第3章パート2

スター「俺はスターロボに乗ってたから平気」
ゾロショット(以下ゾロ)「俺も平気」
スター「なりピカさん俺のスターロボとなりピカロボを合体させましょう!」
なりピカ「おk」
合体完成!スターなりぴかロボ!

オンドゥル「なにぃ!?まぁた改造しやがった!」
レイ「今度はガチムチとレーザー兵器が合体したとかww」
サドゥ「信じられん…」
リアン「設計からして前代未聞だよ!!」
オンドゥル「Vコンバータが3つ!?」
レイ「オンドゥルどうした!?」
オンドゥル「か、かなり無茶な合体だけど、早すぎるかもしれない!!」
レイ「じゃあ壊れるって言う!?」
オンドゥル「これじゃあ本体もろとも爆破しちまう!!」
スターなりピカロボ「スターNビーム!」
Lガンダー大爆発して灰化
ルイージ「ん?なんだったんだ?」
マリオ「ん?ミスターLを倒したのに宇宙空間のまま?」
なりピカ「今回最終章の予定みたいだから宇宙用のヘルメット持ってきてるよ。」
ゾロ「先に言え!」
チート「おまえら・・・なにやってんの?」
レイ「マスターチート!」
チート「ここはね。ディメンションというんだ。」
サドゥ「じゃあ俺らは大丈夫かな。」
チート「それより・・・なりピカ君」
なりピカ「ん?」
チート「その合体無茶過ぎて爆発するから解除して。」
セブン13「とりあえずルーラで地球にもどるか」
イロスマ島
マスターバート「なるほど、じゃあ残りのメンツつれてそっちいくから、第2章で故障中だったマイカー治ったから」
メチャスマ界
バート「ああ、わかった、じゃあきるな」
マスターレオ「マスターバートがくるのか」
梓「あ、まだあったんだ通信バッヂ」
コスモス「きみたしか梓川コナンだっけ?早くザオリクをしないと」
梓「中野梓ですよ!!コナン君と合体させないでください!!」
デキット「(バー王としん王を思い出したじゃねーか!!ダメだ思い出しただけで笑いが止まんねー!!)」

総選挙会場
メトロ06系「後で乗り込みますか!」
営団5000系「スキヲミタシュンカン二ハイッテヤル!」

解体マン「爆弾を全て解体したぞ!」
しばらくして…

夜の総選挙会場
営団5000系「ダメダ、ゼンゼンスキガナイ…」
メトロ06系「隙が無いとかありえねー。じゃあ、明日に暗黒団やムービーゲーム達と打ち合わせした方が良いな」
営団5000系「ソレガベストダナ」

マスターレオ「マスターバートが来たよ。」
トリケラ君「あれ、沢山のイロスマ同人誌キャラがマスターバートと一緒に来ている。」
マスターバート「みんな、残りのメンツとイロスマ同人誌のキャラをいっぱい連れてきたぞ。」
カーズィ「どんだけだよ!?」
マスターバート「数え切れない程」
梓「じゃあ、せっかくですからイロスマ同人誌キャラの皆さんにも投票をしてもらいしょう!」
ソニック「賛成だな。」
イロスマ同人誌のキャラ達「ワイワイガヤガヤ」
マスターレオ「明日が待ち遠しいなぁ・・・」

空中
アンク(ロスト)「明日は、どんなモンスターを召還しようかな・・・?」
??????「見つけたぞ!」
アンク(ロスト)「何者だ?」
ゴセイナイト「私の名はゴセイナイトだ!」
アンク(ロスト)「君如きに僕を倒そうなど無理に過ぎない事なんだよ。出でよ、クリムゾン・シャドー!」
ゴセイナイト「何、ナンバーズだと!?」

総選挙会場
HTT&憂「本日の投票は、終了致しました。」
半田「いよいよ明日か・・・」
憂「実は、私も投票対象なんですよ。」
ルイージ「え、そうだったの!?」

ジョーバーン基地

E231系(常磐)「16000系、例の物はまだか?」
16000系「フフフ…もう少しでできますよ。ビクトリーXが」
E231系(常磐)「確かいろんな細胞を入れて作ったんですよね」
16000系「そうです」

スター「ふう・・・危ない所だったぜ・・・合体解除してよかった・・・爆発する所だった」
オンドゥル「まったく・・・」
スターロボ「死ぬ所だった・・・」
ドギャーン!
スター「なんだ!?この爆発音は!」
スターロボ「行きましょう!」
ゾロ「俺を忘れんな!」

ジョーバーン基地

06系「ただいま帰還しました」
203系「なんだ、お前か。総選挙会場に乗り込めたか?」
営団5000系「イヤ、マッタクスキガナクテ、ハイレナカッタ」
203系「そうか…まぁこっちもスパイ側で潜入していたけど予定通りデータを収集できた」

ジョーバーン基地実験室
E231系(常磐)「ところでビクトリーXのベースは何だ?」
16000系「ムー○ーゲー○様ですけど。」
E231系(常磐)「そうか…」

レビ「ん!なんか、聞こえなかったか!?」
アンゴラ「聞こえた!」
ペイン「これは、まずい?」
ニャル「とりあえず、行こう!」

クイックマン「ビクトリーX、どんどん森を破壊しやがれ!」
ビィーーー
ボォォォ
サドゥ「しまった、クイックマンを倒すのをすっかり忘れてた!」
レイ「しかもMP回復してる!」
オンドゥル「ナンテコッタ!」
マリオ「おーい!」
サドゥ「どうやら沢山の援軍が来たようだな。」
ライン「オラァ!」
メイちゃん「スーパーメイちゃんプレス!」
電王「どりゃー!」
ズシッ
ビクトリーX「…」
憂「攻撃が全然通用しない!?」
マスターノコノコ「カツ丼パワー!」
ゾロショット「みなぎってキター!まずは・・クイックマンの股間を撃つトルネイドショット」
クイックマン「そんなのかわしてy」
ゾロショット「俺もとはゾロアークだぜ?幻影」
クイックマン「うわ!四角い箱に閉じ込められた!って攻撃gあうおおおお」
クイックマンゾロショットの攻撃が股間に当たり他界

コナン「復活したぜ」
ボーボボ「ただいまー」
コスモス「まあ、私は梓の名前まちがえて拳骨の成敗を受けたがな」
ジョーバーン基地
ジョーバーン「カオスヘッダーを裏取引で大量に買ったぜ」
スペードナイト「その割りにはカオスフリーザードンすぐ負けてるが」
ドイル「そうだ、カオスヘッダーをつかえば」
ジョーバーン「そうか、どいる、ビクトリーⅩをよびもどせ

ドイル「ビクトリーⅩ、・・・・・・・・・をしてすぐ戻れ」
ビクトリーⅩ「わかったすぐ戻る」
バート「いっちゃったな」
円堂「はた迷惑だな」
カオスウルトラマン「まったくだ・・・あれ、おい天馬、信助いないんだが」
コスモス「ビクトリーⅩが消えた瞬間その人のはんのうがきえたが」
コナン「おい・・・俺の推理がただしければ」
デキット「誘拐って奴か」
コナン「それもあるが多分一番の目的は」
コスモス「カオスヘッダーだな」

空中
アンク(ロスト)「クリムゾンシャドー、ゴセイナイトを切り裂け!」
クリムゾンシャドー「ハァァァ!」ジャキッ
ゴセイナイト「ここまでか・・・」ヒューーー

ゴセイナイト落下

総選挙最終日
バート「いよいよ総選挙も今日で大詰めだ。」
車田「確か夕方で締め切りだったな・・・」
梓「なんか嫌な予感がします・・・」
ヤク「まあ、楽しく行きましょうよ。」
マスターレオ「住人が沢山来たよ。」

SAM号「しばらくして・・・」

夕方の総選挙会場
HTT&憂「本日の投票は、終了致しました。」
半田「いよいよか・・・」
シグサ「今日は平和だったねー。」
映司「そうかな?」
マスターレオ「そろそろ発表会の準備でもするか。」
カオスウルトラマン「ジョーバーンの目的って・・・」

暗黒団基地
カヲス「メチャスマワールドを恐怖のどん底に落としてやる・・・」

ジョーバーン「ビクトリーⅩ、そんなのつれてどうした」
スペードナイト「俺が是下した」
信助「なにここー、何か薄暗いし体のいろんなとこ痛いし
ツーか離せーーーーーーーーー」
ビクトリーⅩ「ジョーバーンさまーカオスヘッダーをー」
ジョーバーン「わかったわかった、そーらとりついてこーい

信助「ぎいやあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
ビクトリーⅩ「ついでに俺もですかーーーー」
メチャスマワールド
目暮警部「やあ天馬君」
天馬「あ、目暮警部、信助見つかりましたか」
カズキ「高木に聞いたがまだだ」
カオスウルトラマン「犯人がジョーバーンだったらまずいぞ」

アンゴラ「結局、投票できなかった。」
ニャル「なんでだろ。」
レグナン「それは、ここにいる連中がけいおん!に興味がないからじゃないでがすか?」
マジール「まあ、確かに。」
ペイン「ぼくに至っては最近やっとしったくらいだからね。」
夜のネタキャラ王国
ネタキャラ王国の王様(以下、ネタ王)「えー、これから軽音部の総選挙の結果を発表する。」
観客達「ワーワーヒューヒュー」
ネタ王「まず5位・・・平沢憂!」
憂「なんとか6位にならなくて済みました。」
ネタ王「第4位・・・田井中律!」
律「ま、こんなもんだろう。」
ネタ王「第3位・・・平沢唯!」
唯「やったー、3位だー!」
ネタ王「第2位・・・中野梓!」
梓「皆さん、沢山の応援ありがとうございます!」
ネタ王「そして、第1位・・・・・」

ラピュタ
ムービーゲーム「やれ!」
ジョーカー「ボムキャノン、発射!」
ドラッグ「悪の波動!」
ブラック「ヘルファイア!」
セルアナゴ「ドルマドン!」

DATE「おいレイ!!」
レイ「やっぱりきたか!!」
サドゥ「ヤツを傷つけるな!!」
ブラック「俺もいるぜ。」
レッド「ブラック!!」
メファル「レッド、ブラックは洗脳されてる上、拘束具まで付けられている!!」
テリー中島「気をつけないとヤツが死ぬ!!」
レッド「わかった!!」
ネタ王「に、逃げるぞ!」たったっ
DATE「BASARA!」ジャキジャキ
プラク「うおっ!」
プラク他界

天馬「困ったなあ…」
梓「必殺、月光斬改!」
三国「バーニング、キャッチ!」
DATE「無駄だ。」ガキン
梓「防がれた!?」
ボナーラ「俺が行きます!」
DATE「ボナーラか、」
ボナーラ&DATE「はっ!」ガキン
梓「ボナーラさん・・・」
セイント「ブラックゥー、目を覚ましてよー!」
ブラック「邪魔だ!」
???「食らえでやんす!!」
レイ「んな・・・あぶない!!」
レッド「え!?」
BOOOOM!!
レイ「ぐわっ!!」
サドゥ「あれは!!」
シタパ「そうだよ・・・私だよ。」
レイ「シタパ!?」
サドゥ「なぜ!?」
シタパ「ふふふ、洗脳されて良かった。このレイピアで貴様らを殺す!!」
ハルカゼ「サドゥ気をつけて!!」
サドゥ「ああ!」
シタパ「レイピア!!」
ばばばばばばばばばば!
レイ「くっ!!なんて素早さだ!!」
サドゥ「ちっくしょう…!?」
ブラック「ブラック…アブソリュー」
ガキン!!
ブラック「ぬあ!!」
ガナーラ「ばかめ!!その拘束具はアブソリュートを使えなくしてる!!」
ブラック「な…」
ガナーラ「どうした?外せないのかな?」プツンッ!

デビモリト「デビモリトの騙し討ち。」
ペシッ
シタパ「うわぁ!」
ガンキー「シタパ、目を覚ませ!」
シタパ「レイピア!!」ばばばばばばばばばば
ガンキー「ぐあっ!」
ジョーカー「ボムマジック!」
ドグウセンシ「オレの周りに大量の爆弾が!」ドッカーン
ドグウセンシ他界

オタロー「ヘイローの恨みをはらしてやる!」
レッド「あいつがオタローか!」
カオスウルトラマン「く、くそぅ・・・」
ウヴァ「メダルをウヴァいに来たぜ!」
ヤク「またウヴァが来ましたよ!」
英司「変身!」
オースキャナー「コブラ!カメ!ワニ!以下省略」
クロサン「あわわわわわわ」

コスモス「カオスヘッダーを切り離す、倒さない程度でやってくれ」
信助「じゃあコスモスを先に倒す」
コスモス「わあ、やはり洗脳のためだったか、天馬は信助と戦え、一定のダメージを与えたらルナエキストラクトを放つ」
梓「ポケモンと同じですね」
天馬「信助とやるのか、やりにくいなー」
カオスウルトラマン「じゃあ俺とコナンが一緒に戦ってやるよ」
コナン「さっき灰原呼んだし問題ない」
コスモス「なんか強力的なカオスウルトラマンだな」
近藤勇「イエスマの仲間だしな」

アンゴラ「マジカライザー!」
シタパ「んぐ!」
アンゴラ「フラッシュアロー!」
シタパ「ぎは!」
ニャル「まさか、殺す気?」
アンゴラ「うん。」
ニャル「正気だよね?」
アンゴラ「うん。」
シタパ「ほんまでっか!」
ニャル「なんで、割り込むの?」

ゾロショット「俺もアイツ殺すつもりだ洗脳されて良かったとかゆうふざけたやつをオリスマに二度と出させないようにな!☆HA☆HA☆HA☆」
スター「いつものアイツのテンションじゃねぇ…アイツ正気か」
レイ「ゾロショット!すまん!!]

ゾロショット「ぐああ!!」
レイ「はぁ、はぁ…」
サドゥ「洗脳されているから別の人格になってるだけだ。」
リアン「逆にこのゾロショットを殺しとくか?」
メファル「承認する。」