※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

───幸せな夢だった。
彼女が記憶を奪われてから過ごした生活を、彼女はそう表した。
それも当たり前だ。
彼女の世界では───人間はそのような暮らしはできないから。

「聖杯戦争・・・かぁ」

数多の人間が、サーヴァントという英雄を使役し行うバトルロワイアル。
生き残り、願いを叶えるのはたった一人。

「・・・こんな時、巧ならどうするんだろうね」

ボソリ、と呟く。
叶えたい願いはある。
当然だ。
でなきゃ野村博士から渡された───『ゴフェルの木片』なぞに触る訳がない。

その時。
座る彼女の前に、光の粒子が集束する。
その集まった粒子は人の体を形どり───赤い装甲を纏った、青年が現れる。
真理はその出現に驚愕するが───直後に理解する。
これがサーヴァントというものなのか、と。

「あなたが、私のサーヴァント?」
「・・・そうだ。
サーヴァント、アサシン」

赤い装甲の青年───アサシンは、寡黙だった。
必要以上の言葉を話すようなことはしない。
しかしその瞳は真っ直ぐと真理を見据えている。
彼女の本質を見定めるように。
彼女の価値を見極めるように。

「───マスター。
一つ聞くが、いいか」
「え、あ、うん」
「お前の願いは何だ」

サーヴァントである以上、マスターの願いは聞いておく必要がある。
その問いに、真理は少々戸惑うが、答える。

「私は───私の世界の人間を、自由にしたい。
オルフェノクに襲われないような、生活を」
「自由に・・・?」
「私の世界はね、オルフェノクっていう存在に人間が弾圧されてるの。
人間たちは、隠れて狭い暮らしをしてる。
だから───私は聖杯に、平和な世界を願いたい」

真理は自分の言葉で、自分の願いをはっきりと述べる。
オルフェノクに虐げられる人間を助けたい。
人間が平和に暮らせる世界が欲しい。
救世主───ファイズにだけ任せることはできない。
以前の自分なら、巧ことファイズを待つことしかできなかっただろう。
しかし、今の自分には───それを為すための方法があるのだ。
見捨てる訳には、いかない。

「でも、そのためには他の人を」

殺さなきゃいけないんだよね、と。
心の中で彼女は呟く。
人間のために人間を殺す。
広い目で見れば、彼女が行おうとしている方法は正しい───のかもしれない。
そうして願いを叶えれば、最終的に多くの人が助かるのだ。
草加も、哲太郎も───そしていつか帰ってくるであろう巧も争いの中に放られることはなくなるのだ。

「そうか。
なら───俺がお前の代わりに、サーヴァントとして戦おう」
「・・・え?」
「俺が、戦う。お前は隠れていればいい。
人間のためだけを思っていればいい」

アサシンはそう告げる。
その顔は、冗談を言っているような顔ではない。

285 :園田真理&アサシン ◆DpgFZhamPE:2014/07/19(土) 22:46:50 ID:lxadRI/20

「私の願いなのに、ダメだよ。
アサシンにだけ押し付けるなんて」
「大丈夫だ。
俺は、俺の信じた物のために戦う。
お前が人間を助けるというのなら───俺も、それに協力しよう」

アサシンは真理に背を向け、歩き出す。
単身、戦場に乗り込もうというのだ。

「アサシン!」

真理の呼び声に、ふとアサシンは振り返る。
その顔は、とてもではないが活力に溢れているとは言えない。
聖杯戦争に呼ばれた現状への困惑。
人を殺さなければ己の世界を救えないという迷い。
人を殺さなければいけないという恐怖。
それらが織り混ざって───顔色はとても悪い。
簡単に言えば、青ざめている。
それでも真理は───自分の足で立って、アサシンを見ている。

「名前。名前を教えて欲しい。
アサシンとか、そういうのじゃなくて───本当の名前を」
「・・・」

真理の、せめてもの覚悟なのだろう。
一人で戦場へ向かうアサシンへの。
己も無関係ではないという覚悟。

「・・・」

それを聞いたアサシンは───ふと、思う。
生前、彼が幾度も見た人間の表情。
恐怖もある。
抵抗もある。
迷いもある。
それでも───誰かのために動こうという、儚くとも美しい、人間の素晴らしさ。

「───ああ、言ってなかったな」

アサシンもその顔を見て、決意する。
ああ、このためだ。
このような人間のために、彼はいつでも戦ってきた。
ああ、このような人間のためならば。
ああ、このような願いを持つ者のためならば───

「───『ゼロ』だ」

───俺はもう一度。
この体を、争いの中に投じよう。


【CLASS】
アサシン
【真名】
ロックマンゼロ@ロックマンゼロシリーズ
【パラメーター】
筋力C 耐久D 敏捷A 魔力D 幸運C 宝具A
【属性】
 中立・中庸
【クラススキル】
気配遮断:B
自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。

【保有スキル】
レプリロイド:A
人間的思考回路を持つロボットの総称で、自ら考え物事を処理する事が出来る。
 精神への干渉、毒物、呪いを受けない。

戦闘続行:A
瀕死の傷でも戦闘を可能とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。
生前、普通のレプリロイドなら機能停止に陥るほどの状態でありながら戦い、生き延びた逸話からこのスキルを会得した。

破壊工作:B
戦闘を行う前、準備段階で相手の戦力をそぎ落とす才能。
彼の場合は、拠点や施設などの破壊に該当する。
ただし、このスキルが高ければ高いほど英雄としての霊格は低下していく。
生前、彼が数々の拠点を破壊、制圧したことにより付与されたスキル。

技術会得:B
サーヴァントを倒した場合、そのサーヴァントのスキル、技術をランダムで会得できるスキル。
しかしそのためにはそのスキル、技術を一度自分の目で見ておく必要がある。
生前、彼が倒した敵から数々の技を会得したため付与されたスキル。

【宝具】
『偽の体に秘めし伝説の英雄』(ゼロ)
ランク:A 種別:- レンジ:- 最大補足:-

アサシンのその身体の中の魂に宿る宝具。
生前、アサシンは常に勢力・単体としての力、全てにおいて劣勢な状況から相手の基地に単身乗り込み、任務を成功させていた。
その逸話が宝具になったもの。
この宝具こそ彼がアサシンたる由縁である。
自分から戦闘を仕掛けた場合、相手の俊敏・耐久がランクダウンする。
それは『戦闘が始まった時点で』相手とのステータスに差があることや、自分の体がボロボロであるなどの、自分が劣勢であれば劣勢であるほど強く発動し、相手の俊敏・耐久が大きく下がる。

286 :園田真理&アサシン ◆DpgFZhamPE:2014/07/19(土) 22:49:03 ID:lxadRI/20
【weapon】
ゼットセイバー、バスターショット、シールドブーメラン、トリプルロッド、リコイルロッド、チェーンロッド
生前使い続けた数々の武器を臨機応変に使い分けるのがアサシンの主要戦法である。
宝具ではないため破壊されても魔力で修復が可能。

【人物背景】
シグマウィルス研究所に封印されていたレプリロイド。
『ゼロの伝説』を頼りにやってきたシエル手によって目覚めさせられ、弾圧されるレプリロイド達の為に戦った英雄。
クールだが頼まれると断れない性格だったり、子供に好かれたりと、ロックマンXシリーズのゼロのような熱い部分は少ない。
彼の体は英雄ゼロのコピーボディであり、オリジナルではない。
『ロックマンゼロ3』の終盤で彼は己のオリジナルのボディを破壊し、オメガとなったオリジナルのボディに別れを告げる。
彼は最後、バイルとの最終決戦でドクターバイルが作り上げた宇宙砲台『ラグナロク』落下を食い止めた後、崩壊するラグナロクと運命を共にし消息不明となる。
ラグナロク落下阻止作戦後、残っていたのはヘルメットのみだったがシエルを含めゼロを想うものは彼の生存を信じて疑わなかった。
数々の人間とレプリロイドを救い、伝説として語り継がれた彼の活躍は、まさに英雄であった。
数々のバイルの拠点、施設、工場などに潜入し、破壊活動を成功させたことにより、アサシンの適正を得た

今回は闇を斬り裂き光を齎す救世主───ファイズを求める園田真理の声を聞き現界。
オルフェノクに弾圧され、虐げられる人間。
成す術なく消えていく存在。
───そう。
彼は、そのような存在のために戦ってきた。
英霊となった後もそれは変わらないのだ。

【サーヴァントとしての願い】
彼は迷わない。
聖杯戦争を勝ち残り、真理の世界で弾圧される人間を救う。

【基本戦術、方針、運用法】
基本は気配遮断を使用し、『偽の体に秘めし伝説の英雄』の効果を用いサーヴァントに強襲する。
ゲリラとして活躍した時代もある彼は情報収集の大切さも知っているため、情報収集も並行して行う。
マスターである真理もオルフェノクから隠れて暮らす生活を送っていたため、サバイバル&逃げ回る生活は中々得意。
今はボロボロの服だが、普通の服に着替えると一般人と何ら変わらない特徴のため、一般人としてカモフラージュも可能。
マスターとして直接戦闘能力はないため逃げ回ろう。

287 :園田真理&アサシン ◆DpgFZhamPE:2014/07/19(土) 22:50:47 ID:lxadRI/20
【マスター】
園田真理@劇場版仮面ライダー555 パラダイスロスト
【参加方法】
隠れ住んでいた場所で野村博士から『願いが叶う』というゴフェルの木片の話を聞き、触れた
【マスターとしての願い】
人間解放。
オルフェノクに脅かされることのない世界を。
【weapon】
なし
【能力・技能】
オルフェノクに脅かされ、隠れて村で過ごしていたため、多少の銃の扱いは可能程度。
【人物背景】
世界は人類の進化形たるオルフェノクの組織・スマートブレイン社が完全に統治し、人類のほぼ全てはオルフェノクと化していた世界。
数千人を残すのみとなった人間たちは廃墟のような居住区に追いやられ、オルフェノクに脅える日々を過ごしていた。
そんな状況に反逆する一部の者は人間解放軍をを結成、そして園田真理はその人間解放軍の象徴的存在。
行方不明となった巧=ファイズが帰って来ると信じ、救世主の存在を広める。
しかし───そんな中彼女は人間解放軍の胡散臭い博士、野村博士からゴフェルの木片の存在を知る。
半信半疑ながら触ったところ、今回の聖杯戦争に呼ばれることとなった。
そんな彼女に訪れたサーヴァントは───彼女の望んだ救世主とはまた違った世界の救世主であった。
【方針】
優勝。
人間は殺したくないが、覚悟はできている───?