特捜部24時パート1 その2

強盗犯「死ね!!!!」
ボンッ
バート「うわっ!!」
ドガァーーーン!!
ガッタク「うぉぉぉーーーーっ!!」
ガッタク 殉職
ケロちゃん「ガッタク警官まで殉職しよったで。次はお前らや」
全員「何で!?てか皆弱すぎだろwwww」
デデーーーン
「全員 アウト」
バシッ バシッ バシッ バシッ
全員「うわっ!!」

???「そこまでよ!!!強盗犯!!!」
バート「この声は…」
キュアピース「ピカピカぴかりんじゃんけんポン♪ キュアピース!」
強盗犯「……」
ライト「出た…」
半田「まさかの」
フォーゼ「プリキュアキタ――――――!!!!」
バート&ジェビィ「ブッwww」
デデーン
「バート ジェビィ アウト」
バシィバシィ
バート「うわっ」
ジェビィ「ぐえっ」
強盗犯「いつもサザエさんとフルタ製菓とどっかの埼玉市民とじゃんけんしてるお前なんかこうだ!!!」
ボンッ
キュアピース「プリキュア!ひゃあ!?」
ライト「自分の技にビビるとはwwwww」
デデーン
「ライト アウト」
バシィ
ライト「ぎゃっ」
キュアピース「ピースサンダー!!!」
ビリビリビリビリ
強盗犯「ぎゃああああああ!!!!」

???「そこまでだっ!」
バート「その声は!」
デカレッド「そう、俺達は」
BGM:特捜戦隊デカレンジャー http://www.youtube.com/watch?v=b91ENKGhRCE
デカレンジャー「特捜戦隊、デカレンジャー!」
アクセル「俺もいるぜ」
フォーゼ「アクセルセンパイ!」
泥棒(???)「くっ、このままではヤバイ……」

キュアピース「うおおおおお!!!!!!デカレンジャーさんだ!!!!」
バート「ちょwww」
半田「キュアピースは特撮オタかw」
ライト「ワロスw」
デデーン
「バート 半田 ライト アウト」
バシィバシィ
バート「い」
半田「た」
ライト「い!!」

デカレッド「おい強盗!!顔を表せ!!」
強盗犯「くっ」
バッ
全員「・・・・ぎゃははははは!!wwwwww」
デデーーーン
「全員 アウト」
リン「ばれちゃしょうがないリーン!!」
バシッ バシッ バシッ バシッ
全員「痔がぁぁぁーーーっ!!」
アクセス「てめぇ!!賞金首のリン・k・セカンドじゃねーか!!」
デカイエロー「覚悟しなさい!!」

リン「こっちには仲間がいるリン!!」
101系「マリオカートやらないか?」
EF64「機関車の前に土下座しろやゴルァ!!!」
ジェビィ「電車が仲間かよwww」
デデーン
「ジェビィ アウト」
バシィ
ジェビィ「ぐはっ」

デカレッド「……………と•に•か•く!!さっさとお縄につけ!!」
101系「誰が出てくるか!!」
リン「それに人質もいるんだリーン!!」
シャマル「助けて~」
バート「ってアンタかよ!」
オートバジン「ウイーン ウイーン タスケテ クレ」
円堂「あんたは強盗倒せるだろ」
ケロちゃん「チキンやなお前ら、正規部隊のフェイト隊員、お手本見したれ」
フェイト「わかりました」
半田「笑わないで済むよう頼む」
フェイト「あなた達、完全に包囲されてるわ、出てきた方が身のためよ!!」
リン「黙れリーン!!お前も人質にしてやろうかリーン!!」
フェイト「ちょ!それイヤ!ギャーーーーー!」
全員「ギャハハハハハハハハ」
デデーーーーーン
「全員 アウト」
バシィ バシィ バシィ バシィ バシィ バシィ
全員「アカン!コレ!!」
フェイト「死ぬかと思った…」
ライト「………って戻って来てんじゃボケ!!」
バキィ
フェイト「だって銃持ってたもの!撃たれたら死んじゃうよ!!」
全員「死んでこい!!」
フェイト「わかりましたよ!死んできます!!」
なのは「防弾ベストとかないの?あの無防備はかわいそうだよ」
ケロちゃん「防人は例え無防備でも戦わなあかんねや」
梓「いや、それでもあれは酷すぎます、すみません、防弾ベストとかありますか?」
アクセル「俺に質問するな…」
梓「?、あの、防弾ベスト」
アクセル「俺に質問するなといってるだろ!貴様、マキシマムドライブだだ!!」
アクセルドライバー「タイキック マキシマムドライブ」
デデーン
「梓 タイキック」
梓「何で!?」
アクセル「オラァ!!!」
バキャ!!
梓「んにゃーーーーーーーーーーーー!!」
フォーゼ「おぉwww」
天馬「顔面逝ったwwww」
カイト「いたそ~ww」
ライト「ある意味ガッデムよりキツいなwwww」
デデーン
「天馬 カイト ライト フォーゼ アウト」
バシィバシィバシィ
フォーゼ「て!」
ライト「る!」
カイト「い!」
天馬「りゅーーーーーーーー!!」
バート「それで、フェイトはどうなった」
バァン!!
フェイト「キャアアアアアアアアアァァァァァァァァァ!!」
バタッ
天馬「フェ、フェイト!?」
円堂「死んだか」
ケロちゃん「いや、玉はギリギリはずれとる、気絶してるだけや」

ゴゴゴゴゴゴ
ケロちゃん「な、何や!?」
最強さん「……」
フォーゼ「デッカイのキターーーーーーーーーーー!!」
最強さん「……!」[謎のビーム]
ビーーーーーーーーー
ドッカーーーーーーン
リン「ごめんなさいっリ、イィィィィィィィィィィン!!」
キラーン

リンとその味方である電車2機 空の彼方へ

フォーゼ「スゲェーーーーーーーーッ!!」
フォーゼ以外「……」
ケロちゃん「……誰やねん?」
最強さん「……」シュン
ケロちゃん「あ、消えた」

ケロちゃん「ほな帰ろか」
全員「おいおい・・・・」
警察&おとりの皆さん「おい、犯人はまだ捕まえてないんだぞ、おい、聞いてるのか、無視するな!!(怒)」

控え室
バート「はぁ・・・疲れた・・・・」
ライト「もう体力的に限界・・・・」
カイト「おっ!!こんな所にマックの袋が!!昼飯だな」
ジェビィ「しかし8人分しかないぞ」
半田「じゃあ残りの二人は・・・冷凍カワサキピザ・・・食べたくない・・・」
バート「一言言うが俺はマックだ!!」
ライト「はぁ!?お前はカワサキピザで我慢しろ!!」
バート「何だと!?」
ボカボカボカボカボカボカ
梓「喧嘩は止めて下さい!」

ケロちゃん「やれやれ、どうやら気づいてもうたようやな」
全員「はぁ!?どういうことだ!??」
ケロちゃん「マックを8セットしか買わなかった理由、それは争奪戦をするからや」
全員「はぁ!?ふざんけんな!!」
ケロちゃん「文句はなしや!始めるで!!」

ラッタ「では只今より、昼飯を賭けたゲームを始める!!」
カイト・ジェビィ「ちょwwwww何故ラッタwwwww」
デデーーーン
「カイト ジェビィ アウト」
バシッ バシッ
カイト・ジェビィ「いでっ!!」
ラッタ「えーっと・・・・ゲームはこれだ!!」
バート「ん?・・・・・ちょwwww番犬ガオガオwwwww」
デデーーーン
「バート アウト」
バシッ
バート「いでっ!!」
ゲーム説明

新人隊員達には、これより昼飯を賭けた勝負をしてもらう。
ルールは簡単、番犬ガオガオと言う玩具で2回勝負し ゲームで負けた2人には、罰ゲームとして レストランカワサキで販売されている「冷凍カワサキピザ」を昼飯にしないといけない。

ラッタ「順番はコレだ!」
バート→梓→カイト→半田→ジェビィ→天馬→なのは→フォーゼ→ライト→円堂→バートへループ
ラッタ「まずはバート」
ペラッ
ラッタ「青い骨を2本取れ」
バート「あぁ」
ガオガオ「ガァーーーーーーーーーー、ガァーーーーーーーーーー(イビキの音)」
バート「そーっと取ればいいんだな」

16秒後
バート「一本取れた。」
ラッタ「もう一本だ。」
バート「これ怖いんですけど。」
ラッタ「言い忘れたがこいつ起きると襲いかかってくるぞ。」
バート「なんで先言わなかったんだよ!」
ラッタ「ちなみにこれ作者(ユアツダイ)が改造した。」

バート「よし・・・・取ったぞ・・・・」
梓「次は私ですね・・・・」
ペラッ
ラッタ「白い骨3本だ」
ガオガオ「がぁーーーーーっがぁーーーーーっアヒルはがぁーーーーーっ」
バート・カイト「wwwwwwwwwwwww」
デデーーーン
「バート カイト アウト」
バシッ バシッ
バート「番犬」
カイト「ガオガオ!!」
梓「やっと一本・・・・」

梓「次に2本」
ガオガオ「ガァーーーーーーーーーー、ガァーーーーーーーーーー、スワンナはガーーーーーーーーーー」
ジェビィ「ちょ、スワンナってwww」
\デデーーーーーン/
「ジェビィ アウト」
バシィッ
ジェビィ「ぐはっ」

SAM号「一方その裏では……」
メデューサレジェンドルガ「ふぅ、食った食った、やっぱりクォーターパウンダーやメガマックは最高ッス」
SAM号「メデューサレジェンドルガが争奪戦のマックセットを全部平らげてしまった(しかもまだ一人も気づいた者はいません)」

梓「何とか全部取りました」
バート「次はカイトだな…」
ガオガオ「ガァーーーーーーーーーーガァーーーーーーーーーーードナルドダックはガァーーーーーーーー」
半田「ブハッwwwタイミングよすぎwwww(マクドの争奪戦なので)」
デデーーーーーーーーーーン
「半田 アウト」
バシィ
半田「うげ!!」
ケロちゃん「ガオガオが誤作動するからあんまり声上げん方がいいぞ」
カイト「それで、何をとればいい」
フォーゼ「えーっと?赤い骨2本だ」
ガオガオ「ガァーーーーーーーーガァーーーーーーーーーーインセクター羽蛾ァーーーーーーーーーーー」
全員「虫野朗www」
デデーーーーーーーーーン
「全員 アウト」
バシィバシィバシィバシィバシィバシィバシィ
バート「バー!!」
円堂「サー!」
ライト「カー!」
梓「ソ」
半田「ウ」
カイト「ル! って弾みで一本取れた」
ケロちゃん「誤作動するから声あげるなって…」

カイト「あと一本か…」
ガオガオ「ガァーーーガァーーーープリキュアガァー!!!」
全員「ぶっw」
デデーン
「全員 アウト」
バート「ス!」
円堂「マ!」
梓「イ!」
半田「ル!」
ジェビィ「プ!」
フォーゼ「リ!」
ライト「キュ!」
カイト「ア!! ってまた弾みで1本とれたw」
デデーン
「カイト アウト」
カイト「しまった!」
バシィ
カイト「ぐはっ」

半田「次は俺だ…」
ペラッ
ラッタ「青い骨3本だ」
半田「奥の方じゃん…」
ガオガオ「ガァーーーガァーーーガァーネルサンダースガァーーー」
バート・ライト・円堂「カーネルwwwwwwww」
デデーーーン
「バート ライト 半田 アウト」
バシッ バシッ バシッ
バート「ケン」
ライト「タッ」
円堂「キー&翼!!」
半田「ちょwwww」
デデーーーン
「半田 アウト」
バシッ
半田「いでっ!!ガオガオも一種の刺客か!?」

半田「よし、2本連続でとったぞ…」
ガオガオ「ガァーーーーガァーーーーガオガイガーーーー」
バート「ちょw」
デデーン
「バート アウト」
バシィ
バート「いでっ!!」

ガオガオ「ガァーーーーーーガァーーーーーーークウガァーーーーーーーー」
バート「しかし、こんなに騒いでて起きないとは・・・案外楽かもな・・・・」
ライト「起きないまま24時間たてばいいんだがな」
ケロちゃん「んなわけないやろ、普通だったらもう作動しているはずやぞ」
梓「センサーが壊れたんじゃないですか?」
なのは「たしかに・・・セリフも変だし」
ガオガオ「ガァーーーーーーーーーーーーガァーーーーーーーーーーー羽蛾ァーーーーーー言えぇーーーーー相棒は何処だぁーーーーー羽蛾ァーーーーーーーーーーーーーーーー」
全員「本当に何言ってるのコイツwwww」
デデーーーーーーーン
「全員 アウト」
バシィバシィバシィバシィバシィバシィバシィ
バート「ゆ!」
天馬「う!」
ライト「ぎ!」
ジェビィ「お!」
フォーゼ「う!」
円堂「それと半田・・・さっさと最後の取れ」
なのは「出来ればそろそろ作動させちゃって」
半田「誰が作動させるかよ!!」

半田「よしとるぞ…」
ガオガオ「ガァーーーーーガァーーーー」
半田「よし…あと少しで取れるぞ…」
ガオガオ「ガァーーーーーガァーーーーー次はーーーー南浦和ーー南浦和ーーー」
半田「笑うもんか…よし!取った!!!」

ジェビィ「次は俺だ」
ペラッ
ラッタ「赤い骨二本」
ガオガオ「ガァーーーーーーーーーー、ガァーーーーーーーーーー、メデューサレジェドルガガーーーーーーーーーー、ヒルメシタイラゲターーーーーーーーーー」
ジェビィ「そんなジョークに引っ掛かるかよ」

ガオガオ「ガァーーーガァーーー目がァーー目がァーー」
ジェビィ「ぎゃははははは!!」
バンッ
ジェビィ「あ」
ガオガオ「ガァーーーオォォーーー!!!!」
ジェビィ「ぎゃぁぁぁーー!!」
デデーーーン
「ジェビィ アウト&噛みつき」
ジェビィ「や、やめろ!!骨やるから止めて!!」
ガオガオ「ガブ」
ジェビィ「ぎゃぁぁぁーーーっ!!全身がぁーーっ!!」
全員「ぷっw」
デデーーーン
「全員 アウト」
バシッ バシッ バシッ バシッ
全員「ジェビィてめぇ!!」
ケロちゃん「つーわけでジェビィは冷凍カワサキピザや」
ジェビィ「ガーーーン!!」

ガオガオ「ガァーーーーーーーーーーーーーガァーーーーーーーーーーー」
バート「また寝た…」
円堂「寝付くのがのび太君並みに早いな」
フォーゼ「のび太ねぇ・・・・」
「……」
全員「ブハァwwww」
デデーーーーーーーーーーーーン
「全員アウト」
バシィバシィバシィバシィバシィバシィバシィ
ライト「円堂!!お前のせいで死んだのび太思い出したじゃねーか!」
天馬「ちょwwwそれ言われるとガタックがギャハハハハハハハハハハハwwwww」
デデーーーーーーーーン
「天馬 アウト」
バシィ
天馬「野比のびー太!!」
天馬以外「だからやめろ!!!」
なのは「ていうかまだ寝てるね…」
ガオガオ「ガァーーーーーーーーーー、ガァーーーーーーーーーー、メデューサレジェドルガガーーーーーーーーーー、ヒルメシタイラゲターーーーーーーーーー」
カイト「またいってる…」
フォーゼ「途端にこれしか言わなくなったぞ」
ケロちゃん「ちょっと待てまさか!!確認してくるわ!!」
ドタドタドタドタドタドタドタドタ
半田「すげぇ勢いで走っていったな」
バート「そうだな・・・待ってる間もうちょっと部屋でも見てみるか」
ライト「確かにまだ何かあるかも、ガイアメモリとか」
円堂「ガイアメモリは100%罰ゲーム系だから絶対触るなよ!!」
ジェビィ「ラベル貼って無いから押すまで何のメモリかわからないんだよな」
フォーゼ「アストロスイッチはおkか?」
バート「スイッチは全員で確認してから」

ケロちゃん「お前ら大変や」
バート「何だ?」
ケロちゃん「マックが全部食われてるんや!!」
全員「なんですと!?」
ケロちゃん「だからお前ら、昼飯は全員冷凍カワサキピザや」
全員「そんなぁぁーーーっ!!」
ケロちゃん「後食べ終わったら、ある方の葬式に行って欲しいねん」
全員「誰だよ」