「学校2017」11話 gugudanセジョン、現実と向き合う

学校2017 DVD』は『学校』シリーズの2017年版だ。学生が体験する素直で多様な感性を大事にする。

この日の放送では、Xの正体を確実に知ったデフィ(チャン・ドンユン扮)がテウン(キム・ジョンヒョン扮)の卑怯な行動がむしろウンホ(gugudanセジョン扮)を混乱させていると言った。これに怒ったテウンは、ウンホのために自白しろという言葉にうつむいた。ハベクの新婦 DVD懲戒を受けたキム・ヒチャン(キム・ヒチャン扮)は謝罪しろというウンホにむしろ「お前は本当にじっとしている人、悪い心を決意させる才能がある」と言って終わっていない暴走を予告した。

堂々と学校暴力委員会で勝ったウンホ、テウンは夢に対し悩み始めた。絵を描くとき最も幸せだと言っていたウンホは、低いウェブトゥーン照会数に自身の才能に対して真剣に悩んでいる。

学校2017 DVD


友達イム・ジュンギ(キム・ジヌ扮)がバイク事故で死んだ後、バイクデザイナーという夢を諦めたテウン。夢に懐疑感を感じるテウンにウンホは「胸が仕事、ときめく仕事、学校2017 DVD楽しい仕事をしてほしい」と語った。テウンは「では君が僕の夢なのか?」と答えてウンホを「シムクン」させた。以降、テウンの夢を取り戻したかったウンホはバイクのデザインの本をプレゼントして応援した。

詐欺に遭って難しくなった家の事情のために塾もやめてバイトを増やしたウンホのところにテウンが訪ねて来て、最高の一発 DVD事情を知らないままバイトをするなと言うとウンホはかっとして悔しい気持ちを表した。残念だが夢をあきらめようとするウンホを心配したテウンはウンホにプレゼントを渡して、これはむしろウンホの自尊心を傷つけた。これに対しウンホはテウンの告白を断った。