英数字】【あ行】【か行】【さ行】【た行】【な行】【は行】【ま行】【や行】【ら行】【わ・を・ん



【予選】

方舟に召喚されたマスター達がまず潜り抜ける必要がある第一の関門。
各マスター候補は全ての記憶を奪われ、NPCとして方舟内部に再現された霊子虚構空間の中で日常生活を送ることとなる。
その過程で自分の状況に違和感を抱き、自身の存在を思い出すことが出来るか……という試練である。
記憶を取り戻すことで晴れて聖杯戦争の知識が与えられ、サーヴァントが召喚されることとなる。

なお、聖杯戦争開幕までに記憶を取り戻すことが出来なかった場合、開戦後もNPCとして生活することになる。
つまり本戦に参加したマスターから見れば普通のNPCでも、その者が元は地上の人間だったという可能性はある。