313系

「東海を支える大黒柱、ここに参上!!」


概要

JR東海所属の直流近郊形電車。

電車としての313系

1999年(平成11年)当時、JR東海は国鉄形車両から省エネタイプの自社形車両への置き換えを進めており、特急形車両では定期列車の車両置き換えを完了していた。一方、近郊形車両においても、211系5000番台とか311系などを投入してきたが、103系・113系・165系などの国鉄形車両が半数以上を占めていた。313系はこれらの国鉄形車両の置き換えを目的として登場した車両である。

車体断面は同社における最小の車両限界である身延線を基準に決定され、同社のすべての電化路線での走行が可能である。また、従来の自社形車両と比べてもパワーアップが図られており、311系に代わり、東海道本線におけるほぼ全ての快速列車にも充てられている。

このように313系は都市部の近郊輸送のほか、後述するローカル区間でのワンマン運転や有料制ライナー列車まで、あらゆる需要に対応しており、同社の標準車両と位置づけられる。そのため車内仕様や機器構成により、当初から細かな番台区分が設定されている。

1998年度末に77両、1999年度に104両が投入され、共に1999年に営業運転を開始した。これにより同社の103系が全車廃車となり、165系も定期運用から離脱した。また、東海道本線名古屋地区では113系の定期運用が消滅するなど、国鉄形車両の淘汰を進め、同社における自社形電車の比率を55%にまで向上させた。

その後2001年に6両、2006年度に204両の増備が行われ、総計391両を有する同社の最大両数系列在来線電車となるとともに、同社の国鉄型車両である113系、115系、123系を置き換えた。

さらに、JR東海では2010年から2013年にかけて120両の新製を予定しており、これにより国鉄形電車のほぼすべてを自社形に更新する予定である。これにより同社の119系が全車廃車となった。117系も2013年3月16日のダイヤ改正で、定期運用が消滅した。

SSにおいての313系

シーズン2からの登場でエージェント部隊に所属している。
チームJR東海の中では最強の戦闘力を持つ。

補足

  • 211系や311系と連結が可能である
  • 同社が所有してるキハ25形気動車と外見がそっくりである(別にパクッたわけではなく、ベースにしたものと思われる)

  • 東海の怒り
攻撃力を高める
  • セントラルアタック

関連