チャン・ナラ、自他共に認める童顔美女「今回の作品で女性らしくなったと言われました」

デビュー14年目を迎えたチャン・ナラは、歌手活動と女優活動を立派にこなしている芸能人の一人だ。2001年に歌手デビューすると共にシットコム(シチュエーションコメディ:一話完結で連続放映されるコメディドラマ)に出演し、若手スターに浮上した。自ら明かしたように“絶世美人型”スターではないが、可愛いイメージをアピールし、親近感のある存在になった。また、多数のスターがそうだったように活動の領域をアジア圏に広げ、その結果中国で知名度を高めた。

今年で34歳。確かに女性芸能人として若いとはいえない。それにもかかわらず、逆に女性らしさの魅力をアピールし、作品活動を続けている。特に最近放送終了したMBC水木ドラマ「運命のように君を愛してる DVD」でチャン・ヒョクと彼女がかつてラブコメディで見せてくれたハツラツとした姿を披露した。それを懐かしく思う視聴者には嬉しいことだった。しかも「明朗少女成功記」で一度息を合わせたチャン・ヒョクとの再会だった。色々と思い出を振り返り、新しい魅力を見つけることのできる機会でもあった。
3

ドラマの終了後、12日にソウル弘益(ホンイク)大学近くのカフェで会ったチャン・ナラは、普通の女優がそうであるように休憩時間をとっていた運命のように君を愛してる DVD。彼女が演じたキム・ミヨンという人物は行動と考えがあまりにも純粋で、この頃はややもすれば無視されがちなキャラクターである。そんなキャラクターを魅力的に生かしたチャン・ナラだ。ラブコメクィーンの帰還ともいわれている。