「……はっ!」

全てを思い出した。
そうだ。
私は遠坂時臣。
遠坂家の五代目にして、根源を、第二魔法を目指す魔術師。
そして、第四次聖杯戦争で勝利を目指す者。

儀式の監督役である言峰璃正、そしてマスターにして弟子である言峰綺礼と協力体制を結び、
手にした聖遺物は『最初の蛇の抜け殻の化石』。かの英雄王を呼ぶ触媒である。
万全の体制を整え、後は聖杯戦争を勝ち抜く、それだけのはずだった。
しかし、まさか『方舟』などに呼ばれるとは。

いや、『常に優雅たれ』だ。
私が家訓を違えてどうする。
遠坂の悲願とは異なるとはいえ、『方舟』は間違いなく冬木の聖杯以上の願望器だ。
いや、願望器すら越えるものなのだ。
そのこと自体は屈辱である。
しかし、幾らイレギュラーとはいえ、参加した以上それを目指さずしてどうする。
私は面倒が嫌いなんだ。こうなったら獲ってやろうではないか。

持ち物を確認する。
知識では、この聖杯戦争では、召喚された時点の所持品が持ち込まれるとあった。
私の最後の記憶はAUOを召喚しようと工房に向かっていた。
ならばあるはず…。

……あった!
『蛇の抜け殻の化石』!
良し、これで我々の勝利だ!
後は召喚するだけ…。

…おお、気付かなかったがここは私の屋敷ではないか!
いや、あくまで『方舟』が再現したものであろうが、それでも遠坂亭には違いない。
ここに私を配置するとは『方舟』もなかなか気が利く。ならばありがたく使わせてもらおう。

工房へ向かう。
慌てることはない。
AUOさえ呼べば私の勝利は確定する。
それで遠坂の勝利は確定する。
何、多少のイレギュラーなど気にすることはない

工房に続くドアを開ける。
あとはAUOを召喚すればいいだけだ。



そう思っていたのだが。



そこには、『きのこのぬいぐるみ』としか言い様がない『何か』がいたのだ。



 □ ◆ ◇ ■



落ち着くんだ…『素数』を数えて落ちつくんだ…。
『素数』は孤高にして優雅な数字…。
私に勇気を与えてくれる。



「もしもーし。サーヴァント、『ルーラー』だけど、大丈夫ー?」

落ち着け…。
ルーラーだと?
勝手に召喚されていたようだが、こいつが私のサーヴァントなのか?
イレギュラーの様だが、『支配者』というなら、それだけ強力なクラスなのか?
AUOではないのは思うところがあるが、もしや…。

「うん、マジ最強だよ。
 というか、メアリー・スーっていうレベルじゃない位に。
 そんじょそこらのチートとか目じゃないね」

その言葉を受け、ステータスを確認する。
…全てEX(規格外)だと!?
まさかここまでとは…。
この戦い、我々の勝利だ!
さっそくの汚名挽回の機会だ。
他の魔術師に遅れをとるな!
全ての者に裁きを! それがルーラーの力だ!!

「あ、ごめん。それは無理。キミには参加資格も無いんだ。
 キミにはちゃんとした参戦候補作すら無かったらしくてさ。
 残念ながら『ルーラー』として僕が参加するのも無理みたいでね。
 虚淵さんが『つまらない男』として書き過ぎちゃったからかなぁ。
 だから今回は諦めてよ」

何だと。
では、ここにいる私は…。

「うん、初めっからアウト。
 というか思いつきで描写した以上のものではないんだよね。
 参加なんてムリ。
 そもそもルーラーで参加なんて色々破綻しちゃうじゃない。
 パロロワとはいえそれはね…。
 まあ、こうなったら第三次に希望を託す方向でヨロシク」

何...だと...?


【サーヴァントステータス】


【出典】

 現実

【CLASS】

 ルーラー

【マスター】

 遠坂時臣

【真名】

 奈須きのこ

【性別】

 男性

【属性】

 中立・中庸

【ステータス】

 筋力EX 耐久EX 敏捷EX 魔力EX 幸運EX 宝具EX

【クラス別スキル】

真名看破:E
 真名看破っていうか何から何まで全部知ることができる。

【固有スキル】

対魔力:EX
 令呪で縛れると思ってんの?

【宝具】

『奈須きのこ』
ランク:EX 種別:対作品宝具 レンジ:∞ 最大捕捉:∞
 この世界観における究極の支配者である。
 宝具というのも便宜上の扱いであり、実際はもっと上位に位置する究極の概念である。
 誰も逆らえない。マジ最強。というか最強とかいうレベルのものじゃない。

【人物背景】

 型月という世界を形作る原初の概念そのもの。
 書き手の理解の及ぶところではない究極の一である。

【サーヴァントの願い】

 特に無し。
 二次創作だから、出しゃばりはしない。
 自重する。
 もちろん、投票され資格なんてない。

【基本戦術、方針、運用法】

 そもそも参加資格が無い。




【マスターステータス】


【出典】

 Fate/Zero

【名前】

 遠坂時臣

【性別】

 男性

【参加方法】
 詳細不明。

【マスターとしての願い】

 第二魔法への到達。

【能力・技能】

【人物背景】

 書くのも面倒くさい。
 Fate/Zeroを買って読め。

【方針】

 優雅に勝つ。
 でも無理。