用語集

用語集

人物については→登場人物 迷言・語録は→迷言集


使用機材系


あ行 []


  • アトピー性皮膚炎
    シャムの小さい頃からの持病。動画でよく体を掻いたり、鼻の下が黒ずんで髭のようになっているのはアトピーが原因らしい。
    アトピーは、チョコはよくないね。」とツイートしており最低限の知識はあるようだが、動画ではよくアトピーを悪化させるような食品(チョコ含む)をレビューしていた(恐らくシャム自身は不治の病として諦めており、症状が軽い時には好きなものを食べていたと考えられる)。近年は肌が荒れると診療所に薬を貰いに行っていたようだが、あるときなぜか医師に「YouTubeを仕事にしたい」と相談したことを話している(→@Syamu_Game)。普段は母親の化粧品を使って保湿しているらしい。
    かつては土佐清水病院に入院していたこともあるほどで今よりずっと重症だったのか、約三年間バイトしていた製氷工場を辞めることになったのもアトピーが悪化したためだと語っている。その後自称「闘病生活」を送っている時にゲーム実況を始めたようだ。ライン工時代には「サヨナラアトピー」という曲を作詞作曲してアトピーの辛さを表現していた。
    この話題には少し敏感なようで、ニコニコのコメントで「体中掻きむしってるけどアトピーか?」と指摘されただけで「他のアトピー患者を侮辱してるコメントですよね」と怒っていた。
     
  • アナルポリス(アルファポリス)
    出版社。自作小説や漫画を投稿できる同名サイト、アルファポリス(→リンク)を運営している。最近は"評価の低い「俺TUEEEモノ」をネットで拾ってきて次々と書籍化するイナゴ業者"という批判もされているらしい。
    シャムはこのサイトで開催された第8回ファンタジー小説大賞というコンテストにゾッ帝2作で参加した。
     
  • アンチ
    以前のシャムは(それが単なるアドバイス的なものでも)自分の動画にケチをつける視聴者等をまとめて「アンチ(アンチコメ)」と呼んでいた(※元動画が全て削除された現在はシャムはいつもアンチコメばかり貰っていた、という勘違いをしがちだが、純粋なファン・視聴者も多く獲得していた)。
    月影の無断転載以降の騒動に関しては、ニコニコ動画で自分を使って遊んでいる連中のことを「ホモ」、2chで自分を叩いてる人達のことを「アンチ」となぜか呼び分けているらしい(2016/03/24遭遇者の証言による)。当初は人気が出始めた自分に対する嫉妬がアンチを生じさせたと思い込んでいたが、それが否定された今では理由が全く分からないようだ。実際はそのように一緒くたにできるものではなく、罵倒し(イジり)つつもシャム動画を見たり考察するのが好きな人(ファンチと称されることも)、シャムに対して純粋な敵意や怒りを持つ人、淫夢動画にシャム要素が入ると激怒する人(Syamu_Gameアンチ)…などなど、シャムに関する動画には様々な主義主張の視聴者がいることが確認できる。
     
  • 怒りの無職(黒電話無職)

    無断転載者(月影)晒し上げ動画の開始直後でのシャムの表情。→動画
    スレではシャムに対する説教や正論へのレスとしてこのキャプチャー画像がしばしば用いられている。
    ヘッドセットが黒電話の受話器に見えることから「黒電話無職」「黒電話モード」とも呼ばれ、最近では"黒電話"というワード単体が不機嫌、仏頂面というような意味で使われるようになっている。
     
  • イケボ男子がお送りする gdgdと雑談枠でござる
    シャムの生配信(FC2ライブ)のタイトルの一つ。→配信URL/キャプチャー画像
    短い文章の中に「イケボ」「男子」「ござる」とツッコみたくなる部分が詰め込まれているあたりは、ある意味では常人に真似できない才能と言えるかもしれない。
     
  • 12.13事件(貝塚勃起土竜難波遺棄事件)
    2014年12月13日、ネカマ(三香)とのデートのため南海難波駅に行き、一人待ちぼうけするシャムの写真がスレに投下された事件。
    詳しくは事件史#12.13事件を参照。
     
  • UUUM(ウーム)
    大物YouTuberHIKAKINが最高顧問を務める、日本で最も知名度のあるマルチチャンネルネットワーク
    当初は登録者数万人以上のYouTuberにのみ所属オファーを出していたようで、シャムは2014年4月にダメ元で応募するも断られてしまい「自分には合わんかもって思って。審査を待ってる途中で。結局は、ウーム落ちたんだけどね。そういうことやろうね。」と負け惜しみのツイートをしていた。更に11月には2度目の応募を断られ「底辺も貧乏人も相手にしない汚い企業」と批判。
    その後間が悪いことにシャム引退の2日前に「オンラインタレント・クリエイターを発掘・支援する」として最大1000人の募集を開始、大量の底辺YouTuberが無事にUUUM所属となった。
     
  • ウォンチラ

    サングラスオーバーグラスの隙間から裸眼が見えている状態のこと。
    「ウォン」ツアイ(モグラアイ)が「チラ」見えしていることからこう呼ばれる。また、目が丸見えになっている場合には「ウォンモロ」とも呼ばれる。
    構造上、ハエグラスを着用している時はかなりの頻度でウォンチラしている。
     
  • ウォンツ

    株式会社ウォンツ。福井県にあるパソコン教室の運営、教材の製作・販売、WEB制作、電気工事業などを行っている。代表取締役は岩崎サトシ
    シャムはかつてこの会社の運営する究曲.comというサイトから15万円分のDTM教材・機材を購入した。その縁で株式会社ウォンツはシャムのインタビュー動画を撮影・公開したが、結果的にこれが本名を特定される一因となってしまった。
    2015/10/30 究曲.comが閉店
    2015/11/27 ウォンツ@SHOPが閉店
     
  • ウォンツスマイルウォンスマ

    株式会社ウォンツお客様インタビュー(動画)で見せたシャムの笑顔。
    実は目の部分が加工されたコラ画像だという証言もあるが(→無加工版?、シャム本人も自分の顔写真として三香(MK)に送信していた。
     
  • ウォンツモード
    株式会社ウォンツお客様インタビューでのシャムの様子。
    俯いたまま目を合わせず、聞き取れないような声でぼそぼそとしゃべる。マクドナルドで一人で注文できるようになったことを誇らしげに語っていたシャムのリアルでの姿なのかもしれない。
     
  • S(えす)
    シバター(SBT)がシャムやたれぞうのような人々を指して使う言葉。S害者。
     
  • Sウイルス
    Syamu_gameスレ周辺では突如不可解な言動を繰り返し暴れ出す者(ガイジ)が時折現れるため、シャム動画を視聴することで謎のウイルスに感染するのではないかと噂されている。
    特にシャムの手指に直接触れた食品を摂取したシバターは、ありもしないシャムとの思い出や俺オナ民の嫌がらせを語り出すなど手遅れの様相を呈している。
     
  • オーバーグラス

    眼鏡を掛けた上に重ねて装着する大きなサングラス。シャムお気に入りアイテムの1つで、2014年5月初めにAmazonで購入した。
    メーカーについてはツイキャス(2015/8/31)のコメントでColeman製だと証言。(製品番号"CO3012-1"だと思われる→Amazon

    Sun May 11 03:48:36 +0000 2014
    Amazonで、オーバーグラス買ってみたけど・・・眼鏡の上から掛けても、意外とフィットしてる。しかも、カッコよくて気に入ったぜ (@Syamu_Gameより)

  • オフ会0人
    2014年8月11日、シャムが初のオフ会を開催したが、参加者が一人も来なかったという事件のこと。現在ではシャムの代名詞的なワードとなっている。
    このことがネタにされまくっている背景などは事件史#オフ会0人を参照。
     
  • オモシロ男子がお送りする gdgdと雑談枠でござる
    FC2ライブのタイトルの一つ。→キャプチャー画像
    シャムのライブ配信は基本的に視聴者のコメントに対して一言二言反応するだけで、コメントが来なければ何十秒も無言になっていることもあり、もはや「雑談配信」と呼んでいいのかすら疑問である。あるときは「視聴者が面白くしないからもう放送しない」と言い放ったこともあるらしい(残念ながらその放送の録画は現存していない)。
     
  • オリジナルSE
    シャムの動画で時々使われている「ドゥピン」「ドゥン」「ゲェコッ」といった機械音系のサウンドエフェクト。FL Studio(音楽制作ソフト)付属の音源をそのまま使用している。
     
  • 俺オナ民
    シャムの「俺でオナニーはしたらダメだで」という迷言から生まれた、Syamu_gameスレ(本スレ)住民を指す名称。もともとは淫夢界隈から流れてきた人が多かったようだ。
    2015年のシャムブーム以降は(淫夢における「淫夢厨」のように)シャム動画視聴者やシャムネタを使う者全般を指して使用する人が増えている。
     

か行 []


  • 貝塚凸の乱
    2015年7月12日、Syamu_gameスレパート136にて、シャムの自宅を直接訪問し玄関で応対した母親(カスゴリ)とのやりとりを公開する者(→タオル凸)が現れ起こった騒動。
    詳しくは事件史#貝塚凸の乱を参照。
     
  • 貝塚レート
    シャムの予想される月収1万円と、同世代の平均月収35万円から算出されたシャムの体感する物価(というネタ)。
    例:ココア飲料(バンホーテン) 130円 → 4,550(貝塚)円
     
  • ガジェクリ
    ガジェット通信が運営するマルチチャンネルネットワーク
    「マックスむらい」や「ろあ」といった大物YouTuberも参加しており、シャムは審査に通っただけで大喜びしていた。2014年4月19日にメインチャンネル(Syamu_Game)のみガジェクリと正式に契約する。
     
  • カチッ…カチッ…
    ライブ配信でシャムが気に入らないユーザーを無言でブロック・BANする様子。「カチカチする」
     
  • キス待ち無職

    株式会社ウォンツお客様インタビュー(動画)開始直後のシャムの表情。
     
  • くちばし

    シャムさんの上唇が鼻より高くなっている様を表現したワード。
     
  • クポーン
    「キムチ炒飯作ってみた!」の最後で、予定していた「歌ってみた動画」を撮れなかった言い訳として出したテロップ「カラオケ90分無料クポーンは24時間限定だった!」の衝撃的な誤字。
    どこから突っ込めばいいのかわからない文字列が、どっから引っ張ってきたのか分からない奇妙なSE(オリジナルSE?)と共に現れる様子は、多くの俺オナ民に笑撃を与えた。
    「24時間限定だった!」の謎については、シャムが使用済みクーポンの利用を店側に断られて「24時間限定」と勘違いしたのだろうと考察されていたが、この数日前に送られたクーポンは実際に期限が翌日の19時までだったということが後に判明した。ただしシャムが使用期限を間違えていたことは事実であり、そもそも30代の男が300円ちょっとのカラオケ代を惜しんで動画投稿の予定を変更する、という情けない状況をわざわざ視聴者に報告する必要性がどこにあったのかも不明である。
    さらに、これより以前の動画では「今回は無料ではなかった。 前回は初回だったから無料?」とテロップを出したこともあり、使用済みクーポンを再び使えると一度は本当に間違えていた(※あそびば貝塚店は期限内なら毎日使えるクーポンを配信したこともあることが確認されているので、あそびばのクーポンは何度でも使えるものだと思い込んでいたのか、もしくは単にクーポンの種類を取り違えていただけの可能性もある)。
     
  • クリア記念フリートーク
    実況していたゲームをクリアすると投稿していたトーク動画。感想を語るのは最初の5分程度で、その後30~40分ゲームと関係ない自分語りなどを話題をループさせつつ延々と語るのがよくあるパターン。
    このような動画は他の実況者がやっていないことだとして「他の実況者もー、俺みたいに長話せんじゃん。そこがいいのヨン」と自賛していた。
    そのうえ、"次に実況する予定のゲームタイトル"などの重要度の高い情報もこの長々しいフリートークの中で告知されていたらしい。
    Wed May 07 07:31:51 +0000 2014
    @th******** 次の実況は、フリートークでのびハザを実況すると言っています。 よく確認せずに、たまにそういうことを言う人がいますが・・・ちゃんと確認しましょう。 (@Syamu_Gameより)
  • クリームコロッケ動画
    幻のコーンクリームコロッケ(もしくはカニクリームコロッケ?)の食品レビュー動画。
    焼肉動画とは違い動画が実在した証拠すら残っていないため、ガセ情報だと見られている。
     以下出典元:【身代金0ドル】Syamu_game第68回オフ会0人【自分の身は自分で(ry】

    555 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/27(火) 10:38:20.10 FZcdGVIi0.net

    冷凍コーンクリーム口に入れた瞬間熱すぎて吐き出して怒りの30点のやつすこ

  • 黒電話
    #怒りの無職
     
  • 検品
    シャムが一番最初にやっていたらしいバイト。詳細に関しては何も語られていないため不明。
     
  • 後方確認

    「森永濃いリッチプリンを食べてみた!」にて、プリンのあまりのおいしさに驚いて後ろに倒れ込むシーンで、後ろをちら見して安全確認する様子につけられたコメント。
    他にもリビングで撮影された動画では、母親の気配を感じるのかチラチラ後方(右方)を確認する姿が散見される。
     
  • 業人(ごうにん)
    「前世の悪業の報いとして苦難を受ける人。また、悪業を行う人。人をののしってもいう。」(引用
    父親(焼肉)がシャムを業人と罵倒していたことが三香(MK)のリークで発覚した。→画像
    「悪行の報い」を受けさせられているのがSyamuなのか、それを抱え込まされた両親なのかは定かでない。
     
  • コラボジャパンCollab Japan
    シャムが所属していたマルチチャンネルネットワーク。目についた投稿者に「動画の転載・盗用を防止する」等と言って契約を持ちかけてくるらしい。だが知っての通りシャム動画の転載は全く防止できていなかったあたり、この会社の実態が分かるというものである。さらにオフ会の開催についての相談をしたシャムに対し、新しい契約者を紹介することを要求したが、当人はその事自体には疑問を持たずに「システムがややこしい」と言っていた。やっぱ詐欺でした。
    実写動画の冒頭で表示されていたアニメーションロゴはこの会社のもので、その後に出てくるシャムのご尊顔との落差が激しいことから「この動画の唯一褒められる部分」「ほんへ(=本編)などと言われている。
    2014年4月19日にメインチャンネル(Syamu_Game)の契約先をガジェクリに乗り換えて以降もサブチャンネル(Syamu_Movie)は引き続きコラボジャパン所属になっていたが、2014年9月13日投稿の動画から冒頭にロゴが表示されなくなり、契約解消していたことが判明した。
     
  • これが~ユージの歩く道!
    2009年12月にpiaproに投稿したオリジナル小説(未完)。本人曰く「小説作法をしっかり勉強して書いた作品」だったらしい。→第一話/登場人物設定
    公開された情報だけでは何が何やら分からないのだが、いじめられっ子だった高校生・前川祐二が何らかの異能バトルを繰り広げる内容にする予定だったようだ。この設定からシャムは実際にいじめを受けていたのだろうとする意見も見られるが、具体的な描写は「暗い部屋に閉じ込められる」程度しか出てこないので、この書きかけの作品だけでそのように断定するのは早計といえる。
    • これが~ユージの歩く道!~幼少期編~
      猫夜叉のブログに残されていた断片的な情報によると、こちらは「小説家になろう」にユーザー名「シャムたん」として2012年6月頃から投稿していたらしい。早くにアカウントを削除したようで内容は不明だが、2012年1月に数年構想している小説の一話の骨組みができた、とブログに書いており恐らくpiapro版のリメイクだったのではないかとも考えられる。
       

さ行 []


  • 座敷牢
    よく食品レビュー・オリジナルメニュー動画を撮影していた部屋の通称。シャムはこの部屋に布団を敷いて寝ているそうで、背後に黄ばんだ枕らしきものが確認できる。三香(MK)のリークによると普段自慰行為もこの部屋で行い、処理したティッシュはそのままゴミ箱に捨てているらしい(くさそう)。
    ちなみに両親の寝具はピアノがある部屋に置いてある。→シャム学(考察)#浜崎家の間取り
     
  • 飼育員
    2015年夏に顔を出したシャムに再び動画投稿をさせるため、ツイキャスで囲い(ファン、信者)のふりをしてシャムをヨイショするコメントをし続けた俺オナ民。心労により離脱者が続出したが小説家になろうのアカウントを公開させることに成功した。
     
  • 潮岬(しおのみさき)
    和歌山県東牟婁郡にある岬。
    旅行に行ってきた!和歌山勝浦編の中で潮岬を訪れたパートがいくつかあったようだが、一度も転載されなかったらしく幻の動画になった(2016年1月にそのうちの1本が発見された→本編#和歌山勝浦編)。
    父親(焼肉)の姿が写っていたという報告もある。
     
  • 自己愛性パーソナリティ障害(自己愛性人格障害)
    シャムの人間性について語る際よく出るキーワード。→症状(Wikipedia)シャム学(考察)#発達障害・パーソナリティ障害説
     
  • 下唇消失バグ

    ゆうにに送った自撮り画像につけられたコメント。眼鏡を外した素顔で無加工の画像はこれ1枚のみ。
    撮影日は2014年9月7日となっており、ネカマのかりんちゃん(※9月8日にリーク投下)に送るために用意したという可能性もある。
     
  • 死の吹奏楽団(市の吹奏楽団)
    中学生の頃シャムは市の楽団に所属していたが、嫌になりバックレてそのまま辞めてしまったらしい。そのせいかは分からないが、現在の貝塚市吹奏楽団の入団資格に「義務教育を終了された方」とある。
    口に出すのも憚られるほどの屑エピソードだが、シャムはこのことを自慢気に語っていた。
     
  • シャムクルーズ
    シャムの本編やMAD動画をひたすら流す生放送のこと。
    初期は俺オナ民(スレ民)が主な視聴者だったが、ニコニコでのシャムネタの急速な広がりによりシャム新規層も徐々に増加。そしてある時同じ動画(長さ11分×3種)を何度もリクエストして枠を潰すユーザーが現れ、多数決で動画を飛ばすという対策がとられるが、結果シャム本編もスキップされMAD動画ばかり流れるようになったあたりが転機となり、スレ民の多くは離脱。現在では「クルーズ民」のような独自のファン層を形成している。
    ※以上のような経緯もあるので、クルーズへの要望などはSyamu_gameスレではなく各コミュニティの掲示板を利用してください。
    →リンク:【本人公認】Syamu_Gameファンクラブ-ニコニコミュニティSyamu_CruiseSyamu_gameと巡る和歌山県順平くん応援コミュ
     
  • Syamu Watching
    プレイリストに追加された動画を自動で順次再生し、視聴者が同時視聴しながらチャットできるサイト「Cytube.xyz」にて、2017年4月に作られたシャム動画専用のチャンネル。
    視聴者層は主にニコ生から移行したクルーズ民、Twitterや宣伝動画で新たに生放送を知ったユーザーが多くを占めている。
    ニコ生(シャムクルーズ)に比べ、ユーザーが放送主になる必要が無いため24時間いつでもシャム動画を視聴できること、また1500種類以上ものシャム関連Emote(スタンプ)をチャット欄で使用できる事が長所であるようだ。
    ※シャムクルーズとSyamu Watchingには対立関係が生じ始めているため、コミュニティ掲示板でこのサイトの話題を出すことは避けて下さい。
    →リンク:Syamu Watching
     
  • Syamu_Game
    シャムのYouTubeにおけるメインチャンネルの名前で、今では一連の騒動やシャムネタなどを含めたコンテンツ名(?)として使われている。2016年頃からは"Syamu_game"に代わり正規の"Syamu_Game"という表記が増えている。
    開設当初のチャンネル名は「クリエイティブライフ」で、その後「キラメキ×トキメキ 略してキラトキ」→「sinn1560」→「Syamu_Game」と変更されてきたようだ。

    ↑キラトキ時代(キラメキともトキメキとも無縁で非生産的な日々を送るシャムに似つかわしくないネーミングである)から一貫してチャンネルアート(トップ画像)には"SYAMU GAMES"と書かれていた。
    ちなみにゲーム実況を始める前はオリジナル曲やアドベンチャーゲームを作る動画、動画制作の解説などを投稿していたらしい。
     
  • シャムブーム
    本人がネットから姿を消して半年以上過ぎた2015年7月、ニコニコでSyamu_gameタグのランキング入り動画が増え、某実況板にシャムネタが波及し始めるなどシャム人気が急上昇。Syamu_gameスレ民(狭義の俺オナ民)だけがシャムをネタにしていたような時期から一気に界隈が賑やかになる。
    しかし動画でのシャムしか知らない、シャムの語録しか知らないといった"ライトな"ファンが急増したことで、結果的にデマや誤解が広まりやすくなり、軽い気持ちで自宅訪問や手紙送付を行う者も現れ、後にハセカラ的手法による嫌がらせが多発することにもつながっていった。
     
  • 順文学
    職業作家を目指す浜川裕平先生によって執筆された作品のこと。
    文法がおかしい、代名詞破棄、情景描写が下手くそ、など文章に様々な特徴がある。→#小説家になろう
     
  • 助詞
    シャムが大好きな女子のこと。シャムのアクセントがおかしいためこう聞こえる。
     
  • 小説家になろう
    ゾッ帝シリーズや「これが~ユージの歩く道!~幼少期編~」が連載されていたサイト。
    かつては二次創作メインの素人投稿サイトだったが、近年では人気のある書き手がスカウトされて書籍化・アニメ化を果たすなど、文字通り「小説家になれる」サイトになりつつある。
    《一方、読者のストレス耐性の低さと、それに伴う「なろう系」というテンプレの存在(特に優遇どころかもはや「介護」しているとまで言われる主人公最強設定)、テンプレ以外のものが排除される排他性などがしばしば槍玉に挙がる。また編集の目の無い素人創作であるため、基本的な文章力がアレだったり、倫理的に相当アレだったり、果ては作者がリアルで抱えている闇が透けて見えるような代物が投稿されたり、しかもそのような作品が大手出版社によって書籍化されてしまったりすることがしばしばあり、「ラノベ業界にアタリショックを招きかねない存在」と悪し様に言われることもある。》
    今なお残っている感想欄はシャムがアカウントを公表して以降コピペ等で荒らされている。
    順文学デビューして一発当てようとした我らがシャムさんの活躍について、詳しくは別ページ(→小説家になろう)を参照。
     
  • シン
    シャムさんが2010年~2011年ごろに使っていた名前。
     
  • スーハミ
    スーファミ(スーパーファミコン)のこと。シャムの滑舌が悪いためこう聞こえる。
    祖母が幼少期のシャムに買い与えたことから転じて、祖母を指す意味でも使われる。
     
  • すがたかがみ
    全身を映せる鏡は一般的には「姿見(すがたみ)」と呼ばれているので注意。
     
  • スパイラルコンドーム
    SPIRAL[インスパイラルS]。シャムさんが三香(MK)とのデートのために買ったコンドーム。
     
  • 精子スプリンクラー(精スプ)
    シャム第2章開幕の合図。
    シャムがTwitter(@hamakawa20153)上で小説を投稿している女性と交流するなかで、急に馴れ馴れしくなり「頭をなでなで」「癒されますわ」「かわいい」など気持ち悪いリプライを送っていた様子のこと。
    この頃はネカマに裏切られたショックでネットを去ったという誤解が持たれており、彼に対する同情や憐れみの意見もちらほらあったが、結局名前を変えてYouTube引退以前と同じような行動を繰り返していたことが判明し、多くの俺オナ民に衝撃を与えた。
     
  • 聖奈さん(緑川聖奈)

    のびハザに登場するゲームオリジナルキャラクター。MAD等ではよくこのキャラの画像がシャム妹として使われている。
    シャムはこの聖奈さんのような女性が理想の彼女であることや、「想像でコスプレさせたらリアル聖奈さんになったから」という理由でAKB48の渡辺麻友を応援していることを熱く語り、いつも「俺達のエンジェル」と呼んでいた。
     
  • ゼログリッド
    スーパーゼログリッド。自宅公開動画にてテレビの前に置いてあるのが確認された。
    電磁波を防ぐ、気を高める…などはっきり言って胡散臭い商品。税込み約3万円。→販売ページ
     
  • 善悪の屑 / 外道の歌
    渡邊ダイスケによる漫画作品。法で裁けない犯罪者に対して、被害者に代わり残虐な制裁を加える「復讐屋」の戦いを描く。
    この漫画の主人公の鴨野目武(カモ)が、拷問した幼女監禁殺人犯に対して「もう二度とウンコできないねえ」と宣告するシーンがシャムそっくり(デカいサングラス、こけた頬、汚い肌等)のいでたちで、しかもこのコマが2016年5月頃から電子書籍サイトのバナー広告としてやたらと拡散されたため、Twitter民・俺オナ民らの間で話題となりSyamuコラの材料にされる。そしてあまりにもネタにされてしまったためかとうとう作者の元にまでSyamuの存在が知れ渡る事となった。
    なお、何故「ウンコできなくなった」のかは、書くのが憚られるくらいエグい話なので割愛する。気になる方は自己責任でググってほしい。
     
  • 全盛期シャム
    明確な定義はないが、アンチ達の存在を認知して意識し始める以前の頃のシャム本編を指して使われる。→#末期シャム
     
  • ソードオフ鍋

    オリジナルメニュー(チキンラーメンカレー)動画で確認された取っ手が折れた片手鍋のこと。
    元ネタは銃身を切り詰めたショットガンを指す「ソードオフショットガン(Sawed-off shotgun)」という用語。
     
  • ゾッ帝
    2015年にシャムが小説家になろうに投稿した自作小説「ゾット帝国親衛隊ジンがゆく!~苦悩の剣の運命と真実の扉~」「ゾット帝国騎士団カイトがゆく!~人を守る剣の受け継がれる思い~」のこと。
    2作とも未完だが累計25万文字を超える大長編となっており、シャムが作りかけのシナリオを放置してその時書きたいストーリーを追加していくということ繰り返したため、各章ごとに話がとぎれとぎれになっていて非常に読みづらい。(しかもシャムが最新章を書き始めるに至った理由は「なろうテンプレの異世界転生要素を無理やり組み込む為」である。詳しくは小説家になろうのページを参照。)
    2016/03/24遭遇時にはゾッ帝の続きについてはぐらかすような発言をしており、事実上の断筆で完結の可能性は限りなく低いと思われる。
    なお、タイトルにある「ゾット帝国」には結局辿り着けもしないまま終わった。本編がエタった(放棄された)後、なろうでは「ゾット帝国」を冠した作品がいくつか投稿されている。そのほとんどは本家ゾッ帝の二次創作という名目で、実質はシャムネタを羅列したギャグが大半を占める。シャムにとって最後の希望だったなろうすらもホモに侵略されてしまったようだ。
     
  • ゾッ帝民
    シャムが自作小説を公開した際、そこに名前だけ登場する「ゾット帝国」というワードから俺オナ民に続くSyamu_gameスレ(本スレ)民の呼称として「ゾッ帝民」が提唱されたが、数日で第8回ファンタジー小説大賞のシャムの作品の順位が下がると共に使われなくなっていった。
    その後本スレがゾット帝国ファンクラブに移住し、俺オナ民が当初の定義より広い意味で使われるようになった現在、再びスレ住民という意味で使用されることも増えている。
     

た行 []


  • 対馬編集(たいまへんしゅう)
    シャムの動画に時折見られる独特な編集(EDIUS Neo 3.5というソフトで作られたらしい)。→【syamu_game】対馬編集まとめ
    対馬を「たいま」と読んだシャムの誤読と、そのサイケデリックな編集から「大麻」が連想されて命名されたようだ。
    大物YouTuberHIKAKINのパクリではないかという意見もある。
    • 対馬犬(たいまいぬ)

      シャムが月神時代に上げていた怪異症候群の実況動画のOPに登場する謎の犬。左がシャム、右がシャドという名前らしい。
      人間のように動く顔、SofTalkボイス、不気味なBGMと相まって非常にホラー。
      CrazyTalk6というソフトを使用して作られたと思われる。→CrazyTalk6公式サイト
    • 対馬猫(たいまねこ)
      同上、怪異症候群実況のOPに登場する謎の猫。
      こちらも対馬犬ほどではないがSofTalkボイス、不気味なBGMでおどろおどろしい。
      かわいい動物を登場させることで女性視聴者を釣ろうとでも思っていたのだろうか。
       
  • 卓球
    シャムは高校生のころ卓球を一年ほどやっていたらしい。偶弦(ぐうぜん)~人形の糸~:クリア記念!フリートーク!で「高校はねー帰宅部でしたね、ずーっと」と発言しているので、卓球部に所属していたわけではないようだ。
    「楽しかった」と言っていた中学生活に比べて高校・専門学校の思い出はあまり語られておらず謎が多い。
     
  • チャベリ
    シャムが利用していたチャットサイト。会話のみならず時々自身のカラオケや実況動画を紹介(宣伝)していたようだ。
    また、チャベリでの話かは分からないが、チャット友達の友達に数年前から好意を抱いているということを動画で語っていたこともある。
    Thu Jul 10 05:35:45 +0000 2014
    チャベリにある、いい声の人って部屋に入ってみたんだけど。
    俺の動画見せたら、いい声じゃなくて、普通の声って言われた。
    なんか、ショックだわ。いい声って、コメントでもあったんだけどなぁ。
    見てろよ、見返してやるからな。 (@Syamu_Gameより)
  • 月神
    シャムさんが2011年~2012年1月まで使っていた名前。
    • 月神時代
      シャムさんがニコニコ動画・ニコニコ生放送で活動していた時期(2011年9月~2012年1月)のこと(「月神」という名義を使用していた期間とほぼ重なる)。この後ニコニコを退会した際に削除しなかった一部のシリーズはフルで現存している。→本編 - ゲーム実況・他#ニコニコ動画時代
       
  • 強い信念と明るい笑顔には奇跡の力(ミラクルパワー)がある
    詩画書作家の城たいが氏による言葉。シャムの座右の銘。
    シャムはこの言葉を「俺にぴったり」だと言っていたが、シャムの信念は脆く笑顔も明るくないためか奇跡が起こっている様子は見受けられない。
     
  • テクテク
    シャムさんが2014年のツイキャス活動で使っていた名前。
     
  • 手のひらサイズ
    個包装のチョコレートといったどう考えても手より大きいはずがない物や、手からはみでるサイズのMP3プレイヤーまで、シャムさんはなぜか紹介した商品のサイズについて「手のひらに乗る」と表現していることが多い。
     
  • 土佐清水病院
    高知県土佐清水市にある、シャムが以前アトピー治療のために入院した病院。→公式ホームページ
     
  • トロピカル無職(トロ無)
    シール開封動画などで使われているフリー素材のBGM。
    正式タイトルは「ファミポップⅢ」(甘茶の音楽工房)。他にも多数の曲を同サイトから引用していた。(→まとめ動画
    現在はほぼ完全にシャムのテーマとして認知されており、有志によるアレンジも多数投稿されている。→"トロピカル無職アレンジ"タグ検索
     

な行 []


  • ニート
    通学・家事をしていない15歳から34歳までの独身者のうち、就職活動を行っていない、もしくは就職希望を表明していない人のことを指す言葉。
     
  • ネカマ
    "ネットオカマ"の略で、本来は「ネット上で女性を装って活動する男性」を指す。シャム界隈では「女性ファンのふりをしてシャムを釣り、やり取りや通話を2ch等に晒す人」を指している。→登場人物#ネカマ
    シャム本人はあくまで"ネカマ"の原義にこだわり、ネカマに釣られることを「なりすまし(女の子)被害」(→ゆうに#Google+3枚目他)、ネカマ行為のことを「女性の画像でネカマになりすまし(→ライブ配信#2015/08/27コメントと表現していた。
     
  • 年賀状
    2014年末シャムの自宅へ嫌がらせの年賀状が2通届いたらしい。
    スレに貼られた年賀状の画像→その1/その2/その3
    この事に関して黒幕兄貴は「年賀状は別に送っても構いません 特に気にしてないんで」と書き込んでおり影響はなかったと思われていたが、母親が「おい、家族!」の年賀状を見て涙を流していたことが後にシャム本人の証言で判明した(→聖地巡礼#2016/01/03)。
    ちなみに2012年末にシャムは「年賀状制作がんばってください!!」とリプライを受け取っており、家庭内で年賀状制作係に任命されていたらしい。
     
  • のびハザ
    ドラえもん のび太のBIOHAZARD」というフリーゲーム。2009年頃から一部で安定して高い人気を集めている。
    シャムはこのゲームの十数種類以上ある派生タイトル(改造版)のほぼすべての実況動画を投稿し、さらには期間を開けて同じタイトルをもう一度実況していたことも何度かあり、名実ともにチャンネルのメインコンテンツとなっていた。→本編まとめ資料#ゲーム実況
    これらの実況動画はゲーム自体の高い知名度に加えて、当時他の投稿者があまり手を付けていなかった改造版タイトルを実況していたことなどにより、他のシャムの動画に比べるとかなり高い再生数を稼いでいた(のびハザバブル)。しかしシャムは自分の実力で有名実況者の仲間入りを果たしたと感じていたようで、その後のファンに対する偉そうな態度や勘違いした思考のきっかけになったとも言われている。
    アイドルの渡辺麻友が好きな理由として「リアル聖奈さんだから」と述べたり、別のゲームに登場したBIOHAZARDのパロディを「のびハザのネタ」と誤認したりするなど様々な面で影響を受けていた。しかし純粋にのびハザそのものが好きなのかといわれればそうでもないようで、YouTuber引退後は全くプレイしていないらしい。
     

は行 []


  • ハエグラス

    眼鏡にクリップで装着する跳ね上げ式のサングラス。シャムがかけるとクリップの金具でハエのような顔になる。大抵ひん曲がっている。
    購入したのは2014年の3月中旬あたりだと思われる。
    2017年5月に貝塚市を訪れた巡礼者がトライアルにてよく似たものが販売されているのを発見した。→画像
     
  • ハマコーストシャムコースト
    ニコニコに転載された動画がシャムにより大量に権利者削除された事件(2014年11月頃)。
     
  • 浜川裕平 / 裕P
    シャムさんが2015年の小説家になろう関連の活動で使っていた名前。自作小説これが~ユージの歩く道!の主人公「前川祐二」と本名「浜崎順平」を組み合わせたらしい。
    ちなみに裕PのPは半角アルファベットが使われている。
     
  • 浜ちゃん
    シャムさんがライトノベル作法研究所(2008年)~初期のpiapro活動時(2010年)に使っていた名前。
     
  • パワーストーン
    宝石(貴石・半貴石)の中でもある種の特殊な力が宿っていると考えられている石のこと。(Wikipediaより
    シャムさんはこの手のアイテム(お守り・天然石等)が好きらしく、動画で紹介したり(パワーストーンの)ブレスレットを着用している姿が確認できるが、「この石、不良品じゃん・・・」「石が壊れたから。元気がないなぁ・・・」というツイートなどから本気で石に何らかの不思議な力があると思い込んでいるのでは?という心配が持たれている。
     
  • ファンタジー小説大賞
    アルファポリスが開催しているコンテスト。
    浜川裕平名義で執筆していたゾッ帝2作を第8回ファンタジー小説大賞に応募し、ツイキャスでシャムであることを明かして投票を呼びかけた(詳細)ことで騒動になった。詳しくは事件史#ファンタジー小説大賞集団投票を参照。
     
  • ファンタジーに火をつけて
    月影晒し上げ動画での「ファン達に火をつけて」の空耳。
     
  • ファントム交流会ファンとの交流会
    シャムが所属していたMCNCollab Japanが2014年8月16日に開催した「ゲーム実況者ライブ・イベント」の1コーナー。シャムは自分が呼ばれるのではないかと思っていたが、実際に呼ばれたのは彼とは比べ物にならないほどの登録者数と総再生数を持つ大物実況者2人だった。
    シャムはこのイベントでオフ会を行おうと思っていたが、このイベントは全てオンラインで行われたため仮に呼ばれていたとしてもファンと出会うのは不可能であった。
     
  • 藤浪シャム

    サングラス(ハエグラスオーバーグラスとは別物)をかけ、車内で斜めの角度から撮影された一部の動画でのシャムに対し、プロ野球選手の藤浪晋太郎に若干似ているとして付けられた名称(→参考:Google画像検索"藤浪 サングラス")。
    ちなみに藤浪は公称197cmという長身なのだが、実際の身長より過少申告(逆サバ)しているのではないかと一部のファンに噂されており、シャムの自称165cmについても俺オナ民から疑問が向けられているという共通点(?)もある。→シャム学(考察) - シャムの身長
     
  • ブラスバンド部
    中学生のシャムが三年間やっていた部活動。アルトサックスを演奏していたらしい。
    合宿で学校に泊まった、友達のチューバを吹かせてもらった等、この頃の思い出はシャムの口から比較的多く語られている。
     
  • 文芸社
    詐欺まがいの自費出版商法で批判を受けている出版社。
    シャムはかつて(2011年以前)この会社に書きかけの小説を送ったことがあったらしい。過去のブログの「正直、俺はお金もないし、書く気はなかったんですけどね。」という一文からすでに自費出版を持ちかけられていたとも読み取れる。
    2012年には文芸社から「あの物語は、どうなってますか?」といった電話をもらい再び執筆へのやる気を取り戻したようだが、5月には「担当者失踪」についてツイートしていた。
     
  • 僕と君の夏休み
    ニュース速報(VIP)板で2007~2010年に開発された恋愛アドベンチャーゲーム(フリーソフト)。
    2ch民のグループで制作されたというだけあって作中にはネットスラングやパロネタが大量に詰め込まれているが、ネット知識を持ち合わせていなかったシャムはその多くをスルーしたりのびハザネタだと勘違いしたりしていた。そんなシャムの実況のおかげかゲーム自体にもネガティブなコメントが向けられることもあるが、レビュー等での評価(→僕と君の夏休み[フリーゲーム夢現])は悪くないようだ。
    最終的にシャムは「録画に失敗して撮り直すのが面倒臭い」という理由で実況を打ち切ってしまい、中止宣言の日に早くも新しいのびハザ実況を投稿している(さらに"録画失敗"が嘘である可能性も指摘されている→考察ブログ記事)。YouTubeを仕事にしたいと言っていた割にはなんとも無責任である。
     
  • 勃起宿舎
    モグラの巣シャムの住居である貝塚市にある某宿舎のこと。「ゾット帝国宿舎」「レストラン浜ちゃんでい」など複数の別名がある。
    貝塚凸の乱以降シャム家は不審な訪問者に応対することはなく、2016/01/03遭遇者は両親に警察を呼ばれかけたそうなので、自宅(勃起宿舎)を強行訪問してもリスクが伴うだけで何か凸者にとって面白い展開が起こることはほぼありえません。
     
  • 勃起動画
    旅行に行ってきた!和歌山勝浦編パート21のラスト、すがたかがみの前でふざけている部分のこと。→動画
     
  • ほならね理論
    迷言の1つ、「ほならね、自分が作ってみろっていう話でしょ?」のこと。
    また、どんな意見や批判に対しても「ほならね、自分が◯◯してみろっていう話でしょ?」の形で言い返すことができる、という理論(?)のこと。シャムはこの理論を常に振り翳していたため、自分の行いを反省したり見直したりすることは滅多になかった。
     
  • ホモ
    (主に男性の)同性愛者のこと。ネット上では淫夢界隈の人間を指す意味で使われる事も多い。
    シャムの動画が転載された時のタイトルが「ホモと学ぶ大物youtuber」であった為か、シャムはニコ動上で自分をおもちゃにする人の事を「ホモ」と呼んでいた。→#アンチ
     

ま行 []


  • 末期シャム
    明確な定義はないが、YouTube引退直前の2014年12月頃のシャムを指して使われる。この時期は黒幕兄貴のアドバイスにより動画の方針やライブ配信での態度を以前と変えていたため、全盛期と末期という区分が生まれたと考えられる。→#全盛期シャム
    ※しかし、そもそも動画での振る舞いは大なり小なり演技が入ったものであり(シバター曰く「配信だからテンション上げてるだけで基本暗い」)、その性質上素の浜崎順平に近いと思われるライブ配信等とでは異なった印象になるのは当然と考えられ、「アンチとの戦いに傷ついてor自分を取り巻く状況を学習して変わってしまったのでもう全盛期には戻れない」というようなよく見かける意見は正しくないと言っていいかもしれない。(末期の自虐発言については考察ページを参照→シャム学(考察)#広まっている俗説
     
  • 真夏の夜の淫夢
    2001年に発売されたゲイビデオ「真夏の夜の淫夢」から始まった長い歴史を持つコンテンツ。→参照:真夏の夜の淫夢 - ニコニコ大百科
    「淫夢」コンテンツの対象はやがて他のゲイビデオや(ストレート向け)AVなどにも広がりを見せていき、2013年に淫夢と全く関係がない動画に語録コメントをつけて楽しむ「ホモと学ぶシリーズ」がニコニコで発生、その流れの中でシャムの動画が「ホモと学ぶ大物youtuber」として転載されたことでSyamu_Gameコンテンツが成立。淫夢自体やそこから派生した「たれぞう」の盛り上がりがやや落ち着き始めていた事情もあり、それらをネタにしていた層の一部がSyamuへと宗旨変えすることとなる。
    現在Syamuを淫夢に含めるべきかどうかは人により異なる意見があるが、「動画等に製作者が意図しないツッコミどころを見つけて遊ぶ」「暗黙的に同じ性質を偽ってふるまう(淫夢ならホモ、シャムならアンチ)」「登場人物をネット上の存在として扱い勝手にキャラ付け」などの類似性があり、Syamu_Gameが淫夢文化の延長線上にあることは間違いない。また、前述のような経緯故に、シャム動画やスレでは淫夢発祥の要素・語録等をそのまま引き継いでいる部分も多々見受けられる。
     
  • マルチチャンネルネットワークMCN
    YouTuberが所属する芸能事務所のような団体の総称。契約するとチャンネルの利益の何割か(大抵は2割)が徴収される代わりに、動画製作の講習を受けられたり、広告の依頼を紹介して貰えたりといったメリットがあるらしいが、シャムはアンチやオフ会についての相談にメールで乗ってもらう程度にしか活用できていなかったようだ。
    #UUUM/#ガジェクリ/#コラボジャパン
     
  • 右手機能不全
    引退後に発見された、右手の指が不自由なのではないか?という疑惑。指先に力が入らないらしく、菓子の袋を開けのに右手親指を使わなかったり、右手を広げる際指が伸びきっていない場面などが見られる。→シャム学(考察)#右手機能不全説
     
  • モグラアイ
    シャムの目のこと。退化して小さくなった土竜の目にそっくりなことからこう呼ばれる。
    顔出しインタビュー動画で確認できることから、「ウォンツアイ」と呼ばれることもある。→#ウォンツモード
     
  • モグペロ
    上唇を口内に吸引して、舌で上唇とその上方を舐める動作のこと。シャムが動画内でしきりに行っていた1つの癖。
    鼻の下の皮膚が荒れている原因の一つではないかと考えられている。
    一連の動作が素早く行われた場合には「高速モグペロ」とも呼ばれる。
     

や行 []


  • 焼肉動画
    家族と行った焼肉屋で撮影された伝説の動画。原題は『家族で焼肉行ってきた!』。実際に視聴した人はほとんどいない。
     出典元:【オフ会0人】syamu_game2【勃起貝塚】

    431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/09/19(金) 20:24:49.85 ID:uCKwzt1B0

    録画してないけど詳細なら教えてあげるぞ

    1)syamu一家で焼肉屋のてに行く
    2)車内から店を撮影する、一般通行者モザイクなしで映る
    3)焼き肉食べてる映像、syamuが撮影しているため家族が誰一人しゃべらずお葬式状態、ちなみにsyamuの周りの食器とテーブルが汚い
    4)車内から店を撮影する、一般通行親父がモザイクなしで映る、syamu何故かクスクス笑う

    クズだと思った(直球)

    432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/09/19(金) 20:27:43.95 ID:LZaFaMMs0

    >>431
    よく覚えてんなぁ
    自分はハゲ予備軍がハゲおじさんを笑いながら撮影してるとこしか覚えてないゾ

     出典元:【オフ会0人】Syamu_game8【制服フェチ勃起貝塚】

    381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 22:04:33.65 ID:/dA9UxLL0

    自宅動画にもう新しい発見はない 
    焼肉動画はよ 
    俺が今でも覚えてるのは駐車場をシャムが撮影した映像。 
    家族の会話入りまくりの中で、焼肉様子を写すシャム 
    家族で焼肉行くの久しぶりですねーとかいうシャム 
    一回チラ見して消されたから全然覚えてねえ誰か頼む 

    820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 22:19:56.03 ID:5+ruUiJ30

    焼肉動画はオフ会の前後くらいだっけ、ちらっと見たけど 
    家族で外食に行ってるのに黙々と動画撮ってるこの人なんなんだろうと思った記憶が 

    ばしゃときれぼしさんは家族も叩かれて…みたいに愚痴ってたけど、 
    みんな家族に同情してるだけだと思うゾ 

  • ユージ
    #これが~ユージの歩く道!
     
  • YouTuber
    「ユーチューバー」とはYouTubeに頻繁に動画を投稿する人(また狭義としてはそれにより広告収入を得ている人)を指す言葉。シャムがユーチューバーをアルファベット表記する時、なぜか最後の「r」だけ全角文字になっている事が多い。コンピューターの専門学校では半角入力を教えてくれなかったのだろうか。
    これ以外にも「DeadSpace」「Twitter」「iPhone」など謎の表記(大文字だけ半角)が多々見受けられる。

    312:名無しさん@お腹いっぱい。: 2015/05/16(土) 20:48:55.25 ID:PUc9FhO10

    恐らく「ゆーちゅーぶ」で変換してYouTubeを出してから何故か全角だけどrを手打ちしているんだと思う
    極稀に半角のrを打つことに成功して"YouTuber"になる
    変換せずに全て手打ちする時は"youtuber"

    twitterのログで検索かけたところ
    1位 YouTuber(13回)
    2位 youtuber(3回)
    3位 ユーチューバー(2回)
    4位 YouTuber(1回)

    一般的な表記が一番少ないってどういうことだよおい引きこもり!引きこもり聞いてんのか!

  • YouTubeクリエイターハンドブック
    シャムが「熟読した」「熟読っても言っても大事なとこだけ抑えた」と言っていたハンドブック。市販の書籍や情報商材だと勘違いされがちだが、実際はYouTubeが公式に公開しているフリーのwebサイトである(現在は「クリエイター アカデミー」と名前を変えている)。→リンク
    このサイトで解説されている基本的なことすら結局実行に移されておらず、本当にちゃんと読んで理解していたのかどうかは疑問。
     
  • youbride
    シャムが会員登録していた婚活サイト。動画での発言から登録したのは2013年8月頃だと思われる。
    無料プランと、ライトプラン・スタンダードプランの2種類の有料プランが存在し、シャムはスタンダードプラン(3980円/月)に登録することを検討していた。
     
  • 指ぬきグローブ
    指先が露出するグローブ(手袋)で、スポーツタイプの自転車に乗る際などに用いられる。
    痛いファッションの代名詞的存在だが、シャム曰く「グラサンといいグローブといい・・・俺、似合いすぎ(笑)」。
     
  • ヨットハーバー
    ライン工の前にシャムがバイトしていた場所。主に雑用をやっていたらしい。
     

ら行 []


  • ライン工
    シャムはかつて製氷工場のライン(と計量室)で3年間ほど働いていたが、アトピーの悪化を理由に辞めてしまったらしい。バイトの給料はアーケードのレースゲーム、ウォンツ教材・ボーカロイドシリーズ・撮影機材の購入等に使っていたようだ。
    2011年2月9日に取得されたチャンネルのアーカイブ(→URL)では職業欄に"製氷業"と書かれており、2011年8月投稿の"新訳のび太のバイオハザード実況プレイ!6"の説明欄に「まだ闘病生活中ですが、ちょっとよくなりました♪」と書いていたため、バイトを辞めた時期は2011年春~夏頃だと推測される。しかし、2014年12月1日の配信ではバイトを辞めて闘病生活に入ってからYouTubeを始めたと語っている(闘病生活に入ってからゲーム実況を始めた、の覚え間違いだろうか)。
    ライン工時代の思い出はライブ配信(前述の12/01ツイキャス)で「ミニ粒」などの用語を交えてそれなりに詳しく語られており、それより以前の動画でもライン工の話に触れていたため、製氷工場で働いていたことは真実だと考えられている。「人と関わるのが苦手だから、工場系がいいかなあ」と考え、職業安定所に行ったり求人雑誌を読んだりして応募したらしい。
     
  • ラブサーチ
    いわゆる出会い系サイト。シャムは有料会員だったようだ。動画内での発言とTwitterへの投稿から、2013年11月末頃登録したと考えられている。2014年2月22日のGoogle+への投稿ではすでに休会中であることが語られており、4月17日にはTwitterで「ラブサーチ退会することにしたわ。5月いっぱいで。」と言っていたが、Wii版大神:クリア記念!フリートークでは4月30日に退会したと話している。その後再入会したのか、同年9月に「ラブサーチ最高。」とツイートしていた。
    以上のように金銭的な問題等により実質的な活動期間は短かったためか、積極的にいくつかの機能を利用していたものの、恋人を作るどころか女性と交流することすらほとんどできなかったようだ。
    • ラブログ
      ブログ。シャムはYouTuberとしての日々の生活を書き綴っていた。足あと機能が付いており、誰が閲覧したかが分かるようになっていたが、閲覧者は少なかったようだ。
    • エンジェルメール
      会員どうしが1対1でやり取りできる機能。略称は「エンメ」。気になった女性を見つけ次第メールを送信していたが、返信率は芳しくなかったようで「メールの返信率は5%ですね」「だいたい50人に送って…返信1通あればいいほうじゃないですかね」と語られていた。
    • チャット
      誰もいない部屋でじーーーっと1人で待ってますけども、誰も来ませんね」と話しており、会話すらほとんどできなかったようだ。
       
  • RAV4
    トヨタ・RAV4(ラヴフォー)。浜崎家の所有している自動車(SUV)。カラーはシルバー。
    2015年8月26日に宿舎巡礼者が駐車禁止除外標章が置かれていたと証言したため(聖地巡礼#2015/08/28)、浜崎家の誰かが身体又は精神に重大な障碍・難病を抱えている可能性が浮上し様々な考察がなされた。シャムはこの件について質問され駐車証明書だと回答し(ツイキャス#2015/8/31)、11月6日に有志によってシャムの主張が正しい(8/26巡礼者の誤認だった)ことが確認された。→聖地巡礼#2015/11/06
    2016年2月、一部車両がリコールの対象となった。
     
  • 恋活(れんかつ)
    「こいかつ」という読みの方が一般的なようだ。
    シャムは「恋をする権利は誰にでもある」等といいつつ女性なら誰でもいいらしく、出会い系でテンプレメールを大量に送ったりしていた。
     
  • ローソンアイス
    全国のローソンで販売されているかち割り氷。シャムは工場でバイトをしていた時にこれを作っていた(※「かち割り氷」の例として名前を挙げただけで、この商品を作っていたというわけではない可能性もあり?)。→商品詳細
     

わ行 []


  • 湾岸
    湾岸ミッドナイト。アーケードのレースゲーム。
    ・2010年に「湾岸ミッドナイト3DX+ リベンジ戦」というプレイ動画をニコニコに投稿(※確認されている中で最も古いシャムの動画)。「まずは自慢からか」「おっさんじゃねーかw」「ATwwwww」「下手くそ」等のコメントが多数ついたせいか、この後は主にYouTubeで活動していくことになる。
    ・2011年頃は携帯電話でレースゲームのプレイ動画を撮影していた。
    ・2012年4月、神奈川県在住の湾岸仲間(ゆうか)がシャムの地元まで遊びに行き、チーム「Dark Knight」を結成。
    ・2013年3月にチームメンバーのロキに"湾岸4"を引退する意思を打ち明けていたが、7月に「チームメンバー募集中!」という動画を投稿している(※他にチームを組めるオンラインゲームをやっていたようなので湾岸の募集かは不明)。
    ・2014年頃には"湾岸5"の実況動画を50パート以上投稿していたようだが一つも転載されなかった(→キャプチャー画像)。また、湾岸関係の動画は荒れやすいらしく「俺の湾岸の動画、低評価ついてるな。まあ、気にせんけど。」「湾岸関係のフォロワーさんは、ブロックしました。理由は、動画を荒らされそうなので。」等とたびたびツイートしていた。
    ・2016年6月27日に"湾岸5DX"へデータ引き継ぎを行っていたらしいことが12月に発見された。
    ゆうに2016/01/03遭遇者になぜか湾岸のカード(チューニングカード?)をプレゼントしようとしていた。

 


使用機材 []

シャムさんの活躍を影から支えていた機材たち

ハード

  • ノートPC:VAIO typeF VGN-FW50B
    2008年7月19日発売。
    ウォンツインタビューや自宅紹介動画に写っているノートPC。ほとんどの動画はこれで作成されていた。ファミリー向けの手頃なモデルで、お世辞にも動画の作成に向いているとは言えない。
    このPCはシャムの私物ではなく浜崎家の共用PCであり、シャムがYoutuber活動で占有していたのを他の家族が迷惑がっていたことが窺える。ウォンツに費やした金で自前のPCを買うという考えには至らなかったようだ。
    2014年10月にHDDの故障(シャム談)によりその役目を終える。
     
  • ノートPC:LaVie S LS150/SSB(?)
    2014年11月にシャム家に新たに導入されたパソコン。
    2014年12月3日の配信でデスクトップを誤って映してしまい(画像)、LaVieシリーズのノートパソコンでOSはWindows8らしいことが判明。さらに12月4日の配信ではカメラを調節した際に一瞬PCが映り、カラーは黒であることが明らかになった。なおこちらも前述のVAIO同様手軽なモデルであり、発売当初は120,000円ほどで売られていたようだ。
     
  • 携帯電話:docomo PRIME series F-09C
    2011年6月24日発売。シャムはかつてこの機種を使っており、「新訳のび太のバイオハザード実況プレイ!16完」(2011年9月3日投稿)のおまけパートで紹介していた。→動画
    当時はこの携帯でアーケードのレースゲーム(マリオカート、頭文字D、湾岸MIDNIGHT、スリルドライブ等)のプレイ動画を撮影していたらしい。
    また、2013年頃には食レポやカラオケ動画を携帯電話で撮影していたようだが、同じ機種を使っていたのかは不明。
    通信機器としてはあまり活用できていなかったのか、2014年3月にデジカメを買った際になぜか携帯電話を解約してしまった。
    Sun Apr 27 04:11:29 +0000 2014
    @mi***_******** 俺は、携帯持ってないよ。ずっとPC。前、携帯持ってたけど、デジカメ買うので、携帯は解約した。 (@Syamu_Gameより)
  • デジカメ:Canon IXY140
    2014年2月20日発売、3月に入手。
     
  • 三脚
    実写動画撮影時に使っていたようだが詳細は不明。恐らく100円ショップで購入(@Syamu_Gameでの3月11日のツイート「今日は診療所に診察に行ってきた。帰りに100円ショップで、ミニ三脚とデジカメのケース買ってきた。」)
     
  • WEBカメラ:Logicool HD ProウェブカメラC910
    2010年8月27日発売。約7,000円で購入。
    最初に買ったらしいWEBカメラ。その後家族から「家の中写さんといて」とNGが出て売却したらしい。

    「新訳のび太のバイオハザード実況プレイ!16完」のおまけパート(動画)はこれで撮影されたと思われる。
     
  • WEBカメラ:Logicool HD Webcam C615
    2011年9月22日発売。2014年6月にAmazonより購入(6月6日受取)。
    視聴者からゲーム実況と同時に自分の顔を撮影してみては、と提案されて購入。しかしゲーム実況をキャプチャーしながら同時にWEBカメラで撮影を行うと、PCのスペック不足のせいか処理が重くなってしまうという問題が発生。僕と君の夏休み実況ではこのWEBカメラでなんとかなっていたようだが、のびハザXのようなアクション系のゲームは厳しかったらしく、結局7月にクリップ式のカメラ固定スタンドを購入した。
    どのWEBカメラを買うか迷っていた頃には「代引き手数料プラス、翌日配達の手数料もあるので…」となぜか代引き&お急ぎ便で買うことが当然かのように語っていた
    ちなみにこのカメラのテスト動画で「今回はNG出てませんね」という迷言が生まれた。
     
  • 車載マウント:ANDECHSyou AN-CS02G
    2014年5月中旬にAmazonより1,260円で購入。
    吸盤で車のフロントガラスにデジカメを装着できるアイテム。他のYouTuberがマクドナルドに行く前に車内の動画を撮っていたのをみて買った、と動画内容も含めて丸パクリしていた。
     
  • MP3プレイヤー:Divoom iTour-Boom
    2014年5月中旬に楽天市場より3,700円で購入。踊ってみた動画のために使っていたらしい。
    小型のスピーカーが内蔵されているためMP3プレイヤーとしては大きめなのだが「手のひらサイズ」と言い張っていた。
    また、このプレイヤー用のSDカード(4GB)は通販ではなく「ドンキーホーテ」に行って購入したと発言していた(エディオン等と同じ"いこらも~る泉佐野"内にある「ドン・キホーテ 泉佐野店」だろうか)。
     
  • デジカメ固定スタンド:LOAS DCA-087 (?)
    2014年7月にAmazonより728円で購入(7月8日に受取)。これによりデジカメをノートPCに固定し、(僕と君の夏休みのようなアドベンチャーゲームよりも)比較的処理が重いゲームの実況動画にもプレイ中の自分の顔を写した映像を合成できるようになった。これ以降WEBカメラはフリートーク専用機として使っていたと思われる。
     
  • ヘッドセット:ゼンハイザーPC131
    2012年発売?。ヘッドホンとマイクが一体化したアイテム。推定5,000円弱。
    イヤーパッド(シャムは終始「スポンジ」と呼んでいた)がぼろぼろになってしまい、純正の交換パーツも販売されているのだが下の機種に買い換えた。
     
  • ヘッドセット:ゼンハイザーPC310
    2013年発売?。2014年8月にAmazonより購入(8月15か16日受取)。
    その際本体5,418円+当日お急ぎ便514円+代引き手数料324円という下手くそすぎるお金の使い方をみせていた。
    シャムの貧相な顔に似合わぬ妙にゴツい代物で、これを装着したシャムの姿は「黒電話」と称されている。
     
  • マイク付きイヤホン
    「新訳のび太のバイオハザード実況プレイ!16完」のおまけパートで紹介されている。
     
  • マイク:SONY コンデンサーマイク ECM PC60
    スタンド付属のマイク。シャムはピンマイクとして使用することを勧めていた。
    のび太のバイオハザードAnotherEdition:実況プレイ!12(2012年2月4日投稿)の動画説明欄に「新マイクの性能はいかがでしょうか?そればっか気になっております。」と書いており、同年5月8日にTwitterでこの機器を紹介していたので、2012年初めに上述のマイク付きイヤホンから乗り換えたということらしい。
     
  • USBオーディオインターフェイス:Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2
    外付サウンドカード。DTMの為に購入したのだろうか。
     
  • キッチンタイマー:DRETEC 大画面 タイマー シャボン6 T-198GN
    2014年9月に早食い・早飲みシリーズのためにわざわざキッチンタイマーを購入。なぜかカウントアップではなくカウントダウンでタイムを測定しようとしており、アイス早食いでは途中で時間切れになってから1分延長したりとぐだぐだになっていた。
     
  • キャプチャーボード:GV-USB2
    USB接続のビデオキャプチャー。Wiiのゲーム画面をPCに出力するために使用。
     
  • ゲームパッド:ELECOM(JC-U3312SBK?)
    約3,000円で購入。のびハザをプレイするのに使っていた。
    2011年9月3日投稿の新訳のび太のバイオハザード実況プレイ!16完と、2014年7月2日投稿の自宅紹介動画で確認できる。
     
  • ペンタブレット
    その姿は動画中には確認できないが、オリジナルイラスト「竹林」やサヨナラアトピー歌詞カード制作に使用されたようだ。
     
  • 電子レンジ:東芝 石窯オーブン ER-J3A(W)
    動画中ではオリジナルメニューの材料である冷凍食品の調理と称する解凍に用いられた。ごく普通のオーブンレンジ。
     

ソフトウェア

  • EDIUS Neo 3 / EDIUS Neo 3.5
    動画編集ソフト。推定3万円だが簡単なカットも惜しんでおり活用できていたのは対馬編集のみ。
     
  • ACID Pro
    DAWソフト。推定3万円。ループ素材を組み合わせて曲が作れる(ループシーケンサ)。
     
  • FL Studio
    DAWソフト。推定3万円。「ピアノロールで自由なメロディ作れるのがいいかな」とACIDから乗り換えた。
    オリジナルSE(自称)を作るのにも使用されたらしい。
     
  • アマレココ
    デスクトップキャプチャー(PC画面を録画する)ソフト。
    古い実況動画にはこのソフト特有の「AMV」というロゴ(透かし)が入っていた。
     
  • 初音ミク
    音声合成ソフト・ボーカル音源。推定1万5千円。「大人の夜」「サヨナラアトピー」等の怪作にボーカルとして使われている。
     
  • 鏡音リン・レン / 巡音ルカ
    合計推定3万円。piaproでの真摯なアドバイスを右から左へ流しつつ衝動買いしていた。
     
  • SAI
    ペイントツール。恐らく5,250円。
     
  • らのべえ
    アドベンチャーゲーム制作ソフト。推定2万円。かつてはこのソフトでゲームを作る様子を動画にして投稿していたらしい。
     
  • コミPo!
    3Dの素材を組み合わせてマンガが作れるツール。推定1万円。
    シャムはこのツールで作ったものを「オリジナルイラスト」と自称し、ネカマに送ったり(ゆうに#誕生日メール)出会い系サイトに載せていた。
     
  • CrazyTalk6
    推定1万円。対馬犬・対馬猫を生み出した。