VisualStudioでAndroid開発

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Androidで動くアプリを作成するには

当然、何かしらの開発環境が必要になります。個人開発において高額な開発環境は現実味がないので、ここは無償で使える方法を検討します。

Android Studio

まず真っ先に思いつくのは、Android Studioです。Windowsで言うところのVisualStudioのようなもの。迷わずにこれ、といいたいのですが、Javaで開発することになります。Javaが使えるよっていうなら、これを使えば情報量も多いし困ることはないでしょう。

入手先 https://developer.android.com/studio/index.html

Visual Studio

本来はWindowsプログラムの開発環境ですが、AndroidやiOSのアプリも開発できるようになりました。もちろん、無償版がありますので安心してください。使い慣れたC#で開発できるのが個人的な利点です。

入手先 https://www.visualstudio.com/downloads/

 

最終的に、どちらを選ぶのか、になります。ここではJavaが使えずC#ならわかる私なので、Visual Studioで開発する方法を選びます。

 

VS2017のセットアップ