※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【クラス】

セイバー

【真名】

神裂火織

【パラメーター】

筋力B+(A+) 耐久B(A) 敏捷C(B+) 魔力B(A) 幸運EX 宝具E(A)
※()内のパラメータはマスターである孝一がHi-Ero粒子をフルバーストさせた瞬間のパラメータ。

【属性】

秩序・善

【クラススキル】

対魔力:C(B)
騎乗:E

【保有スキル】

聖人
 聖人として認定された者であることを表す。
 聖人の能力はサーヴァントとして召喚された時に秘蹟の効果上昇、HP自動回復、カリスマを1ランクアップ、聖骸布の作成が可能から、ひとつ選択される。

カリスマ:D
 聖人としてのカリスマ。

陣地作成:C
 魔術師としての簡易的な工房の作成が可能。

魔術:B
 天草式十字凄教が得意とする、複数の魔術を組み合わせることで短所を補い長所を補う魔術を扱うことに長けている。


【宝具】

『七天七刀』

 それ自体は通常の刀であるが、刀に込めた術式を扱うことで『唯閃』なる一撃必殺の抜刀術を扱うことが出来る。

『唯閃』

ランク:A 種別:対人宝具/対軍宝具 レンジ:1~50 最大補足:50人
 独自の呼吸法により身体の組織を組み換え、必殺の抜刀術を行う。
 聖人としての力の大きく引き出す必要があるため、中途半端な魔力供給では使用することが不可能
 様々な魔術を組み合わせることで、あらゆる防御術式の間隙を撃つ事ができる。
 単純な装甲よりも、特殊な魔術によって組み上げた防御魔術に対して効果を発揮する。

『七閃』

ランク:E 種別:対人宝具 レンジ:1 最大補足:10人
 鞘に仕込まれたワイヤーによる攻撃。
 一般の目では素早い抜刀による連続攻撃に映る。
 鋼糸に魔法陣を描かせて魔術を発動させることも可能。


【weapon】

 宝具である七天七刀。
 七天七刀の刀身よりも、鞘に仕込まれた七本のワイヤーと肉体が主な武器。


【人物背景】

 生まれながらの聖人であり、呪いに近い幸福を得ている。
 自分が幸福であるために、その不幸が他人に降りかかっていることに苦悩している。
 そんな人生からか、神に愛された自分ではなく、神に見捨てられた人たちを救うことを人生の目的としている。


【サーヴァントとしての願い】

 自身の魔法名と同じく、救われぬものに救いの手を。
 有り体に言えば、聖杯が可能とする限りの世界の恒久的な平和。


【基本戦術、方針、運用法】

 とにかく戦闘。
 肉弾戦を主としつつも、魔術による戦闘も可能。
 マスターである真玉橋孝一は通常時の魔力供給が少ないが、Hi-Ero粒子を発生させることでそのパラメータを上昇させる。
 その魔術の特性上、搦手も可能だが最大の真価は自身の陣地での殴り合い。




登場話一覧

+ ...