SBS水木ドラマ『ピノキオ』19話・・・盛り沢山のエピソードが楽しかったです

『ピノキオ』は、同時間帯で競争した芸能プログラムMBC黄金漁場-ラジオ スター(4.8%),KBS 2TV透明人間(3.5%)との競争でも視聴率1位を記録した。

この日放送されたSBSドラマ スペシャル『ピノキオ DVD』18話は‘赤い靴’、19話は‘年と風と旅人’という副題で2話連続で電波に乗った。
この日主人公は、トリプル パンチを飛ばして頂点に駆け上がるドラマ展開を継続した。

韓国ドラマ ピノキオ DVD』は、イ・ジョンソク、パク・シネ、チン・ギョンが、キム・ヨングァンの母親で財閥会長キム・ヘスクに、強力なトリプル パンチを飛ばした。

イ・ジョンソク、パク・シネ、チンギョンは、自身の地位と権力を利用して不正を隠そうとするキム・ヘスクを身動き出来なくさせた。

この日の放送で、世論操作を通じて自身の地位を守ってきたボムジョデパート会長パク・ロサ(キム・ヘスク)は、MSCソン・チャオク(チン・ギョン)部長が、自身とのコネクションを暴露しようとしている事に感づいた。

韓国ドラマ ピノキオ DVD


これに対しパク・ロサは,チャ・オクと彼の娘MSC記者チェ・イナ(パク・シネ)、14年前 キ・サホン(チョン・インギ)消防署員事件に関連したキ・ハミョン(イ・ジョンソク)にテロを装い人を送って命を威嚇、警告を飛ばして皆を驚愕させた。

だが、このような危険を押し切ってソン・チャオクは暴露のための作戦を実行してパク・ロサに強力な最初のパンチを飛ばした。

ソン・チャオクは、パク・ロサによって審議室に発令が出てマイクを握ることができなくなるとすぐにチェ・イナを通じてYGN記者であるキ・ハミョンに14年前の電話番号のリストを渡した。
ソン・チャオクは自らが内部告発者になって、パク・ロサとの決闘を申し込んだのだ。

以後、パク・ロサは自身のニュースを覆おうと、歌手のFAMA(イ・ジュン)がプロポフォールを常習投薬をしているとして、話題のすり替えを試みた。 韓国ドラマ ピノキオ DVDしかしFAMAの熱烈なファンだった私生ファンのユン・ユレ(イ・ユビ)の素早い取材で、FAMAの無嫌疑が立証されて、これさえも水の泡になった。

パク・ロサの悪行が水面上に浮び上がった状況で迎えたエンディングはどのように描かれるのか。