ウェールフープ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェールフープ(理:Werlfurp,ヴ:Vaiufalfè,有:zeesnyarmeetes,亜:Baiki a twuzau)とは、化学的反応の一つであり、視認できるそれらによる効果のことである。WPと略称される。




定義

ウェールフープの定義は非常に曖昧であり、化学反応の一つであるという事以外は明確に説明する事が難しい。何故なら、ウェールフープの現象を表記するWP理論は多数存在するために、明確な表現が出来得ないのである。WP理論はサード、フォースなどのWP理論はウェールフープをウェールフーポというエネルギーの移動によるものと定義し、前期S.H.K理論ではウェールフーポという粒子がNy管を通った時に発生するWP波が主であると定義している。また、魔法生神論ではウェールフープを神との疎通により与えられた事象の面の再定義と定義しており非常に多様な定義が存在しておりアレス学派、古典学派共に政治的な衝突がありそれらを避けるためにウェールフープをこれ一つであると定義することは出来ない。

学派

ウェールフープ学において古来から基本的な二学派に主張は分かれている。一つは古典学派であり古来からの神の力であるウェールフープという面でウェールフープを研究する。魔法生神論中道証明論などが属する。もう一つはアレス学派といいADLPウェールフープ研究員であるAles.lanermeを発祥とし科学的な論理を元にウェールフープを研究する。サードウェールフープ理論フォースウェールフープ理論S.H.K WP理論などが属する。

ケートニアー

ウェールフープを発動する事ができる人間の事をケートニアーと呼ぶ。ケートニアーの体内には造・発モーニ体と通称される組織があり、それらの組織を利用してウェールフープを発動させているとされている。ただし、その組織の捉え方や能力については格理論、派閥上で主張が異なる。ケートニアーは成長段階で20代ほどで成長が止まり老けることが無い。このためにケートニアーの語源はKerint(老ける) ni(~でない) -aer(~する者)というエタンセンス語から来ている。なお、人工言語アルカの人工世界カルディアにおける国家「ケートイア」とは、語源から意味から全く関係は無い。

ケートニアーの成長過程と病的ケートニアー

ケートニアーは成長段階でウェールフープを以下のように発達させる。これらをウェールフープ医学分類法とよぶ。
  • 第Ⅰ類ケートニアー…『呼ぶ』能力(異世界から物を誘引させる能力)
  • 第Ⅱ類ケートニアー…『呼ぶ』を行ったり、『高速移動』や『並列加力』などの付加能力がついている
  • 第Ⅲ類ケートニアー…分散ウェールフープ・安定的なウェールフープ力の物体への提供などができる

病的なケートニアーは以下の二つに主に分類される。
  • 第Ⅳ類ケートニアー…防衛機制のシステムをWPに出力させた病的ケートニアー。
  • 第Ⅴ類ケートニアー…制御不能・暴走ケートニアー、連邦では発見され次第隔離され治療不可能の場合射殺される。
  • 第Ⅵ類ケートニアー…ケートニアー病状態のケートニアー。

関連項目