iTween


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


API一覧


使い方

iTweenをimportして、cubeをcreateして、
addしたScriptに
iTween.ScaleTo (gameObject, new Vector3(6,6,6),5f);
とか書くと、cubeが5秒かけて大きくなる

By相対 To絶対
Update フレーム毎に

Rotate 回転
Move 移動
Shake 揺れる
stop(obj)特定objを止める

Fade系 透明度

4秒かけて透明になる
iTween.FadeTo (gameObject, 0f,4.0f );
iTween.FadeTo (gameObject, iTween.Hash("a",0,"time",4.0f) );
Fade系は、objのshaderをTransparentにしておかないとダメらしい
Unity5だとTransparentはLegacyなんだけど

複合アニメ

並べて書くと時系列的に同時に働く
iTween.ScaleTo(gameObject, iTween.Hash("scale", new Vector3(2.0f, 2.0f, 2.0f), "time", 1.0f));
iTween.ColorTo(gameObject, iTween.Hash("a", 0.0f, "time", 1.0f));

同期的にアニメするには


を指定して移動

Vector3[] path = new Vector3[2];
path[0]=new Vector3(1f,1f,1f);
path[1]=new Vector3(-2f,2f,2f);
iTween.MoveTo(gameObject,iTween.Hash("path",path,"time",4,"easetype",iTween.EaseType.easeOutSine));
プロパティpathにはVector3の配列を指定する

繰り返し

looptype", iTween.LoopType.loop 終わると最初から繰り返し
looptype", iTween.LoopType.pingPong 終わると最初に向かって逆に戻り、また終わりに進むという繰り返し

参考