仮面ライダー大戦in空イロその3

ラファエロ「よしかかってこい!!」
亡霊初級インベス達「キシャ―!!」
ラファエロ「フンッ!!てりゃあ!!オラァ!!」
バギッ ドガッ グサッ!!
亡霊初級インベス1体気絶
ラファエロ「コイツなかなか強いじゃないか」

亡霊クエスター・オウガ「ドングリといい、亀といい、プリキュアといいさんざんなのだ!!」
ミケランジェロ「やーいクエン酸大垣~」
亡霊クエスター・オウガ「だから違うとry」
キュアプリンセス「おりゃあああああああああああああ!!!!!!」
ドガッ!!
亡霊クエスター・オウガ「ぐほっ!?」
ミケランジェロ「イェーイ!僕が適当に何か言ってそして殴る作戦サイコ―!!」
亡霊クエスター・オウガ「この亀が…!!こうしてくれる!!」
ミケランジェロ「えwちょちょちょまってwwwwww」
キュアプリンセス「危ない!プリンセスボール!!」
バゴーン
亡霊クエスター・オウガ「痛ッ!」
ミケランジェロ「ふぅ~助かった」

つばさ「ライトニング・ウィング!!」
ドカーーーーン
クローズ(ダンデライナー搭乗) 5体ほど撃破 チューリップホッパー軍団4体ほど撃破

「ロックOFF×2」 変身解除音
少衣「たくっ…どうするって…そういえば何処に行けば」
咲「はたてさんは一体何処から飛んできたんですか?」
はたて「シャルモンって店かな…」
射命丸「でもそこももぬけの殻でしたよ」
次子「とにかくここでなにか起こっているのは確か とりあえずあちこち探しましょ」

バート「はぁ!」
ドガァ!
ネジレッド「!?」
バート「まだまだ!」
ドガァ! ドゴッ! バギッ!
バート「コレだけの連弾なら聞いているだろう」
ネジレッド「ぬおおおおお!」
バート「どわっ!」
円堂「は!」
ドゴッ
ネジイエロー「のわっ!!」
バキィ
円堂「お、マスク割れた!」
ライト「何だよ中身怪人かよ」
???「ハッ」
ネジピンク「なにっ!?のわぁ!!」
バート「なんだ!」
シャロ「ミルキィホームズです!」
ダブル(翔太郎)「お前らか!」
ネロ「あんたたち!ネジレンジャーとかいったわね!
ネジブラック「それがどうした!」
エリー「あなた達には欠けているものがあるわ・・・」
ネジブルー「あ!?」
バート「な、なんだ!?」
カズキ「お、教えろ!」
コーデリア「チームワークです!」
リン「は?」
モリト「も?」
ダブル(フィリップ)「なるほど、検索をかけたところネジレンジャーの一行はあまり仲がよろしくないみたいだ」
プラズマ「じゃあそこを突けば倒せるということかプラプラwwww」
リン「なるほどww」
ネロ「あんたらは人の事笑ってる場合じゃないと思うけど 私らから見ればあんたらもかなりチームワーク低いよ」
リン「ギクッ!!」
シャロ「この戦隊は私達でやります!バートさんたちは他のに加勢してください」
ネジイエロー「し、しかしこっちは一人多いんだぞ!?」
エリー「そ、そういえば・・・・」
ダブル(翔太郎)「それならば問題ねぇ、俺たちが補欠になってやる」
ネジレッド「お前が補欠になったら事実上そっちのほうが多くなるだろ!」
シャロ「いきますよ!」
ネジレッド「話聞けーーーーー!」

ラッキューロ(ギガントキョウリュウジンに搭乗中)「うわぁ、僕も一緒n」
キャンデリラ(ギガントキョウリュウジンに搭乗中)「ダメよ、貴方が大変な目に会ったらどうなるのよ!」
ラッキューロ「ちぇっ」

少衣「そういえば、あなたは何をしにきたの」
セブン13「それはコイツの強化のためさ」
ジャスティスケルベロス「ウガッ」
次子「コイツ何者なのよ・・・」
セブン13「そいつはまぁ秘密だ」
はたて「なーんだ」
セブン13「目的といえばもう一つあるんだが、こないだね、オリスマ大企業がバート達の戦力になるべくクローンの人間を作ったんだ」
少衣「へぇ?それで、どうなったの?」
セブン13「それがね、どっかで何かを間違えたらしく恐ろしく凶暴な者が出来上がってしまってね、大企業はそれを改善する手段が見つかるまで封印しておこうと考えたんだが、封印する直前んにげちゃって、それを見つけて封印をするのも目的だな」
次子「なにやってんのよもう・・・・よりによってそんな面倒な物を」
セブン13「ぶっちゃけもう改善策は見つかっているから後は連れ帰るだけなんだ」
射命丸「へぇ…」

バート「ネジレンはあいつらに任せて 俺らはアイツといくか」
クウガ「とぁ!」
ダグバ「ぐっ…」
ライト「うおりゃ!」
ボコッ
ダグバ「グハッ」
クウガ「ありがと!」
バート「1人でありゃキツイだろ、加勢するぜ」

ハイパーアポロガイスト「い、維持でも結婚を」
電王(クライマックス)「こいつまだ言ってるぜ」
ほむら「ホント懲りないわね」
ハイパーアポロガイスト「お前邪魔するなら殺すのだ!迷惑なのだ!」
まどか「そっちのほうが迷惑なんだけど!」
ザクッ
ハイパーアポロガイスト「ぐおおおおおおおおお!!」
鎧武「うおらぁ!」
ズガァ!!
ハイパーアポロガイスト「ぎゃあ!」

亡霊ヒョーガッキ「お前が俺らの相手か」
レッドライダー「そのとーり!」
なのは「いくよ!」
亡霊ウイルスン「いいだろう!」
亡霊ナガレボーシ「いくぞぉ!」
円堂「俺もそっちに行くぜ!」
フェイト「円堂さん!」
エスカルゴン「わ、私だってやるでGESよ」
カービィ「頼もしい閣下になったもんだねぇ」

亡霊クエスター・オウガ「もう怒ったのだ!!!」
ミケランジェロ「うわあああああ!!!相手が本気出してきたー!!!」
キュアプリンセス「そのまま相手をこっちの方までひきつけて!!」
ミケランジェロ「分かった!!」
亡霊クエスター・オウガ「この憎き亀が!!ぜったい許さん!!!」
ミケランジェロ「そろそろかなー!!?」
キュアプリンセス「よし、ジャスト!!行くよー!!」
ミケランジェロ「では僕は非難!」
サッ
亡霊クエスター・オウガ「え」
キュアプリンセス「勇気の光を聖なる力へ、ラブプリブレス!」
亡霊クエスター・オウガ「あ」
キュアプリンセス「プリキュア・ブルーハッピーシュート!!」
ボカ――――――ン
キュアプリンセス「勇気よ、天に帰れ!」
亡霊クエスター・オウガ「気分的にラブラブラーーブ」
亡霊クエスター・オウガ 撃破
ミケランジェロ「イェーイ!やったね!」

ハイパーアポロガイスト「この際強制的に結婚式を挙げるのだ!!!!ぜったいに!!」
クローズA「クロッ クロっ(おい上!!上を見ろ!!)」
ハイパーアポロガイスト「え?上…って何故かインベスがー!!!」
亡霊初級インベスA「キシャ―!!(どいてえええええええ)」
ズガアアアアアアアアアアン
ハイパーアポロガイスト「いてぇ…誰だコイツを私に向けて投げた奴は」
ラファエロ「おっと悪かったな 俺だ」
ハイパーアポロガイスト「亀に邪魔されるとは…」
ラファエロ「てか人間と結婚しようとするお前がいろいろどうかしてるぜ。コイツはフルボッコじゃすまないな」
ハイパーアポロガイスト「え」

その頃
MEX「向こう側の状況はどうなっている」
カクセンセー「現在押され気味と言ったところか…」
シュレッダー「あのゴーストが勝手なことをしたからだ」
ビトレイアス「黙ってろこの南海ラピートが!!」
シュレッダー「誰が南海ラピートだ!!」
ビトレイアス「サワキちゃーんwww」
シュレッダー「(このゴーストうぜぇ…)」
ナマケルダ「争いごととか面倒ですぞ」
ビトレイアス「やいこのニート!!!見てる暇があるならさっさといけ!!」
カクセンセー「勝手な命令をするな。次勝手にやればミュータンジェンにをお前にぶっかけまくるぞ」
MEX「そしていろんな実験に使わせるからな」
ビトレイアス「……」

ハイパーアポロガイスト「何故私が亀やオレンジとか兵器使う女子などにやられなきゃいけないのだ!!私はただその子女と結婚して家立ててそしt」
ラファエロ「ただの自己満足だな。ストレス発散だ!!みな!!フルボッコだ!!」
鎧武「おうよ!!」
ほむら「分かったわ」
ラファエロ「フルボッコタイム!!!」
キハ391系「しばらくお待ちください…」
ハイパーアポロガイスト「」
ラファエロ「ついに反応しなくなったwwwww」

ロボニャン「次の標的はお前だ」
亡霊ン・ダグバ・ゼバ「うぇ」
ロボニャン「何人戦闘員を呼んでもいいぞ」
亡霊ン・ダグバ・ゼバ「とりあえずクローズ30体とインベス10体ほどチョイ来い!!」
亡霊初級インベス軍団「キシャ―!!」
クローズ達「クロッ!!クロッ!!」
ロボニャン「これぐらいなら楽しめそうだ」

レオナルド「てやあっ!!」
バギッグサッ
亡霊初級インベス1体他界
205系「そーれひくぞー」
ズガガガガガガッ!!!!
ブラッドスイカアームズ4体ほど撃破

グリドン(ブラッドマツボックリ)「くそう、良い所を見せられなかったぜ!!」
亡霊初瀬黒影「城之内!」
グリドン「その声ってもしかして、初瀬ちゃん!?」
亡霊初瀬黒影「そうだ!」
グリドン「あいたかったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!(感動)」ウルウル
亡霊初瀬黒影「おい、俺はお前の恋人じゃないぞ!」
キュアプリンセス「あの二人何やってるんだろ?」
ミケランジェロ「さぁ?」
亡霊歌舞鬼「お前等、覚悟はいいか!」
亡霊初瀬黒影「ヤバイ、狙われた!」
斬鬼「はっ!」ガキン
亡霊歌舞鬼「くっ、斬鬼め! 邪魔をするな!!」
斬鬼「歌舞鬼、また俺達の敵になったのかよ」
亡霊歌舞鬼「それの何が悪いんだ!!」
グリドン「何なんだかよくわからんが、俺達も協力するか!」
亡霊初瀬黒影「おう!」
ジャキーン (ブラッド)マツボックリスカァッシュ!!
グリドン「ブラッド影縫い突き!!」
亡霊初瀬黒影「はぁっ!!」
ズガン
亡霊歌舞鬼「ぐはっ!」
斬鬼「お、お前達も手伝ってくれるのか」
グリドン「当然さ」

亡霊ダグバ「もっと僕を笑顔にしてよ」
クウガ「くっ…やはり強い!」
バート「ロボニャン!ほかに何かあるのか?」
ロボニャン「あるぞ!アタックファンクションスティンガーミサイル!」
ズドドドドドドドドーーーーーーーーーーーン!!
亡霊ダグバ「ハッ!」
ドガガガガガァーン!
ロボニャン「くそっならばアタックファンクションJETストライカー!」
ドビューーーーーーーン!
バート「どんな変型だよ!」
亡霊ダグバ「ハァ!」
ズボボボボボボボボボ
ロボニャン「熱い!!」
ライト「おいおい…なんか雲行き怪しいぞ」

シャロ「いくよ!」
ネジレッド「おおおおおお!」
ネロ「ハァ!」
ドゴッ
ネジイエロー「どわ!!」
ドッ
ネジブルー「何をする!」
ネジイエロー「吹っ飛んで当たっただけだ!!」
コーデリア「さっそく乱れてますね・・・」
ネジブラック「おおおおおおおお!」
サッ
コーデリア「五感を強化してますから、それくらいよけれますよ」
ネジブラック「くっ・・・」
ダブル(翔太郎)「オラァ!」
バキィ!
ネジブラック「ぐわぁ!!」

亡霊ハイパーアポロガイスト「我は、この世で最も迷惑な存在なのだ!!」
電王(クライマックス)「開き直りやがった…」
ディケイド「コイツは元々こんなんだ」
まどか「は、早いとこと止め刺しましょうよ気持ち悪い…」
鎧武(極)「そだな…」ガチャ!ガチャ!ガチャ![火縄大橙DJ銃! 無双セイバー! 大橙丸!]
亡霊ハイパーアポロガイスト「ちょ、それは・・・」
鎧武(極)「火縄大橙DJ銃大剣ナギナタモードだぁ!!」
ほむら「大体の人やるわよねそれ」
亡霊アポロガイスト「オイ待て!」
まどか「じゃあね」バキューン!
鎧武(極)「セイハーーーーー!!」ブオオオオオオォォォォン!
ズガァ!!ズガァ!!
亡霊ハイパーアポロガイスト「ぎゃあああああああ!!」
ほむら「ついでにダメ押し」ドゴォーーーーーーーーン!
ハイパーアポロガイスト他界
裕也鎧武「やったな鉱汰!」
鎧武(極)「なんともよくわからん奴だった」

ロボニャン「なら、これでどうだ!!ラスターカノン!!!」
バート「ポケモンの技かよ!!」
ドカ――ン
ロボニャン「どうだ。これなら相手は相当ダメージを食らって…」
亡霊ダグバ「ん?あぁ、特に何ともくらってないよwwwてかクローズ2匹でガードしたww」
ロボニャン「工エエェェ(´д`)ェェエエ工工」

ミケランジェロ「ブヤカシャー!!」
バゴッ
亡霊歌舞鬼「ぐはっ」
キュアプリンセス「おりゃりゃりゃりゃりゃりゃりゃ!!!!!」
ボカボカボカボカボカボカボカ
亡霊歌舞鬼「この女もしつこい!!」
ミケランジェロ「足元がお留守だよー!!」
ズガッ
亡霊歌舞鬼「ぬおっ!?」
バタン
ミケランジェロ「いやー気持ちいいwwww」
亡霊歌舞鬼「ぐぬぬ…」

209系RIN「ちと俺の新兵器出すかwww」
亡霊初級インベス「???」
209系RIN「行くぜ!!新兵器!!E233系だッ!!!!」
バゴ―――――ン!!!!
亡霊初級インベス、ショッカー戦闘員、ダンデライナー軍団、チューリップホッパー軍団 半数が下敷きになって撃破
209系RIN「どーよwwwww」
キハ391系(ナレーター)「さっきの技の説明。どっからともなくE233系を出して敵を圧殺する技。車両は故意に変更が可能である。ちなみに元ネタはDIOです」

209系RIN「うっはwwww楽しいwwww」
クローズ達「…(やべぇ…逃げよう)」
209系RIN「逃げても無駄無駄ァ!!E233系だッ!!!!」
バゴ―――――ン!!!!
クローズ約40体、ダンデライナー軍団、チューリップホッパー軍団、半数が下敷きになって撃破(チューリップホッパー軍団全滅)

亡霊ダグバ「もっともっと僕を笑顔にしてよ ん?」
ロボニャン「(やばい…対して使えそうな技が無い…)」
バート「(コイツ大丈夫か…)」

両津「こうなったらワシの奥義を見せてやる!」【ロケット花火打ち上げ】
ドカ――ン
クローズ(クライナーロボ操縦)「クロッ!?」
両津「おー喰らってる喰らってる。次は特大花火だ!!」
ボボボボボボノカーーーーーン
クライナーロボ1体撃破
モリト「あの警官花火で巨大ロボ1体倒しやがったモー!!」
リン「恐ろしいリン!」
へーベル君「ハーイ」

両津「花火ごときで倒せるとはなwwwようし、暴発だ!!!」
ヒューンバゴンドドドカーーーーン
リン「こっちにも花火がアアアアア!!!!!!」
亡霊バッカス・ギル「地上に花火が落ちてきたああああああ!!▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわああああああああああああ」
亡霊ダグバ「あちいいいいいいい!!!!!!!」
亡霊歌舞鬼「花火ィィィィィィィィ!!!!!」
その他敵ども「うぎゃああああああああああ!!!!!」
巨大ブラッドスイカアームズ2体、クライナーロボ3体、クローズ約20体、ブラッドスイカアームズ約10体撃破 亡霊コロンビア人全滅
両津「ちと火力間違えたかなw」
モリト「まったく危なかったモー!!」
リン「巻き添えにする気かリーン!!」
両津「あぁすまん」

亡霊ダグバ「さっきの花火のせいでいろいろダメージくらったわ…」
ロボニャン「隙アリ!!」【ロケットパンチ】
ズガッ
亡霊ダグバ「ぐはっ いきなり何を」
ロボニャン「お前を笑顔にさせてやる 私の技でな」
亡霊ダグバ「ほーうwwwwwやってみろwwww」

亡霊歌舞鬼「花火のせいでいろいろと…」
ミケランジェロ「花火の次は僕とあそぶ番だよ!!!」
バゴッ
亡霊歌舞鬼「ぐはっ」

ロボニャン「(とは言ったものの、何をやれば…)」
亡霊ダグバ「やっぱ口だけだねwww」
209系RIN「「と後ろからドーーーン!!!」
バゴ―――――ン!!!!
亡霊ダグバ「ぐおおおおおお!!!!? 誰だよ空から鉄の塊投げたのは!!!!」
209系RIN「今何と」
亡霊ダグバ「鉄の塊だと」
209系RIN「電車だよ。しかもE233」
亡霊ダグバ「ナニソレオイシイノ」
209系RIN「……んじゃ教えてやるよ 物理で」
亡霊ダグバ「え」
209系RIN「フルボッコ★タイム!!!」
キハ391系「しばらくお待ちください」
亡霊ダグバ「」
209系RIN「ついに反応しなくなったので適当に投げよ」
ポーン
両津「おっ いい感じに敵が飛んできた。よし!」【花火着火】
ヒューーーーーーーン ドガ―――――――――――ン
亡霊ダグバ 撃破
ロボニャン「(何とか助かった…)」

モリト「ん、あんな所に僕にとって嫌な敵がいるモー!」
亡霊ジンチェ「(やべ、見つかった)」
モリト「スーパーウルトr(ry」
亡霊ジンチェ「(やべ、逃げよ)」
ガシッ
デビモリト&リン「逃がすか(リ、イン)!」
モリト「モリト君パーンチ!」
ズガン
亡霊ジンチェ「」
ヒューーーーーーーーーー
亡霊ジンチェ 空の彼方へ(?)

ヒラヒラヒラ
リン「あ、あいつもカードになったリ、イン!」
デビモリト「ったく、この世界はどうなってるんだ!?」

斬鬼「お前達、ちょっとこっちこい」
グリドン&亡霊初瀬黒影「ん?」
ミケランジェロ「行くよぉ!!」
シュン バゴッ シュン バゴッ シュン バゴッ
亡霊歌舞鬼「ぐはっ!」
斬鬼「これを使ってくれ」
グリドン&亡霊初瀬黒影「こ、これは!?」
ミケランジェロ「気持ちいねぇ」
亡霊歌舞鬼「こっちは気分悪いわ!!」
キュアプリンセス「えいっ!!」
ズガン
亡霊歌舞鬼「ぐはっ!」
チャキッ ロォックオォン!
ジャキーン カモーン!(ソイヤー!)
斬鬼アームズ! 雷電・御免!!
轟鬼アームズ! 雷激・御免!!
グリドン(斬鬼アームズ)&亡霊初瀬黒影(轟鬼アームズ)「うおおおおおおおおおおおおおお!!」
ザクザクザクッ
亡霊歌舞鬼「な、何だ!?」
斬鬼「行くぞ!!」
グリドン&亡霊初瀬黒影「おう!!」
ライダー3人「音撃斬・雷電斬(激)震!!」
演奏中
亡霊歌舞鬼「お前等絶対に許さないからなああああああああああああああああああああああああああああああ!!▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーーーン
亡霊歌舞鬼爆死

ミケランジェロ「イェーイ! やったね!」
グリドン「やったね初瀬ちゃん!」
斬鬼「すまねぇ歌舞鬼……」

亡霊デーボ・バーカンス「お前らを怠けさせてやる!!」
つばさ「お前なんか数秒で倒してやるぜ!」
亡霊デーボ・バーカンス「これでもくらえ―!」【ホリデービーム】
つばさ「あぁ~何か一生車庫で寝てたい気分に…」
ミケランジェロ「あのビーム恐ろしい!!」
亡霊デーボ・バーカンス「全員怠けろ~」
キュアプリンセス「だったらこれで!!」
「カワルンルン! プリキュア!くるりんミラーチェンジ!マカダミアフラダンス!」
キュアプリンセス(MH)「プリキュア・ハワイアンアロハロエ!!」
♪~♪~(フラダンスの曲)
クローズ達「クロー(あぁ~気持ちい~)」
亡霊デーボ・バーカンス「あ~え~」
亡霊アンドリュー・オイッコニー(バクレンオーに搭乗中)「あ~なんだかいい気分~」
バート「あーえー」
ミケランジェロ「あ~え~」
グリドン「あ~え~」
キュアラブリー「あ~え~」
敵全員と味方の大半(一部除く)踊る
E4パワー「なんだコレ…」
209系RIN「俺とE4は効いてねーなw他効いてない奴いるか?」
へーベル君「ハーイ」
209系RIN「んーと……他にも数人いるな」
へーベル君「ハーイ」
E4パワー「…」

敵戦闘員たち「あ~え~」
209系RIN「よし、今なら潰せるな」
E4パワー「うむ」
209系RIN「行くぜ!!アルティメットギャリックサンダー!!!!」
E4パワー「ライトニング・バッファロー!!」
ドカアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン
ブラッドスイカアームズ軍団 3体残して全員撃破

トッキュウ6号(ビルドダイオーに搭乗中)「敵がなんか踊ってるな。これはチャンスだ」
亡霊アンドリュー・オイッコニー(バクレンオーに搭乗中)「あ~え~」
クローズ(クライナーロボに搭乗)「ク~ロ~(あ~え~)」
トッキュウ6号(ビルドダイオーに搭乗中)「ビルドダイオーバケットブレイク!!!」
ドカアアアアアアアアアアアン
近くにいたクライナーロボ1体撃破
亡霊アンドリュー・オイッコニー(バクレンオーに搭乗中)「ぬおっ!?踊りすぎてて戦いのこと忘れてた…w」

キュアプリンセス(MH)「あ~え~」
キュアラブリー「あ~え~」
キュアハニー「あ~え~」
モリト「あ~え~」
リン「フラフラダンスだリ~ン」
E4パワー「まだ…踊ってた…」

209系RIN「いい加減目覚めろや!!」
バシィ×∞
バート「マ!」
デキット「カ!」
ロボニャン「ダ!」
シャロ「ミ!」
つばさ「ア!」
ウエスト「フ!」
キュアラブリー「ラ!」
モリト「ダ!」
リン「ン!」
両津「ス!」
鎧武「うおっ!?」
209系RIN「目覚めたかー?」
つばさ「なんとかな」
ウエスト「巨大戦の方も何か踊っている人いるけどあれはどうするの」
209系RIN「トッキュウ6号が何とかしてくれるさ(適当)」
クローズ達「ク~ロ~」
205系「敵が踊ってる隙に倒す(棒読み)」
ズガァ!!!!
踊っていたクローズ10体 轢かれて他界

その頃
ビトレイアス「なんだったんだあの洗脳フラダンスは!!!」
MEX「対抗策を打たないといけませんねぇ」

魔理沙(ゲンソーオーに搭乗中)「お前等、そろそろデカ物どもを片付けようぜ!!」
他の巨大戦力者達「おう!!」
亡霊キングダーム「おのれ貴様等、調子に乗るな!!」
亡霊オイッコニー「行け、クローズ! ブラッドスイカアームズ!!」
クローズ(クライナーロボに搭乗中)「クロッ!!」
ゾルダ(カラミティガンダムに登場中)「クライナーロボ軍団は俺と魔理沙と早苗で引き受ける、戦隊はバクレンオーを倒せ!!」
トッキュウ1号「わかった」
ゲキブルー(ゲキトージャに搭乗中)「スイカアームズは俺達が引き受けるぜ」
ビクトリー「デュワッ!(助かるぞ)」
亡霊ガメズール「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」
東条の声「みんな、行くぞ!」
梓&半田&ネオス&21「おう!」
東条の声「ネオマグニウム光線!!」
セブン21「レジア・ショット!!」
ビイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ
亡霊ガメズール「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂」
ドカドカドカドカアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン
半田の声「メズール、ガメル、お前達の事はたぶん忘れない」
亡霊ガメズール爆死

亡霊デーボ・バーカンス「もう一度怠けさせてやる!!」
つばさ「同じ手は通用しないぜ!!ライトニング・ウィング!!!」
ドカーーーーーン
亡霊デーボ・バーカンス「あ~~。夏の終わり……」
亡霊デーボ・バーカンス撃破
つばさ「よし!」

両津「ワシは巨大ロボに向かって花火で集中攻撃するぞ!!」
マミ「私も手伝うわ」
両津「おう!ありがとな」
マミ「一気に片づけるわよ!!」【ボンバルダメント】
両津「花火連続発射ァ!!!」
ドカ――ンボカ―――ンバゴ――ン
亡霊オイッコニー「ぐおっ!?下の方で約2人が私に向かって攻撃してやがる…」
トッキュウ6号(ビルドダイオーに搭乗中)「よし!!隙だらけだ!ビルドダイオーバケットブレイク!!!」
ドカアアアアアアアアアアアン
亡霊オイッコニー「ぐぬっ…」

209系RIN「次はクローズを無双しまくろうwwww」
クローズ達「クロッ!!クロッ!!」
209系RIN「集団できたか…だが無意味だッ!!!」【E231系を投げる】
バゴ―――ン!!!!
クローズ達20体他界
209系RIN「おーwwww一気に20体www」
ロボニャン「ロケットパンチ!」
ドガッ!!
ブラッドスイカアームズ1体他界

W(翔太郎)「よし、メモリチェンジだ!!」
サッ
W(フィリップ)「何故ファングが翔太郎の手元に!?」
W(翔太郎)「細かいことは気にするな」
キュイーン ブワアアアアアン
メモリ「ファング、メタァルゥ!!」
変身音
WFM(フィリップ)「ちょっと翔太郎!? ファングはジョーカーじゃないと制御できないんじゃなかったの!?」
WFM(翔太郎)「安心しろフィリップ、このメモリはファングの力を制御出来るように改善されたメモリだ」
WFM(フィリップ)「わかった、暴走しない事を信じるよ」
ネジレッド「喰らいやがれ!!」
WFM「はぁっ!!」
ドガッ
ネジレッド「ぐっ、威力が増大しているだと……!?」

鎧武「さぁて、次は誰を相手にs」
ペロペロ
鎧武「なんなんだよ!?」クルッ
影愚痴「エッヘッヘッヘッヘッヘッヘッヘッ」
鎧武「な、なんだこの怪物は!?」
メテオ「俺も知らない怪物だな……」
亡霊シャドームーン(月影)「これは私が呼びだした妖怪、影愚痴です」
ディケイド「お前が呼びだしたのか!」

影愚痴「エッヘッヘッヘッヘッヘッヘッヘッ」
ラファエロ「なんだコイツ」
影愚痴「ヘッヘッヘッヘッヘッヘッヘッ」
ラファエロ「コイツ喋らねぇな」
パックマン「コレクッテモイイカナ?」
ラファエロ「やめとけ」

キュアラブリー「ラブリービーム!!」
ズドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン
クローズ23体他界
ロボニャン「ロケットパンチ!」
ズガッ
ショッカー2体他界

両津「花火の次はこれだ!!」
マミ「何それ?」
両津「ベーゴマ」
マミ「そんなんで倒せるの?」
両津「まぁ見とけ!!」
ポイッ
両津「よしこの大きさで倒す!!」
亡霊オイッコニー「すごく…大きいです」
クローズ(クライナーロボに搭乗)「クロッ…(でかいでかいwww)」
亡霊キングダーク「変な発言をするな!!」
両津「そーれ突撃」
ドドドドドドドド バゴオオオオオオオオオオオオン
亡霊オイッコニー「うわあああああああああああああああああああああ」
亡霊キングダーク「回るううううううううううう」
クローズ(クライナーロボに搭乗)「!?!?!??!?!!?(目があああああqwせdrftgyふじk)」
クライナーロボ3体撃破
両津「どうよ」
マミ「すごすぎ…」

ゾルダ(カラミティガンダムに搭乗中)「だったら俺も負けてられないな」
バイザー「ファイナルベント!」
[エンド・オブ・ワールド]
クローズ(クライナーロボに搭乗中)「クロッ!?」
ドッカーーーーーーーーーーーン
クライナーロボ軍団全滅
ゾルダ「見たか両津」
両津「ぐむぅ……」

スーパーゲキレンジャー3人「ゲキワザ、ガンガンナックル落とし!! 」
ドガンドガンドガンドガンドガンドガンドガンドガン
ドッカーーーーーーーーーーーーン
巨大ブラッドスイカアームズ全滅

亡霊キングダーク「いかん、部下がやられおった!」
トッキュウジャー6人「乗車完了! 超超トッキュウダイオー!!」
亡霊オイッコニー「しかも合体しやがったぞ!」
グレート「そんじゃお前ら行くぞー」
タロウの声「ウルトラマンタロウの力よ! ネオストリウム光線!!」
ギンガ「ジュワッ!!」
グレート「バーニングプラズマ!!」
トッキュウジャー6人「超超トッキュウダイオー、イマジネーションエクスプレス!!」
亡霊キングダーク「おのれええええええええええええええええええ▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
亡霊オイッコニー「アンドルフおじさあああああああああああああ▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
亡霊バクレンオー「ギャオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーーーーーーン
亡霊キングダーク、亡霊バクレンオー、亡霊オイッコニー爆死

斬月・真「そろそろ終わりにしてやろう」
ロックシード「メロンエナジー!!」[ソニックボレー]
管理人ルーク「ぐああああああああああああああああああああああ▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーーーーーーン
管理人ルーク爆死

カイザ「邪魔なんだよ木場!!」
エクシードチャージ!![ゴルドスマッシュ]
ズギュ
亡霊オーガ「草加ァ……!!」
エクシードチャージ!!
ファイズ&デルタ「はぁっ!!」[クリムゾンスマッシュ&ルシファーズハンマー]
ズギュ
亡霊オーガ「ぐっ、このままでは……」
カイザ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」
亡霊オーガ「草加アアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーーーーーーン
亡霊オーガ(亡霊木場勇治)爆死

亡霊コーカサス「貴方達に勝ち目はないのです」
紬「くっ……」
ウィザード(フレイムドラゴン)「六花、ラケルを貸してくれ」
キュアダイヤモンド「う、うん……」
ラケル「ど、どうするんだケル!?」
ウィザード「こうするのさ」
ドライバー「コピー、プリーズ! コピー、プリーズ!」
ラケルA「僕が増えたケル!?」
ウィザード「ムギ、ジャンヌ、このラケルを使ってラブリンクしろ」ポイッ
紬&ジャンヌ「はいっ!」
ラケルB&C「気安く投げるなケル!!」
トン
紬&ジャンヌ「プリキュア、ラブリンク!!」
ラケルB&C「L・O・V・E!!」
変身中
紬ダイヤモンド&ジャンヌダイヤモンド「英知の光、キュアダイヤモンド!!」
ラケルD「解せぬケル」
キュアダイヤモンド3人「プリキュア、ダイヤモンドブリザード!!」
亡霊コーカサス「ぐっ……」カキーン
亡霊スピンホッパー「なんで俺まで……」カキーン
亡霊コヨミ白い魔法使い「晴人、後は私が処理するわ」
ウィザード「頼んだぜコヨミ」
ドライバー「エクスプロージョン、ナウ!」
ドッカーーーーーーーーーーーーン
亡霊コーカサス&亡霊スピンホッパー(亡霊フィロキセラワーム)爆死
亡霊ひよりシシーラワーム「やった…!」

レッドワン(ライド)「ファイアーソード!」
亡霊バッカス・ギル「ぐっ……」
ディエンド「そろそろ終わりにしようか」
ファイナルアタックライドゥ、ディディディディエェンド!!
レッドワン(ライド)「ぬお!?」
亡霊バッカス・ギル「何!?」
[ディメンションシュート]
ビイイイイイイイイイイイイイイイ
亡霊バッカス・ギル「ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」
ディエンド「もう君に用はないよ」
亡霊バッカス・ギル「結局叔父貴の敵を打てなかったのか……」バタン
ドッカーーーーーーーーーーーーーーーーン
亡霊バッカス・ギル爆死

ロボニャン「ロケットパンチ!!」
ズガア
ショッカー1体他界
ドナテロ「フォワチャー!!」
バゴッ
初級インベス3体他界
209系RIN「どいてろw一瞬で消し去るww」
ロボニャン「まさか…」
209系RIN「いくぜー!!!E233系だッ!!」
バゴオオオオオオオオン
クローズ達10体残して皆他界
209系RIN「楽しいww」

リン「気合い玉!!」
ドカ――――ン!!」
亡霊武神黒影トルーパー5体撃破
E4パワー「ライトニング・バッファロー!!」
ドカアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン
ブラッドスイカアームズ1体、クローズ5体、亡霊武神黒影トルーパー35体撃破

クローズA(ダンデライナー搭乗中)「クロッ!!クロッ!!(お前らを空から攻撃するわw)」
モリト「こいつら変な機械に乗っててうっとしいモー!!」
ラファエロ「だったらその機械ぶっ壊して戦闘員をフルボッコだ!!」
ピョン[ダンデライナーに無理矢理乗っかる)
クローズA(ダンデライナー搭乗中)「!?(おまwwww亀がwww)」
ラファエロ「お前らの攻撃場所はこっちだあああああああああ!!!!!」
クローズA(ダンデライナー搭乗中)「(おいまてwwそんなことしたらwww)」
ラファエロ「あらよっと!!(ダンデライナーから飛び降りる)」
クローズA(ダンデライナー搭乗中)「(暴走してとまんね――wwww)」
ボガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン
ダンデライナー軍団13体(突っ込んだ奴も含む)撃破
ラファエロ「どうよ」

亡霊月影シャドームーン「影愚痴、やりなさい!」
影愚痴「エッヘッヘー、お前等まとめて食ってやる!!」
ロックシード「キウイ撃輪!」
鎧武(極)「させるかーっ!」
ジャキンジャキン
影愚痴「ぐえっ」
ロックシード「ドリノコ!」
鎧武「セイハアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!」[ドリノコぶっ刺し]
グサッ
影愚痴「目がああああああ、目がああああああああああああああああああああああああああああああ!!」
ドッカーーーーーーーーーーーーン
影愚痴爆死
亡霊月影シャドームーン「影愚痴が!!」

ネジレッド「おい!なんでこんなのに追い詰められてるんだよ!」
ネジブルー「うるせぇ!!」
コーデリア「チームワークが乱れてますね」
ネジイエロー「おのれ!」
ネロ「おおっと!」
ドゴォ!!
ネジブラック「いでぇ!!てめぇなにしやがる!!」
ネジピンク「喧嘩してる場合じゃ!」
ネジブルー「おらぁ!」
ガッ!!
コーデリア「効きませんよ、ハッ」
ポイッ
ネジピンク「あああああああああああ!!」
ドスッ
ネジブルー「いでぇ!!俺の上に落ちてくるな」
ネジピンク「いや、私のせいじゃ!なんであんなすごい力が」
W(FM)「コイツで止めだ!」
[ファング!トリガー!!変身音]
ネジレッド「くそ!さっさと逃げ・・・ってうごけねぇぞ!」
シャロ「私のサイコキネシスです」
W(FT)「トリガーファングストライク!」
ドゴォ-ーーーーーーーーーン!!
ズガガガガガガガガガガガガガガガガガ
ネジレッド「ぬうおおおおおおおお!!」
ネジブラック「銃弾に串刺しにされたぁ!?」
ドガァーーーーーーーーーン!!
ネジレンジャー爆死
W(FT)「おっしゃ」
シャロ「やった!」

ナックル(スイカアームズ)「今だ!!」
シュゥン…
ナックル(ブランク)「あ、時間切れでアームズが消えちゃった!」
亡霊クエスター・ガイ「今がチャンスだ!!」
ズガン
ナックル「うわっ!」
亡霊クエスター・ガイ「おい、さっきの勢いはどこへ行ったんだ?」
ナックル「くっ……」
黒影・真「ザックーーーーーーーーーー!!」
ザクッ
亡霊クエスター・ガイ「ぐあっ!!」
黒影・真「大丈夫か!?」
ナックル「ペコ! 今俺はアームズが無いからちょっと奴の相手をしてくれ」
黒影・真「おう!」
亡霊クエスター・ガイ「チッ、邪魔者が増えたか……」
黒影・真「はぁっ!!」
ザクッ
亡霊クエスター・ガイ「ぐおっ!」
ジャキーン ギュイイイイイイイイン!!
クルミアームズ!! ミスタァー・ナックルマーン!!
ナックル「とどめだ!!」
ジャキジャキーン クルミオーレ!
ズガン
亡霊クエスター・ガイ「ぐおっ!?」
グイ マツボックリエナジースカッシュ!!
黒影・真「これで終わりだ!!」
ザシュッ
亡霊クエスター・ガイ「お前等ごときにこの俺が……ぐああああああああああああああああああああああ▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーーーーーン
亡霊クエスター・ガイ爆死
ナックル「やったなペコ!」
黒影・真「やったぜ!!」

バロン(レモンエナジーアームズ)「弱者は消える運命だ!」
マリカ「同じく」
レモン(ピーチ)エナジー!!
バキュン ズガン
亡霊クエスター・レイ「返り討ちも倍返し出来ねぇだなんて……」
ドッカーーーーーーーーーーーン
亡霊クエスター・レイ爆死

デキット&ジケン「行くぞ!」[ボイスクラッシャー&ボイスブレイク]
デキット&ジケン「意義あり!」
ジケン「意義あり!」
デキット「待った!」
ジケン「意義あり!」
デキット&ジケン「喰らえ!」
ドッカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン
亡霊ショッカー戦闘員軍団全滅

デキット「やるなジケン」
ジケン「お前もな」

ロボニャン「残ってるブラッドスイカアームズは私が倒そう。アタックファンクションスティンガーミサイル!」
ズドドドドドドドドーーーーーーーーーン
ブラッドスイカアームズ残りの1体撃破

つばさ「よしこの黒い奴が乗ってる変なのりもの軍団潰そうぜ」
のぞみ隊長「よし、一斉攻撃で落とすぞ!」
ウエスト「分かりました!のぞみ隊長!」
のぞみ隊長「ライトニング・ライキング!!」
つばさ「ライトニング・ウイング!!」
E4パワー「ライトニング・バッファロー!!」
ウエスト「ライトニング・バード!!」
ズガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!
ダンデライナー軍団全滅
地上にいるクローズ達「クロッ(やっべw次標的にされるwww)」
ウエスト「逃がすか!ライトニング・フェニックス!!」
ズガアアアアアアアアアアン
クローズ達「クローーーーーーッ!!!!!!{ギャアアアアアアアアアアアアアアアア)」
クローズ全滅

キュアラブリー「ラブリーライジングソード!!」
ガシッ(つかむ音)
キュアラブリー「おりゃあああああああああ!!!!!!!」
亡霊武神黒影トルーパーA「ちょwwwwこっちに向かってくる!!!!」
亡霊武神黒影トルーパーB「速えぇ」
キュアラブリー「そ―――れっ!!!」
ジャキーン!ズバズバズバズバズバズバズババゴーン!!
亡霊武神黒影トルーパー25体、初級インベス5体残して撃破

ディケイド(CF)「そろそろ決着をつけるか、行くぞ弦太郎!」
フォーゼ(コズミックステイツ)「はい、ディケイド先輩!!」
ドライバー「ファイナルアタックフォームライドゥ、フォフォフォフォーゼェ!!」
亡霊月影シャドームーン「士、貴方いつの間にこんなカードを!?」
フォーゼ(コズミックステイツ)「ライダー、超銀河フィニィッシュ!!」
ディケイド(CF)「はぁっ!」[ライダー超銀河フィニッシュ]
亡霊月影シャドームーン「ぬああああああああああああああああああああああああああああああ▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーン
亡霊月影シャドームーン爆死

ロボニャン「余ってる戦闘員は私たちで倒すぞ!」
つばさ「いいぜ!」
キュアハート「分かった!」
209系RIN「あぁいいぜ」
レオナルド「俺も参加させてもらうぜ!」
ロボニャン「よし、一斉攻撃開始!」
つばさ「ライトニング・ウィング!!」
キュアハート「プリキュア・ハートシュート!!」
209系RIN「アルティメットギャリックサンダー!!!!」
ロボニャン「アタックファンクションスティンガーミサイル!」
亡霊武神黒影トルーパーA「やべぇ!一斉攻撃が!!」
レオナルド「上からお見舞いだ―――!!!!」
亡霊武神黒影トルーパーA「無理だあああああああああああ」
ドカアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン
亡霊武神黒影トルーパー、初級インベス全滅

ロボニャン「残ってる敵はクエスター・ゼツメイツとクエスター・ヒョウガのようだな」
205系「残りの2体と戦ってる奴に戦力を集中だ!!!」
へーベル君「ハーイ」
ラファエロ「んじゃ俺はどっちもやる」
189系「手分けしてやった方が良いね」
のぞみ隊長「それもそうだな」

その頃
MEX「向こう側の状況はどうなっている」
カクセンセー「そろそろやばい展開だ…」
ばいきんまん「どうするよ」
カクセンセー「3+67000×VVVFインバータ制御=、増員だ」
シュレッダー「増員はもういいだろう。次のバトルに備えて新たな敵を用意した方が良い」
カクセンセー「それもそうだな」
ばいきんまん「例のあの件はどうなったのだ?」
シュレッダー「あの件とは?」
ばいきんまん「どっかの墓場にある封印されているキュア何ちゃらを解放させて闇落ちさせると言う作戦は」
シュレッダー「それは後でもよいだろう」

キュアラブリー「ん、周りが騒がしいね」
ブラーボ「そんな事より早く奴を片付けるわよ!!」
ジャキジャキン、ギュイーーーーーーーン!! ドリアン、オーレェ!!
ブラーボ「フンッ!!」[巨大ドリアッシュ]
バゴッ
亡霊クエスター・ヒョウガ「ぐおっ!?」ヒューーーーーーーーーーン
ブラーボ「さぁ貴方達、奴をやっておしまい!!」
キュアハニー「イエーイ!」
亡霊クエスター・ヒョウガ「うお、何だこの大きいエネルギーは!?」
キュアラブリー「ラブリーハートスタァンプ!!」
キュアハニー「スパークリングバトンアタック!!」
亡霊クエスター・ヒョウガ「げっ、もう一つ大きいエネルギーgぐああああああああああああああああああああああああああああああ▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
キュアラブリー&キュアハニー「愛(命)よ、天に帰れ!!」
ドッカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン
亡霊クエスター・ヒョウガ爆死

ロボニャン「後はゼツメイツの3人組(笑)だな」
亡霊ヒョーガッキ「後ろに笑付けるな!!」
亡霊ウイルスン「この猫フルボッコにするか?」
ロボニャン「私は未来から来たネコ型ロボットだ!そん所そこらのネコと一緒にするな!」
亡霊ナガレボーシ「それどこのドラ○もんだよ」
ロボニャン「私は空を飛んだり自由時際に変形できるんだぞ!!」
亡霊ヒョーガッキ「で?」
亡霊ウイルスン「で?」
亡霊ナガレボーシ「で?」
ロボニャン「……」
209系RIN「話してることろ悪いけど後ろから攻撃!!」
ズババババッ!!1
ゼツメイツ3人「ぬおっ!?」
亡霊ウイルスン「後ろから不意打ちしやがって!!」
209系RIN「気づかなかったお前らが悪い」
亡霊ヒョーガッキ「あ…確かに」
亡霊ナガレボーシ「そこは反省だn」
キュアプリンセス「プリンセスカッター!!」
ドカ―――ン
ゼツメイツ3人「また後ろから攻撃された―!!!!」

亡霊クエスター・ヒョーガッキ「こうなったら、貴様から先にぶちのめすのみだ!」
エスカルゴン「アゲェェェェェェェェェェェェェ!?」
亡霊クエスター・ヒョーガッキ「行くぞォ!!」
なのは「少し、頭冷やそうか」
亡霊クエスター・ヒョーガッキ「あ?」
なのは「スターライトブレイカー!!」
亡霊クエスター・ヒョーガッキ「弱い奴を狙おうと思ったら強い奴に狙われたあああああああああああああああああああ▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーーーーーン
亡霊クエスター・ヒョーガッキ爆死

レッドライダー「レッドライダーキーック!!」
ズガン
ボウレイクエスター・ウイルスン「ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーーーーーン
亡霊クエスター・ウイルスン爆死

亡霊クエスター・ナガレボーシ「ヤバイ、他の二人が絶滅した!!」
バート「後はお前だけだ!!」
亡霊クエスター・ナガレボーシ「んが!?」
バート&円堂&フェイト「デス、ゾーン!! 3!!」
ズガン
亡霊クエスター・ナガレボーシ「これで俺達援軍も絶滅かあああああああああああああああああああああ▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン
亡霊クエスター・ナガレボーシ爆死

バート「このまま先を急ごう!!」
リン「あぁ、カードカード!」

コマじろう「この後どうするズラ?」
コマさん「んー」
キュアフォーチュン「そうよね…」
コマさん「ん、なんか向こうに人がいっぱいいるズラ」
コマじろう「行ってみるズラ!!」

バート「ん?なんかいるな」
キュアラブリー「あ!フォーチュン!!」
キュアフォーチュン「ラブリー!てかなんでここに?」
キュアラブリー「まぁいろいろあってね…」
ロボニャン「簡単に言うと」
(解説中)
キュアフォーチュン「なるほどね」
コマさん「まったくわからんズラ」
コマじろう「難しいズラ」
キュアプリンセス「てかこの2匹何?」
コマさん「おらコマさん。こっちがコマじろう」
コマじろう「よろしくズラ」
バート「よろー」
つばさ「てか思ったんたがお前がこいつらの仲間なら俺らと共に行動するのはどうだ?」
キュアフォーチュン「それのほうがいいわね」
コマさん「おらもついていくズラ」
コマじろう「兄ちゃんが行くならこっちも」

その頃
エクセラー「ムッシュボルスト、今からブラッチャー3人とばいきん野郎と一緒にプリキュア墓場に行ってください。そして封印されているキュアテンダーを復活させてるのです」
ボルスト「おいおい、プリキュアを復活させたら不利になるだろ」
エクセラー「誰がそのまま復活させると言ったんですかぁ?奴をそのまま洗脳させてキュアテンダー・闇にさせるのです。と言ってもしばらくはこちらで調整しますがね」
ボルスト「てかそれ幻影帝国のやつらの仕事じゃねーのか」
エクセラー「上部の命令だ!!さっさといけ!!」
ボルスト「しかし何故俺様なんかにry」
エクセラー「上部の命令(ry」
ボルスト「はいはい…」

しばらくして……
バート「これがメガ・リバース装置か、早く破壊しt」
ボオォォォォォンッ
バート「な、何だ!?」
マリオ「バート、メガ・リバース装置を破壊したければ僕達と戦え!!」
リン「またマリオ達かリ、イン!!」
モリト「なんでこうなるんだモー!!」
コマ兄弟「わからないズラー」
カービィ「しゃあねぇな、行くぞお前等!!」
カービィ以外(一部を除く)「おう!!」
マリオ「ならこちらから行かせてもらおう」[ハイドロポンプ]
ブシャアアアアアアアアアアアアアアアアアア
バート「うわっ!!」
サムス「ヤッ!」「グラップリングビーム」
ビュイン
龍騎「おい、俺のソードベント返せよ!!」
サムス「ハッ!」
ジャキン
龍騎「ぐえ」

コマさん「敵が多すぎて訳が分からないズラ…」
コマじろう「同じく」
ワリオ「ケツからビーム☆」
ブオオオオオオオオオオオオオオ
コマさん「もんげー!!!」
キュアプリンセス「ただのおならじゃん!!!にしても臭い!!」
ワリオ「どうだ!!思い知ったか!!」
189系「ハーイwww効きませんねぇwwww」
ズガッ!!
ワリオ「ムワアアアアアアア!!」
189系「良い叫び声www」
ワリオ「ぐふっ…だがこれでやられる俺様じゃないぞ!」
189系「轢かれたのに良く立てるなwww」

ディディーコング「オイラのピーナッツ・ポップガンでもくらえ!!」
バン!
リン「リィン!」
モリト「モー!?」
プラズマ「痛いプラ!」

マリオ「ネス!連携攻撃だ!」
ネス「OK!」
バート「な、何をする気だ!」
ネス「PKファイア!」
マリオ「ファイアボール!」[メガファイア]
ゴオオオオオオォォ
バート「うわぁ!」
マリオ「今だ!バートを集中攻撃しろ!」
ドンキー「パウウゥ」
ルキナ「覚悟なさい。」
ゲッコウガ「コゥガァ!」
ヨッシー軍団「ヨッシー!」
バート「うわああああああ!!」
「見苦しいぞ貴様等!」
マリオ「誰だ」
「獣王拳!」
グオオオオオオォォ!
ドガアアアアアァン
ゲッコウガ ドンキーコング ヨッシー軍団 洗脳解除
ルキナ 吹っ飛ばされ何処かへ飛んだ。

マリオ「うわぁ!」
バート「キング!」
キング「ふん。集団で襲ってくるのは小者の証だ。一気に片付けるぞ!」
バート「うん!」

キング「龍滅拳!」
WiiFitトレーナー「きゃあ!」
WiiFitトレーナー 洗脳解除

バート「バートパンチ10連発!」
ボコボコボコボコボコボコボコボコ
ルーイ チキ ネス シュルク 洗脳解除
バート「これじゃあラチがあかない…。」
キング「くっ、奴等はまだか…!」
バート「奴等?」
マリオ「装置の破壊諦めるんだ!」

ワリオ「将来☆ミス」
パックマン「何言ってるの?」
ワリオ「ケツからビーム☆」
ブオオオオオオオオオオオオ
パックマン「ぐぇぇ 臭い」
キュアフォーチュン「フォーチュン・スターバースト!!」
ドカアアアアアアアアアアアン
ワリオ「ムワアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」
ワリオ洗脳解除

ワルイージ「よくも!テニスラケットで殴ってやる!!!」
へーベル君「ハーイ」【屋根のあれで殴る】
ズガッ
ワルイージ「ぐえっ!」

ディディーコング「オイラのピーナッツ・ポップガンでもくらえ!!」
バン!バン!
リン「リィン!!」
モリト「モー!?」
ディディーコング「装置の破壊は諦めろwwwwww」

ルフレ「トロン!」
キング「遅い!」(後ろに回り込む)
ルフレ「なっ…!」
キング「獣王拳!」
ボコォ
ルフレ 洗脳解除

キング「仕方ない。モンスターボールを使う。」
バート「!?」
キング「ゆけっ。ライコウ!」
パカッ
ライコウ「ラァイ!」
パチパチパチパチ
キング「10万ボルト。」
ライコウ「ラァイ…コウ!」
ビリビリビリビリ!
ドカアアアアアアン!
ロックマン オリマー ピット 洗脳解除

キング「いつになったら奴はくるのだ…。」
マリオ「くっ。こうなったら…。」
マリオ スーパーアタックバッジ&オート回復のオーバーオール装備
バート「装備だと!?」
マリオ「行くぞ!巨大ファイアボール!」
ゴオオオオォォォ!
バート「うわああああぁ!」

リン「なんかバートがヤバいリーン。」
モリト「そんなことより早く逃げるモー!」

ソニック「行くぜ!」
テイルス「うん!」
ナックルズ「おう!」
カービィ「くっ」
???「カオスッ、コントロオォォォル!!」
ビシュウン
ボカスカボカスカボカスカ
シュゥン
ソニック等3人「うわっ!」
シャドウ「フンッ、こんな時に騒がしいと思ったら暴れてたのか」
カービィ「シャドウ!」
ソニック、テイルス、ナックルズ 洗脳解除

スカイダイン&グランダイン「はっ!!」
ズガン
フォーゼ&キョウリュブルー「ぐはっ!!」
電王(モモタロス)「うおっ!?」
デーッカレンジャー!!
バキュンバキュンバキュン
スカイダイン「くっ……」
グランダイン「ぐあっ!」
電王「お前等は……確かソーカイジャー?」
デカレッド(ゴーカイレッド)「ゴーカイジャーだ!!」
ゴーカイグリーン「はっ!」
バキュンバキュン
グランダイン「うぐぐ……」

キング「…!オーナーから通信だ。」
変更予定『多い!いくらなんでも多すぎ!バート君これ転送するから一掃して!』
プツッ
キング「これはジェネシスだな。使ってみろ。バート。」
マリオ「げ。」
バート「いっけえええええええええ!」
ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド
カキイイイイィィィィン!
「うわああああああああああ!」
残りの洗脳ファイター マリオ ディディーコング キョーダイン
マリオ「ハァ…ハァ…図に乗るなよ。格なる上は…。」
マリオ ガツーンアタックバッジ装備

キング「とうとう本家に無い装置を持ってきたか。」
マリオ「これで 終わりだ!!」

スカイダイン「うぅ……」
キョウリュウレッド「コイツ、ジェネシス装備しても耐えてるぞ!!」
スカイダイン「うあああああああああああああああああ!!」
シュイン
十六夜アキ「ハァ……ハァ……」
電王(モモタロス)「お前は確かタイムイーター抹殺協会の……誰だっけ?」
十六夜アキ「十六夜アキよ!」
スカイダイン「く……支配には失敗したが、貴方にはここで消えてもおうかしら?」
アキ「させないわよ! ブラック・ローズ・ドラゴン!!」
ブラック・ローズ・ドラゴン「グオオオオオオオオオオオオオオ!!」
電王(モモタロス)「必殺、俺達の必殺技!!」
アキ「ブラック・ローズ・フレア!!」
電王「ブラック・ローズ・バージョン!!」
ブラック・ローズ・ドラゴン「グオオオオオオオオオオオオオオ!!」
スカイダイン「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーーーン
スカイダイン爆死

グランダイン「静香ァ!!」
ファァァァァイナルウェイィィィィィブ!!
ゴーカイレッド「おりゃあ!!」[ゴーカイスクランブル]
ゴーカイレッド以外のゴーカイ4人「はぁっ!!」[ゴーカイスクランブル]
ゴーカイシルバー「ゴーカイ、レジェンドリイィィィィィィィィィム!!」
演出省略
グランダイン「静香ァ、静香アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂」
ドッカーーーーーーーーーン
グランダイン爆死

シャドウ「雑魚兄弟が撃破されたか」
カービィ「そういや十六夜アキって遊戯王キャラだったな。 つまりあいつはコナミキャラって事か」

ディディーコング「戦力押されすぎィ!!」
キュアプリンセス「うおおおおりゃああああああ!!!」
ディディーコング「おw丁度いいwwほれっ」【バナナの皮を投げる】
ツルッ
キュアプリンセス「ちょwうわわわわわっ!!」
ドン(しりもちをつく)
キュアプリンセス「イッテ!」
ディディーコング「どうだ!」
ロボニャン「後ろががら空きだ!」
ディディーコング「後ろから攻撃など効かないよ!」【ピーナッツ・ポップガン】
バン!バン!バン!
ロボニャン「ぐぬっ!」
ディディーコング「どやwwwオイラのピーナッツ・ポップガンを見たか!!これを超える銃は無いだろうwww」
ほむら「それはどうかしら」【RPG-7を出す】
ディディーコング「ちょwwww」
マミ「銃なら私も」【マスケット銃を複数出す】
ディディーコング「まってまってまっまままままままっててて!!撃たないで~お願いしまs」
マミ「ティロフィナーレ!」
ズガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン
ほむら「ついでに」
ドゴォーーーーーーーーン!
ディディーコング「うぎゃあああああああああああああああああ!!!!!!!」
ディディーコング気絶&洗脳解除

その頃 プリキュア墓場
ボルスト「ここがプリキュア墓場か…」
ドジラス「どこにあるんですか?」
ばいきんまん「ここだ」
BEX「コイツがキュアテンダーか…」
ドジラス「テンダー?炭水車か何かですかね?」
ウッカリー「キュア炭水車?すっげぇ弱そう」
ボルスト「そっちのテンダーじゃねぇ 本来の意味は柔らかい、思いやりがある、慈悲深いと言う意味が妥当だ。しかし、反面かよわい、壊れやすい、若い、未熟な、扱いにくいなどの意味もあるからな」
ドジラス「壊れやすいってつまり故障しやすい炭水車ってこt」
ボルスト「だから炭水車じゃねぇ!!!!!」
ばいきんまん「俺様の作った強制解放装置で解放させて洗脳するのだ」
ドジラス「それって幻影帝国の仕事じゃ」
ばいきんまん「皆忙しいから俺様に押し付けたらしいのだ」
ボルスト「なるほ」
しばらくして…
ばいきんまん「よし!解放成功!!」
ボルスト「これを持っていこうじゃねぇか」

エクセラー「おぉよくやりましたねムッシュボルスト」
ボルスト「ところでそいつの闇化はどれだけかかるんだ?」
エクセラー「大体数時間程度でしょうかねぇ」

バート「うおりゃぁ!!」
ドガァ!!
マリオ「はぁ!!」
ドゴォ!!!!
マリオ「ポンプ!熱湯だ!」
ぶっしゃァ!!
バート「あっづ!!」
魔理沙「バート!」
バート「くっそ!バートキック!」
マリオ「マリオトルネード!」
ガッ!!
バート「どわあああぁぁ!!」
カズキ「大丈夫か!」
バート「俺がマリオを足止めする!今のうちにメガリバース装置を!」
トッキュウ1号「わかった!」
鎧武「じゃあさっそく!」
ゴォ!
レッドライダー「鎧武センパイ避けて!!」
ドゴォ!!!
鎧武「ぐあああああああああ!!」
バロン「葛葉!」
ビューン ガシィ!
なのは「うぐ!タコ足!?」
電王(ソード)「おりゃぁ!!」
ズバッ
なのは「ぶはぁ…ありがと…」
まどか「あれは!!」
ガレオムⅡ「グオオオオオォォォォ…」
デュオンV2「…」
カービィ「ガレオムとデュオン!いや、以前のものと外観が違うぞ!!」
早苗「おそらくバダンによって強化されたのでしょう・・・」
エスカルゴン「あぶないでGES!!」
ズドドドドドドドドドド
電王(ソード)「うぉあ!!」
ライト「電王!」
電王(ソード)「くそう…もう秋の体力がねぇ…良太郎がいりゃぁ交代できるんだが!!」
秋の声「だ…だいじょうぶ…なんとか…がんばるから…」
デュオンV2「…」シュルルルルル!!
シャロ「触手が来たよ!」
梓「は!」
ズバッ
ガレオムⅡ「グオオオオオォォォォォォ!!」
バゴォ!!
リン「リイイイイイイィィィィィィン!!」
キュアダイヤモンド「きゃあ!!」
フォーゼ「うわぁ!!」
半田「なんだあいつ・・・・」
阿部さん「つよすぎだぜ・・・」
バート「くそっ!マリオだけで手いっぱいってのに厄介なのが来たか!」

その頃
モグモグ…
杏子「調子はどうだ?ジジイ。」
ヘベレケ「お前か…。研究は順調に進んでいる。ただな…。」
杏子「何?」
モグモグ…
ヘベレケ「実はある兵器の開発にソウルジェムが必要でな。」
杏子「ふーん。」
ヘベレケ「悪いがソウルジェムを持ってきてくれないか?」
杏子「何でアタシなんかが…まぁ、あの小僧とカブトムシも久々に来てるかもしれないしな。いいよ、行ってやるぜ。」
ヘベレケ「頼んだぞ。」

キング「(オーナーから聞いたところによるとガオレムは尻に動力炉があると聞いた…。しかし相手は2だ。弱点はまだわからん。…いや、ここは賭ける。)」
キング「高和!俺はガオレム相手をする。お前は後ろに回り込み攻撃をしろ!」
阿部さん「わかった。」
ガオレム2「グオオオオォォォォ!」
バゴォ!
キング「今だ高和!」
阿部さん「掘ってやるぜ♂」
ガオレム「グオオオオオオォォォ♂」

カズキ「何やってんだお前ら…。」
キング「やはりな。皆!奴の弱点は尻だ!積極的に狙え!俺はデュオンの弱点を探る。カービィ!まどか!手伝ってくれ!」
まどか「は、はい!」
カービィ「はいはい。」

マリオ「ヤーッ!!」[ガツーンジャンプ]
バゴッ バゴッ
バート「うわっ!!」
魔理沙「大丈夫かバート!?」
バート「あぁ、なんとか……」
マリオ「そろそろ消えてもらおうか」サッ
バート「あれはスマッシュボール!?」
パリーン
マリオ「イッヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」[マリオファイナル]
ボオオオオオオオオオオオ
魔理沙「バート、また力を貸してくれ!!」
バート「お、おう!」ガシッ
魔理沙「レインボー、スパァァァァァァァァァァァァク!!」虹符[レインボースパーク]
ビイイイイイイイイイイイ
魔理沙「くっ、前よりも力が増大してる……!!」
バート「このままでは僕達が……」
トッキュウ1号「俺達も行くよ! レンケツバズーカ!」
ガシガシガシガシ
トッキュウ1号「レインボーラッシュ!」
ビイイイイイイイイイイイ
魔理沙「お前等いつの間に!?」
マリオ「ぐっ、逆にこっちが押されてるだと……!?」
バート&魔理沙&トッキュウジャー「行っけえええええええええええええええええええええええええええ!!」
マリオ「オォノオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ!!」
ドッカーーーーーーーーン
マリオ洗脳解除

トッキュウ1号「この技は名付けて超レインボースパークだ!」
魔理沙「超が付いただけじゃねーか!!」

デュオン「…。」
カービィ「さぁてどう料理するか?」
キング「まずは、まどかがキャノン頭の相手をする。その隙に俺とカービィで動いてない方の頭を攻撃して終わらせる。」
カービィ「よし行くぜ。」
まどか「はい!」

デュオン「……」
シュルルルル
まどか「やっ!」
ズバッ!

カービィ「スタンバイ出来たぞ。」
キング「行くぞ!」
カービィ「バルカンジャブ!」
キング「獣拳!」
ボカボカボカボカボカボカボカ
カービィ「ハイキック!」
ボカァ!
カービィ「スパイクパンチ!」ドガアアアアアアァン!
デュオン 撃破
まどか「上手くいきましたね。」

ガレオムⅡ「グオオオオォォォ!!」
モリト「あぶねぇモー!」
さやか「せいや!」ガッ
フェイト「効いてない!」
阿部さん「やはりあそこしか効かないか」
ヒカル「よし!」
[ウルトライブ! ウルトラマングレート!]
[ウルトライブ!ウルトラマンギンガ!!]
ギンガ「ギンガサンダーボルト!!」
ズガガガガガガガガガガガガン!!
グレート「バーニングプラズマ!」
ドガァーーーーーーン!!
ガレオムⅡ「ゴオオオオオォォォォォォォ!!」
カズキ「破壊ビーム!」
ドガアアアアアアアン!!
ガレオムⅡ大破

カズキ「よし!」
グレート「ウホ、いい男♂」
ギンガ「だぁー!やめろやめろ!すぐ掘ろうとするな」

バート「よし!装置を壊すぞ!」
カズキ「ハカイビール!」
ドカアアアアアアアアアン!

モリト「今、『ハカイビール』って言わなかったかモー!?」
カズキ「気にするな!」

???「メガ・リバース装置が破壊されたようだな!!」
バート「あの声は!?」
???「トーウッ!!」ビョン
スタッ
フォーゼ「昭和ライダーの先輩達!!」
1号ライダー「バート、今更装置を破壊してももう手遅れだ」
バート「何故だ?」
ライダーマン(がくぽ)「この装置を破壊してもこの装置で蘇った奴は消えないんだよ」
亡霊草加カイザ「そうか、だから俺達は消えてないのか!!」
2号ライダー「さぁバート、俺達と戦え!!」
バート「スマブラの洗脳を解除した所で今度は昭和ライダーとの連戦か……」

ウエスト「なんで昭和と平成って仲悪いんだろ」
ロボニャン「これも妖怪のせいである」
カーズィ「それは無い」
E4パワー「……」
のぞみ隊長「どうしたE4」
E4パワー「昭和ライダー…倒す」
つばさ「いきなりどうしたんだ?」
キハ391系(ナレーター)「どうやらE4は中の人が昭和ライダーの声を担当していたのでそれで倒そうとしているようです。特に1号とJに関しては完全に潰す気でいる模様です」
つばさ「つまりは中の人ネタ勝負かよ…」

189系「連戦とかないわー」
へーベル君「ハーイ」
キュアピース「うおおおおおおおお!!!!昭和ライダーさん達がいっぱいだー!!!!!!!」
205系「コイツ相手が洗脳されてることに気付いてないなコレ」
へーベル君「ハーイ」

キング「オーナーから通信だ。」
ピッ
変更予定「聞こえるかいバート君。いまそちらに一足早いクリスマスプレゼントを転送した。きっと戦いに役に立つだろう。それじゃあメリクリ!」
プツッ!ツーツーツー
阿部さん「クリスマスプレゼント?」
マミ「何が入ってるのかしら?」
両津「開けてみようぜ。」
パカッ
189系「パイが入ってたwww」
205系「使えねーww」
つばさ「なんでパイなんだよ!!やけくそだ!!投げてやる―!!!!」
グチャッ!
V3「おぶふっ!?」
ドガ―――ン!!
V3「ぐはぁ!」
つばさ「爆発したwww」
デキット「どうやら爆弾入りのパイのようだ」
ロボニャン「これで投げまくって相手を倒せってことか」
コマさん「だったら投げるズラ―!」
ポイッ
ライダー1号「当たらなかればどうってことはない!」
E4パワー「フンッ!!」
グサッ
ライダー1号「ぬおっ!?」
グチャッ!
ライダー1号「おのれ…」
リン「この際日頃のストレスを昭和ライダーぶつけようリンwwwww」
モリト「いいね!」
プラズマ「爆弾入りパイを昭和ライダーにぶつけまくってパイまみれにさせれやろうじゃないかプラプラ」

カブト「お婆ちゃんは言っていた…男がやってはいけないことが2つある…女の子を泣かすことと…食べ物を粗末にすることだ…」
バート「おりゃぁ!!」
オーズ「パイセイヤー!」
カブト「聞いてない…」
カービィ「たく、パイ魔獣を思い出したじゃねぇか、あいつにはまずいもん食わされた」
エスカルゴン「ありゃ随分また懐かしい魔獣を」
鎧武「パイセイハー!」
べシャ!
Xライダー「ぬぐお!」
アマゾン「アマゾン、パイ なげる!」
べしゃ!
フォーゼ「うおぉ!やりましたね!アマゾン先輩覚悟ー!」
ドカーーーーーーーーーーン
アマゾン「ケケーーーーーー!」
ライト「あ、爆弾だった」
フォーゼ「なんか、ごめんアマゾン先輩」
カブト「俺はそんなことはしない、直接勝負を挑んでやる!」
ストロンガー「くるか!」
カブト「はっ!」
ストロンガー「とぉー!」
梓「ストロンガーさんが飛びましたよ!」
マリオ「ちゃーんす!」
ブチャッァ!
ストロンガー「ぬぐぉ!!何をするんだ!」
ZX「ゼクロスキック!」
クリプト「ザッパー!」
バチチチチチチチチチチチ!!
ZX「ぐああああああああ!!」
さやか「あんた火星人のクリプト!」
クリプト「なんやえらいことなっとるからまた助太刀に・・って火星人ちゃうわ!」
なぎさ「な、なんなのです!?宇宙人!?」
マミ「大丈夫、クリプトは前に私たちと一緒に戦ってくれた火星人よ」
なぎさ「悪い宇宙人じゃないんですね」
クリプト「火星人やなくてフュロン星人なんやけど」
キュアプリンセス「火星人さん!パイ爆弾を昭和ライダーたちに投げつけて!」
クリプト「え…(げ…こいつらわいののことを踏んよった奴らか…覚えとれ…この騒ぎ収まったらお前らのエンドルフィン頂いたるで…) お、おうわかった!」

ディケイドライバー「アタックライドゥ、イリュージョン!」
ディケイド3人「パイをどんどん投げてやるぞ!!」ポイポイポイポイ
ZX「ゼクロースッ連続パイ投げ!!」ポイポイポイポイ
ドゥカーーーーーーーン
アギト(バーニングフォーム)「バーニングパイ投げ!」
スーパー1「スーパーライダー梅花パイ投げ!」
ドッカーーーーーーーン
アギト&スーパー1「ぐはっ!!」
亡霊草加カイザ「俺の事を好きにならない奴は邪魔なんだよ!!」ポイッ
ドッカーーーーーーーン
Xライダー「ぐあっ!」
クウガ「楽しいのか怒ってるのかハッキリしないな……」
ブラック「お前等……いい加減にしろ!!」
ブラックRX「パイ投げで遊ぶ奴はゆ”る”さ”ん”!! バイオライダー!!」
変身音
バイオライダー「はっ!」[ゲル化]
バロン(レモンエナジー)「俺の一撃を喰らいやgて何だ!?」
バイオライダー「はっ!」
ジャキン
バロン(レモンエナジー)「ぐはっ!」
ブラック「ライダー、パンチッ!!」
ズガッ
W「ぐあっ!」
バイオライダー「はっ!」
ジャキン
クウガ「ぐっ」
バロン「くそう、こうなったら!!」
ジャキーン カモーン! バナナアームズ!! ナイト・オブ・ス~ピア~!! ジンバーレモン! ハハァ!
バロン(ジンバーバナナレモン)「葛葉と同じ手段を使ってでも貴様を倒す!!」

キング「またオーナーから連絡だ。」
ピッ
変更予定「よくもまぁ、易々とパイ投げ合戦を中止したねぇ…。あれ用意するのにいくら金かけたと思ってるんだい?赤字だぞ赤字!」
キング「なに!?」
変更予定「覚悟しろ!ピー(自主規制)奪って金にしてやる!!」
ヒュウウウゥゥ(空から巨大なパイが落ちてくる)
ドガアアアアアアアアアン!
ブラック「ギャアアアアアアァァ!」
ブラックRX「__があああああああああ!」
ブラック ブラックRX パイまみれになって何処かへ吹っ飛ばされる。

変更予定「ゴールデンオーブゲットだぜwwwwwざまぁwwwwwww」
エスカルゴン「このオーナー、凄くバピー(自主規制)でゲスなぁ…。」
キング「全くだ。」

アマゾン「アマゾン、パイ またなげる!」
ポイポイポイポイ
パックマン「僕にとっては天国だ!」
ガブッガブッ
パックマン「ぶえっ(爆弾を吐き出す)」
コマさん「爆弾のところだけ吐き出してそれ以外全部食べたズラ…」
パックマン「この爆弾はあげるね!」
ポイッ
ドガアアアアアアアアアアアアアン
昭和ライダーたち「ぐああああああ!!!!」

ライダー1号「パイと爆弾だらけじゃろくに戦えん」
ライダー2号「無限にパイが出てk」
バゴッ!
ライダー2号「またパイが…」

リン「ざまぁ見ろリン!昭和ライダーが苦戦してるリン!!」
モリト「もっと投げろモー!!!」
へーベル君「ハーイ」
キュアフォーチュン「もう投げなくていいんじゃ…」
プラズマ「相手をほぼ100%動けなくするまで投げるプラプラ」
キュアフォーチュン「明らかに相手も苦戦し始めてるしそろそろ本当のガチバトルで挑んd」
バゴッ!グチャッ!ズゴッ!
プラズマ「そう言ってる間に攻撃が来たじゃないかプラプラ!」
リン「これ以上パイまみれになりたくなければパイ投げに参加しろリーン!!」