韓国版「ライアーゲーム」リュ・ヨンジェ脚本家“原作を忠実に伝えた日本ドラマ

ライアーゲーム DVD」リュ・ヨンジェ脚本家「現実にはない『必勝法』、あえて入れた理由は……」

tvN 「ライアーゲーム DVDを執筆した脚本家リュ・ヨンジェは、今も2011年の“あの日”を覚えている。アニメーションの原画家から2007年、MBCドラマ 「犬とオオカミの時間」の共同執筆者としてドラマ脚本家の世界に入門した後、数年間次回作を準備していたリュ脚本家は、その日「日本の漫画『ライアーゲーム DVD』をドラマ化したい」という連絡を受けた。原作は彼もよく知っていた。好きな作品でもあった。特に悩まず「やる」と言った。それが数年間の“宿題”にな るとは、その時は知らなかった。

「経営学を専攻しましたが、『交渉論』という授業がありました。課題の中に映画やドラマに出る交渉の事例 を発表するものがありました。僕は『ライアーゲーム DVD』を描いた作家甲斐谷忍の別の作品である『ONE OUTS』を選びました。野球漫画ですが、打者と心理ゲームを繰り広げたり、審判と交渉して結果を覆す内容も出ます。それで結構称賛されました(笑) そのような記憶があって(提案を)受け入れましたが、それは苦難の始まりでした」