※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「お、おっ!なんか出てきた!すげぇ!これが英霊(サーヴァント)ってやつか!?」

先日、聖杯戦争に参加しようとしたスネ夫から令呪と聖遺物を強奪したジャイアンは
深夜の空き地で地面に魔法陣を描き召喚の儀式を行った。
最初は半信半疑だったがしばらくすると魔法陣が光始め、中から人間が出現する。
それは、丸渕眼鏡を掛け黄色いトレンチコートを着た長身の青年であった。

「なんだかわからんが強そうじゃねぇか、よぉ、俺様はお前のご主人様のジャイアン様だ。
 よろしくな。早速だが俺の手となり足となり働いてもらうぜ」

召喚された男はジャイアンの姿をまじまじと見つめ、深く息を吐いた。

「それで、君の願いはなんだい?」
「勿論世界征服だ!ガハハハハ!」
「やめておけ、ボクは君が本当はそんなにひどい奴じゃないって知っている」
「なに!?俺様に楯突く気か?英霊(サーヴァント)の癖になまいきだぞ!おしおきしてやる!」

怒り狂ったジャイアンは背中から金属バットを取り出す。
だが次の瞬間、素早くポケットから手を抜いたトレンチコート男の指から何かが発射され、
金属バットを粉々に粉砕した。男の指には何やら小さな銃口のようなものが嵌められている。

「馬鹿なっ!?その武器は、空気ピストル!?」

ふっと笑った男が顔からゆっくりと丸渕眼鏡を外す。
男の両目はこの形状だった→(3 3)

「久し振りだねジャイアン、ボクだよ」
「のび太……!?お前なのか!?」

男の正体はドラえもんと別れた後、自分の射撃の腕を買われて社会の裏側で活躍し、
ついに英霊になった野比のび太その人であった。
その見違えるような姿をみてジャイアンは戦慄する。
今ののび太は自分がよく知っている雑魚ではない。自分など軽く倒せる立派な大人なのだ。
怯えるジャイアンの肩を叩いて再び眼鏡を掛けたのび太は笑った。

「そんなにビクつくなよ。また昔みたいに遊ぼうぜ、よろしくなジャイアン」
「おおっ!心の友よぉ!!」

感動したジャイアンはのび太の胸に飛びつきわんわん泣き出した。
友情っていいよね。



【マスター】
ジャイアン@ドラえもん

【参加方法】
令呪が発現したスネ夫からマスター権限を強奪した。

【マスターとしての願い】
世界を征服する。

【weapon】
金属バット

【能力・技能】
ジャイアンリサイタル
 殺人的な歌唱力を誇り、長時間聴くと死に至る。 

ジャイアンシチュー
 青酸カリの数十倍の致死量を持つ自慢の手料理。

ジャイアニズム
 対象の所有物を強制的に自分の所有物に変換する。発動すると二度と返ってこない。 

【人物背景】
クラスのガキ大将で、自己主張が激しく短気かつ毒舌家ゆえに高飛車で威圧感のある少年。
さらにクラスメイトの男子達(特にのび太やスネ夫)をいじめの対象とし、彼らが自分の意に沿わないと
すぐ怒鳴って暴力に訴えるため、恐れられている。
また、「おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの」というセリフに代表されるように、
きわめて自己中心的・自分勝手であり、強引に他人の漫画やゲームを取り上げて自分のものにしたり、
「ムシャクシャしている」という理由でのび太やスネ夫などに八つ当たりしている。
ジャイアンひとりでのび太ら4人に殴りかかることもある[。またスネ夫からラジコンを奪い、
ラジコン機が民家の敷地などに入ってしまうと、「おれ、知?らない」といってコントローラーだけを
スネ夫に突き返して逃げてしまう。執念深く、欲しい物があると持ち主にしつこくくれるよう頼む。
自身が恨んでいる者やいじめの対象とした者を降参するまで追い掛けようとする。
また、馬鹿にされるとすぐに感情的になるなど単純である。
のび太、スネ夫と比べて人の話に勝手に入ってくることが極めて多く、
自己主張が激しい性格も重なりのび太やスネ夫に鬱陶しがられることもあり、
そういった人間性から盗み聞きするのも得意で場合によってはドラえもんのひみつ道具を強奪する手段を行うこともある。
また、のび太やスネ夫の都合を一切考慮せず、強引に野球に誘ったりしている。
ただし、母ちゃんが大の苦手で、これらの行為をしている所を見つかって母ちゃんにお仕置きを受け、
強制的に退場させられるパターンが多い。母ちゃんが叱らなくなると、それをいいことにして乱暴を
さらにエスカレートさせていた。また、自分の方に非があると自覚している場合や、
大勢に責任を問われたりするときは逆に弱腰になってしまう描写もある。
未来の道具で世界征服を目論んだり、「さからうものは死けい! アハハ、いい気もちだ」と発言するなど、
独裁者的な心理描写もある。また、相手が怪我をするまで情容赦なく痛めつける、
バットで十数発も殴りつけるなどの暴力を平然とふるうという残虐かつ冷酷でサディスティックな一面も持っている。

【方針】
気に入らない奴はギタギタにしてやる。


【クラス】
アーチャー

【真名】
野比のび太@ドラえもん

【パラメーター】
筋力E 耐久E 敏捷E 魔力E 幸運E 宝具EX++

【属性】
 混沌 

【クラススキル】
精密射撃:EX
 宇宙一のガンマンを下す腕前。

【保有スキル】
昼寝:EX
 好きな場所で瞬時に寝ることが出来る。

【宝具】
『百発百中(ブルズ・アイ)』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:1~99 最大補足:10人
 唯一の特技を鍛え上げた末、デューク東郷に匹敵する腕前に達した精密射撃。
 発動した瞬間命中したという運命が確定する為、躱すにはランクB以上の幸運が必要。 

【weapon】
空気ピストル 小型の空気砲。両手の指に計十門装備している。
ジャンボガン ドラえもんがネズミ退治の為に用意した銃。戦車を一撃で粉砕する威力がある。
スペアポケット 四次元空間から未来の道具(宝具ランクE~EX相当)を取り出す。

【人物背景】
かつては運動音痴で勉強も出来ないいじめられっ子だったが大人になった後裏社会で成功を果たした。
様々な修羅場を駆け巡った結果トライガンのヴァッシュ・ザ・スタンピートの様な外見に成長する。
明るい性格でゆとりがあり、温厚で優しく、他人を深く思いやる心を持っている。
臆病者だが正義感は強く、誰かを助けるために勇気を振り絞って危険に立ち向かうことも少なくない。
小さなイタズラはともかく、暴力的かつ理不尽な言動はやろうと思ってもできず、
ドラえもんから「きみが悪者になろうなんて思うのがむりなんだよ」と親しみを込めて言われたこともある。
人を疑うことを知らない純粋無垢な性格だが、そのためしばしばジャイアンやスネ夫にだまされていた。

【サーヴァントの願い】
機能を停止したドラえもんを復活させる。

【基本戦術、方針、運用法】
パラメーターは低いが射撃の腕前と秘密道具を使うセンスは凄いので
なるべく相手に見つからないように射程外からの狙撃を心掛けよう。