「ううん、涼しくて気持ちのいい夜だね」

冬木市の市街地、高層ビル群の一角、その屋上にて1つの影があった。
木訥な、悪し様に言えば特徴のない学生だった。
強いて特徴を言うならば、横に長く切れた細目と首からかけたマフラーくらいだろうか。
開いているのかどうかも怪しい眼は、夜の街並みを見下ろしながら、薄笑いを浮かべている。

「お前も予選を突破した魔術師か」

静かな夜に靴底とアスファルトが皹を入れる。
屋上へ通じる唯一の通路から、別の少年が光と共に現れる。
制服が同じ、ということはお互い同じ学校の生徒なのか。だが、その瞳は少年と異なり、強い意志に燃えている。
「……なんのことです?」
「とぼけるな。ここにいるということは、お前はもう記憶を取り戻したんだろう。
 なら、やることは一つだ。サーヴァントを出せ。さもなくば……」
一方的に喋りながら、回路を戦闘用に切り替える少年に、彼は手を振って静止を求める。
「ちょ、ちょっと待ってください。記憶を取り戻したってなんのことですか?
 僕は何も忘れていない。それにサーヴァントって何の話です? 僕はそんなもの見たことも……」
「セイバー、やれ」
少年が言の葉を放つが先か否や、月光に煌めいた一閃と共に、彼の首が夜に飛んだ。
その切っ先の終点には、実体化した少年のサーヴァント……セイバーの剣があった。
「よろしかったのですか? 見る限り、本当にマスターではなかったようですが」
剣を納めたセイバーが主を問う。しかし、そこには詰問するような調子はない。
「ああ。だが、疑わしい者を残す理由もない……軽蔑するかい、セイバー」
「いいえ。貴方がどれほどに聖杯を望んでいるかを私は知っている。
 そして、私もまた聖杯を望む者。ならば私は貴方の剣となりましょう」
セイバーの応えに、少年はそっぽを向けた。僅かな感情の緩みを見られたくなかったからだ。
セイバーの問いはもっともだった。確かにその体からはマスターの証である令呪の気配がない。
それが事実だとすれば、彼はたまたま基本ルーチンから離れたNPCなのか。
ならば、これは少年の勘違いだ。剣を納めるべきは自分だし、もし自分の感情だけに従えるならそうしていた。
だが、今の少年は背中に大きなものを背負って、この方舟に来ている。
その勝利のためならば、あらゆる不安要素は排除しなければならなかった。
全ては、救済のために。猫の額程度もない小さな世界を守りたいため。
(それに……あのNPCの目……あれは、まるで……人を蟻か何かとしか思っていないような……)

「ひどいなあ、待ッてクれっていったじゃナい可」

その声に、少年達は振り向いた。月光の降り注ぐビルの屋上に、首のない肉体が立ち尽くしている。
「何で、死んでない」
「? そりゃそうだろう。NPCに厳密な死なんてないよ。
 中核データが破損でもしないかぎり、ねえ」
「NPCの肉体データに、寄生していたというのかッ!」
「ウン、そりゃそうだ。せっかくこの年になって学生をやれるんだから、ちゃんとそれっぽい身体でやりたいダロ?」
手を大仰に広げた屍は、口ほどに物を言った。その意味に、少年は信じられないと首を振る。
こいつはつまり、突破できる予選を、ただの学園生活をギリギリまで楽しんでいたのだ。
「ダカラ、待ってくれっていったじゃないカ。今、本当の身体にするカラネ」
そう言って首のない彼の指が小気味よい音を鳴らす。
その瞬間、少年の踏みしめていた足場が崩れた。コンクリートであったはずの床は、
難読な文字をびっしりと書かれた呪符と散らばり、拡がっていく。
「ビルを1階分丸ごと偽装していたってのかッ!?」
「マスター、あれをッ!」
驚愕に震える少年に、セイバーが指を示す。偽装を解かれたビル、その本当の屋上の中心に、首のないもう一つの身体があった。
でっぷりと膨らみ、しかしみずみずしい筋肉に包まれた偉容だった。

「カ……ッ!」
首のない学生の胸が大きく膨らんでいく。胸骨肋骨、肺をぶち破って出てきたのは。
「ッカカカカカカカカッ!!!!!!!」
その真の身体に納められるべき、本当の首だった。
「私は今、卒業したネ!(しみったれた学園生活用ボディから)
 社会派幽凄道士・馬吐呑(マー・トンツー)と呼んでもらっても構わないヨ!」
鉄の魔神めいて首と肉体が合身し、ただの肉の置物だったその身体に神経が通る。
しばしアドミナブルを隆起させて元の肉体を堪能していたが、それを見ていた少年はただ唖然とするほかなかった。

「……さて、お待たせして申し訳なイ。それじゃあ、相手してやるかネ、セイバー君ッ!!」
「な!?」
義体から戻したマフラーが馬の身体に巻き付きトレンチコートを形成する。
それが如何な魔術によるものか、少年には考えることができなかった。
マスターであるはずの男が、セイバーに突撃したのだ。
「ふふぅ、うふふふふふふううう」
「こ、こいつ! 骨に神秘を刻んでいるのかッ!!」
掌打、蹴撃、なぜか自在に動き襲いかかるマフラー。あらゆる変則的な攻撃にセイバーは防戦一方に追い立てられる。
通常、このようなことはあり得ない。
セイバーとてムーンセルに記録されるほどの猛者ではあるが、
この男の用いるのは中国拳法……功夫と呼ばれる物。西洋の技と東洋の技の噛み合わなさが、セイバーの攻めに転じられない理由だ。
だが、それだけではセイバーの剣を、神秘に守られた兵装をただの拳が防ぎ、打ち合うことができるはずがないのだ。
肉体そのものが、神秘の片鱗を宿していない限りは。

「それでも、サーヴァントとは言え英霊と渡り合うなんて……!
 真逆、お前、死徒かッ!? そんな奴がなんでこの聖杯戦争にッ!?」
「西洋の保菌者みたいに言われるのは心外だな。
 いやなに、ちょっと「向こう側」永い旅をしていたんだが、そこで物珍しい木を見つけテネ。
 植林事業に手を出そうかと思った矢先にここに呼ばれたんだヨ」

セイバーと撃ち合いを繰り返しながら、馬はしみじみと思い返すように昔を思い返した。
逆さまに上っていく滝、フラタクル構造をした虹、鳥のような魚。
ちょっとしたアトラクションめいた世界を満喫していたのだが、そこで方舟の元となった木を見つけたのだった。
いや参った参った、と可々と笑う馬に少年は頬に冷や汗を垂らした。
馬鹿馬鹿しく笑ってはいるが、相手は紛れもなく死を纏った人外……死徒だ。
音に聞こえる二十七祖ほど、とまでは思わないが、マスターとしては破格すぎる。
なるほど、セイバーと打ち合えるのも無理はない。だが。

(感謝します。マスター、もう少しで、読み切れる!!)

少年の心憎いサポートに、セイバーは内心で感謝した。
そう、僅かにであるが、セイバー防戦一方から攻勢へと転じつつあったのだ。
如何に相手が死徒であり、相性の悪い東洋圏の技法を用いていたとしても、それでもセイバーは英霊だ。
どうやら長旅で相手の自慢の肉体は何割か消耗しているらしく、
初見の不利は、この撃ち合いで相手を見切ることでなくなりつつある。
あと1分もしない内に、天秤は、勝利はこちらに転がる。
((この戦い―――我(僕)等の勝利だ!!)

「――――とか、そういうことを考えるあたりカネ」

酷薄な、嘲るような笑みを馬は浮かべた。
人間を超越した化外の瞳を隠すサングラスに写った像をセイバーは見入る。
セイバーの勝利を確信した少年の背中にはそれまで影もなかった男が一人立っていた。

「マス」
「や、本当に知らんかったんだヨ。一度も見たこともなかったしね。
 ま、ずーっとワタシを見張っていたことはわかっていたけどネ」
「あ、あぁ……」
セイバーが振り向いて、馬が嘲ったその向こうに、鮮血が跳ねた。
少年の背中から胸に貫いた赤い刃が、華のように咲き誇る。
「タアアアアアアアアア!!!!!!!!!」

鬼神の如き速さで、セイバーは一太刀を繰り出すが、黒衣の男……
アサシンは素早く――もうこれには興味がない、というように――剣を少年から引き抜き、血溜まる海に少年を沈めながら飛び退いた。
マスターが窮地に陥っても助け船を出すこともなく、マスター暗殺の瞬間をねらっていたのだ。

「貴様ああああああ!!!!」
「ご満足いただけましたか、媛。それは重畳にございます」

吠えるセイバーの声など木の葉の落ちる音程度も感じない様子で、アサシンは虚空に向けて何かを呟く。
延びた黒髪の間から見える赤い瞳は淀んで血のように昏い。
セイバーはマスターを抱き抱えて呻いた。臓腑を吐き出さんばかりに後悔した。
なぜ気づかなかった。死徒の存在に目を奪われ、マスターを追いつめた程度で油断してしまっていた。
これは聖杯戦争だ。サーヴァントこそを何より警戒しなければならなかったのに。

「セ……セぃ、ァ……」
「ま、マスター! まだ意識がッ!!」
その後悔に神が気まぐれの善意を差し向けたか、少年は血を泡と吐きながら呻いた。
揺さぶろうとするサーヴァントの手を払い、そのまま右手を月に掲げる。
「さ、三度、重ェて、令呪に願…………」
「! 了解した、マスター。如何な命令とて、この剣にて叶えて見せよう!」
鬼気迫るマスターの表情に、セイバーは自分の愚かさを改めて呪った。
今すべきは自身を責めることでも、マスターを案じることでもない。この死地をなんとか突破することだ。
三度の令呪を切れば、どうなってしまうかはわからない。
だが、出し惜しみできる状況ではない。ならば、ここに乾坤一擲を賭す。
アサシンも死徒も、最低限の構えだけで積極的にこちらに向かってくる気配はない。
令呪三枚掛けのセイバー相手に太刀打ちは不可能と理解しているのだろう。
今は見逃してやる。だが、次こそはしない過ちはしないと誓い、剣をーーー

「あのアサシンの剣を奪え……! なんとしてもだ……ッ!!!」

意味が、わからなかった。あのアサシンの――今はもう背中に仕舞ってある――剣を奪うことに何の意味があるのか。
分からなさすぎて、セイバーはもう一度マスターの方を向いた。
血の抜けた青ざめた顔で、少年は目だけは爛々とさせている。
そこでセイバーは気づいた。気づいてしまった。マスターが、少年が見ていたのは自分ではない。
聖杯に注ぐべき願いでもない。帰りを待つ人達でもない。
もう、自分の心臓を貫いた、あの紅い刃しか見えていないのだ。

「う、うあああああああああ!!!!!!!!」

セイバーは慟哭と共に剣を振りかざした。
そこからのことは語るまでもない。
対魔力で令呪にあらがっても、令呪のまま逃げに徹するアサシンを追おうとも、

もはや彼らの聖杯戦争に先などないのだから。



「いや、手並みは拝見させてもらったヨ。アサシン」
霧散した魔力に手をかざしながら、馬呑吐は満足げな表情を浮かべた。
それは相手を倒したからというより、久しぶりに運動をしたら気持ちがよかったというたぐいの物だった。
「それで? ずーっとワタシを見張っていたのだろウ?  見ての通り、長旅で自慢のボディもクタクタネ。
 フルチューンならともかく、撃ち合いにしても道術にしても、英霊相手ではちと分が悪い。
 ここは共に戦っていくのが良いと思うが――どうかネ?」
「……私は、特に聖杯に捧ぐような大望などありませぬ。
 マスターが望まれるのであれば、英雄相手にどれほど通じるかわかりませぬが、尽力させていただきましょう」
片方の拳をもう一方の掌で包み、礼を取りながらアサシンは謙虚に応じる。
自己をおくびにも出さないその様は、生粋の職業暗殺者に見えた。だが。
「ふぅむ。それはその背中に差した媛君の意向カネ?」
「――」
りん、と鈴が鳴る。その音が鳴り終わるより速く、アサシンの持つ紅の刃が馬の喉元に寄せられる。
(婁よ、こやつ――)
「ええ、聞こえておりますよ、媛君。なるほど、げに恐ろしき魅了の魔力。
 これでは有象無象の者共はひとたまりもありますまい。私にその美貌効かぬとその美声聞こえしは、
 どうやらマスターとてつながった経絡によるものかト。
 間男が入ったようで恐縮ではありますが、野暮は致しませぬ故、どうか容赦願いたい」
(……ふん、妾を納めよ、婁。こいつも上物であるが、これは後回しじゃ。今は数が欲しい)
「……はッ」
嘘くさいほど慇懃な礼を取る馬に、媛……アサシンの宝具はアサシンに命じると、嘘のように殺気を納め、剣を戻した。
そう、このアサシンの主人はマスターなどではなく、この媛君。
一目その刃を見れば誰もが媛を求め殺し合う妖刀である。
故に、その願いもまた聖杯ではなく、媛ただそれのみ。媛の求める供物を献上するだけだ。

「ま、いいんじゃないかネ。願いはないと思っていたんだがこれも一期一会、
 そろそろ住み慣れた惑星(ふるさと)の地を踏むのも一興。
 ついでに麻倉屋サンに聖杯を持って行けば、いい商談もできそうだしネ」

アサシンの剣呑な意志を、人間にはよくあることとばかりに捨て置き、
馬はピクニックに行く前日のように夜空を見上げた。
いや、実際彼にとってはそうなのだ。どのような場所であろうとも、旅の途中。ただ己の我を貫くのみ。
「おい、凄い音がしたけど、何かあった――」
あまりの状況に特別ルーチンでやってきた警官NPCを、無言でアサシンが手刀で貫く。
くず折れた警官は、たちまちのうちに黄泉より還り立ち上がる。
死体が呻くより先に、馬が呪符を額に張り付けると、NPCはたちまち両腕を正面に直角につきたて、ぴょんぴょんと跳び始めた。

「ま、最初はゆっくりやろうじゃないカ。聖杯は逃げない。人生は永い。
 愉しまなければ損ネ。か、カカカカ、カカカカカ――――――!!!」

NPCをキョンシーに変えながら、死人使い達は進む。
いつも通りに、何も変わらず。
結果的にこの世を、地獄にしながら。


【クラス】アサシン
【真名】婁震戒(ロー・チェンシー)@レッドドラゴン
【パラメーター】筋力D 耐久E- 敏捷B+ 魔力D 幸運C+ 宝具C
【属性】中立・悪

【クラススキル】
『気配遮断:A-』
 サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。
 完全に気配を絶てば探知能力に優れたサーヴァントでも発見することは非常に難しい。
 ただし自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。

【保有スキル】

『黄爛武術(剣術):B(A)』
 東の旭日、黄爛国に伝わる武術を扱うスキル。実質的にスキル:中国拳法と同等。
 ただし、アサシンは剣技を得手としているため、剣装備時にはB→Aとなる。

『単独行動:B』
 マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。
 ランクBならば、マスターを失っても二日は現界可能。
 独立調査隊から何度も抜け出して暴れまわった逸話から。

『芸術審美:D+』
 芸術作品、美術品への執着心。
 芸能面における逸話を持つ宝具を目にした場合、ごく低い確率で真名を看破することができる。
 特に刀剣関係に由来を持つ英霊であれば、確率が上昇する。

『軽身功:C+』
 内力を操作することで、己の身を軽くし悪路を容易く突破する能力。
 C+ならば準備さえすれば断崖絶壁すらも踏破可能。

【宝具】
『妖剣・七殺天凌(チーシャーティェンリー)』
 ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉 1人
 アサシンが片時も離さず持つ『愛』刀。その剣に宿る意志は妖艶にして酷薄な媛君。
 魅了の魔力を持っており、その刀身の輝きを目にし、囚われた者はこの妖剣を欲しがる衝動の奴隷となる。
 命を食らう性質をもち、相手の防御力を無視して生命力へ直接ダメージを与えられる。
 そして、その刀に殺された者の生命・魔力は余すことなく媛への供物と食い尽くされる。

『天凌府君、其我也(わくわくてんりょうランド)』
 ランク:B 種別:対軍宝具 レンジ:- 最大補足:1~50人
 一度死し、復活したアサシンが手に入れた呪い。その手で殺した者を強制的に還り人……歩く屍へと変える。
 そして、アサシンに直接殺されて蘇った屍に殺された者もまた蘇り、アサシンの支配下に置かれる。
 ただし、蘇った者には狂化・Bが付与されるため精密な運用は不可能。
 また、七殺天凌で殺したものも屍とすることはできない。(命を吸い尽くしてしまうため)
 アサシンは創り上げた屍の群れを国家『天凌』と定め、自らを『天凌府君』と名乗った。

『無二打(にのうちいらず)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:1 最大補足:1人
アサシンの奥の手。武技の極意。
攻撃ダメージ発生時に、自身の生命力の一部を上乗せすることで追加ダメージを与える。
追加する量はアサシンの任意で決定。また、媛の合意さえあれば七殺天凌が喰らった生命力をこの宝具に乗せることができる。

【weapon】
 機械左腕(サイボーグアーム・レフト)
 当時の最高技術を持って創られた義手。アンカーリールが内蔵されている。

 仮面
 舞踏会用のただの仮面。死者の王・天凌府君としてふるまうときに装着する。

【人物背景】
 世界を二分する大国、黄爛の宗教組織・八爪会に所属する武装僧侶(暗殺者)。
 他者評価は「殺せるか否か」だけで、媛に吸わせる血としか見ていない。
 視野の隅を「凝視」する特技を持ち、暗殺対象の必死の瞬間を狙い続けている。
 一応国家の暗殺組織に所属するが、傅くのは媛だけであり、他人に従う気は皆無。
 物語本編では媛の供物にするためだけに仲間を裏切りってもう一つの大国・ドナティアの要人を殺害し世界を緊張に叩き込んだ。
 その結果、彼は一度死ぬが、世界の特殊なシステムにより還り人(平たく言うとゾンビ)になり復活。
 舞台であるニル・カムイすべてを媛に捧ぐべく、死者の群れ『天凌』を率いてニル・カムイを地獄に叩き込んだ。
 しかしその内心は媛への愛だけであり、媛に見捨てられることを何よりも恐れている。

【サーヴァントとしての願い】
 聖杯戦争はどうでもいいので媛を愛する。愛する人が命を欲しがっているので当然捧げる。

【基本戦術、方針、運用法】
 隠密行動からの暗殺一択。正面きっての戦闘では勝ち目はほとんどないため、如何に奇襲に持ち込むかが要になる。
 NPC狩りで増やした天凌国民をスナック感覚で送り込んで、その混乱に乗ずるのも有効だろう。


【マスター】馬呑吐(マー・トンツー)@宵闇眩燈草紙
【参加方法】「向こう側」でぶらり旅をしていた際にゴフェルの木片を手に入れた。
【マスターとしての願い】情欲のままに旅の続きを。
            これが終わったら聖杯を土産に「こちら側」に戻るのもいいかもしれないネ。
【weapon】
 『強化調整肉体』
  ヒヒイロカネ製骨格フレームに生きたまま腑分けした少年少女の筋をあしらったお手製のボディ。
  ただし、向こう側での冒険で疲弊しており、完全なスペックは発揮できない。
 『マフラー』
  意のままに動いてあちらこちらを切り刻む。しかもドリルにもなる。
 『呪符』
  道術や身代わりに使う大量の符。どこに仕込んでいたか聞くのは野暮。

【能力・技能】
 『真・幽棲道士』
  死んで私に抗えるものはいないと豪語するほどの、僵尸(キョンシー)を操る死人使い。
  吸精鬼であり長い時間を生きているため、符術・道術・功夫を高水準で修めており、
  死体の数さえあればそれらを束ねて巨大傀儡にしたり、マフラーを武器にして戦うこともできる。
  技術者としてのスキルも持ち合わせており、死体を改造して強化キョンシーを作成することもできる。
  死人使いの特性上、相剋の関係から木気(雷)との相性が悪いが、肉体的基礎スペックを底上げすることで対処した。
  もちろん銀やニンニクなど吸血鬼的弱点があるが、大体は克服しており「健康のために日光浴をする」レベル。

【人物背景】
  大陸マフィアの用心棒。トレンチコートに帽子にグラサン付けたクラシックマフィア然としたデブ。
  その傍ら、五行器という永久機関の完成を目論んでいた。
  が、その過程で首から下を完全消滅させてしまい、もののついでとより強化された肉体製作のために
  アメリカ大陸の街一つを『向こう側』へ消滅させた。しかしその最後に自分も『向こう側』へ
  吸い寄せられてしまい、抗おうかと思ったが、それもOKかと穴の向こうへ消えていった。
  口調は余裕のある時は胡散臭い中国語(~アルネ)だが、マジギレしたりすると標準語になる。
  長く生きたため本来なら仙人へ至れるが、「情動を捨てて何が生か!」と俗世を満喫している。

【方針】
 本人は巻き込まれただけなので普段通り物見遊山。
 普段通りなのでアサシンの求愛活動ついでにさくっと殺してキョンシー作ったりする。
 倒すことはできないまでも初見ならば真向からでもサーヴァントと打ち合えるので、
 自身(とキョンシー軍団)が囮となってサーヴァントをひきつけ、その隙にアサシンで必殺するのが有効。