時に、

$price["kome"]

と記述すればよくなります。=>は連想配列のインデックスと値をつなげるための記号です。
内容の追加変更は普段通り、

$price["kome"] = "60円";

という風にします。


以上