ハクソー・リッジの感想・評価

第一次世界大戦でPTSDになった父を持つ主人公ドス。宗教的に、人を傷つけることが許されない。幼少期の出来事によりその信念はさらに強くなっていく。しかし時代は第二次世界大戦。自国の男たちは命をかけて戦場に足を運んでいる。ハクソーリッジ DVD
なにもしないでいられないドスは軍への入隊を希望する。しかし彼は訓練中も武器を持たなかった。そのせいで仲間から暴力を受けたり上官からは除隊を勧められる。
しかしドスは自分の信念を曲げず武器を持たない衛生兵として戦地"沖縄"に乗り込む実話。

戦争映画史上、1番のストーリー。
ドスの信念の強さに心打たれます。
"主よ、もう1人助けさせてください" 操作された都市 DVD
自軍が退散した後も敵地に残り夜通し負傷者を探しては助ける姿にはトリハダが立ったし感動した。
日本軍が敵として出て来る為、どうかと思っていたが日本人の強さが描かれていて素晴らしかった。ラストシーンでは監督の日本愛が見られる。

しかし残念に思ったのがアメリカがハクソーリッジを登り戦いが始まるシーン。視聴者を脅かしたかったのかどうかわからないが銃撃戦が始まるシーンがよくわからない。ゾンビ映画やホラー映画ではないのにあの撮り方はいるだろうか?少しやり過ぎに感じる。パパの娘 DVD
そこが他の方のレビューにもあるように好戦的に捉えられるとこだと思う。
戦争シーンは「プライベートライアン」の方が良かったと思う。

しかしこの映画の重要なとこはそこではなくドスの信念である。他の人と違うことや、誰もが馬鹿にすることを継続し続けることは本当に難しい。ハクソーリッジ DVDましてや舞台は戦地である。その中で信念を曲げず戦ったドスには尊敬する。
本当に心に残る映画であった。
上映されてる間に映画館で見ることができて良かったと思う。
そしてもう二度とこんな戦争がないことを祈りたい。