空想世界イロスマ第2章パート9その3

死神(荒らし)「おいお前、何したし」
死神GT-R「知らんな~」
死神(荒らし)「ただでさえ名前被ってるんだし」
sny2o2o2bbz22z37「pこじうgdれせdrftgy」
kei**kef*3s8200*「!?!?!??!??!???!!!!!」
ベジータ「ファイナルフラッシュ!!!」
ドカ――――ン
sny2o2o2bbz22z37、kei**kef*3s8200*他界
ベジータ「雲が出てても力を出せば技は打てるようだぜ」
ポヨ「ヒィア」【切り裂く】
ズガッ
ポヨ「ヒィア!」【ドラゴンクロー+シャドークロー+メタルクロー】
ズガガガッ
しにがみ大臣他界
死神(荒らし)「あの猫…できる!!」
ジース「(あの猫の戦闘力数は極端に低いが全身が筋肉の塊となってやがる…)」

黒船「MAX!」
MAX「OK!お前らにかかった悪い効果、消し去ってやんよ!」
どこからともなく衝撃波が放たれた!
イロスマ軍にかかった悪い効果が すべてかき消された!
アルカナ「体の中にあった不快感がなくなった!」
死神(yahoo垢)「ちぃっ!あっちに最強の守護神がいることを忘れていた!」
アルバロス「少しの間、こっち側に傾いていただけだ。差支えはない。」
黒船「サンキュ。ってもう血祭りに上げてるし。」
三成「でやっ!うおりゃあああああっ!!!」
GT-R「んぎゃああああ!!!」
吉継「不幸の雨を浴びせてやろ…ヒヒッ」
バシバシバシィッ!
GT-R「も、もうゆるして」
三成「そうか。ならばここで…しね。」
黒船「おっと、三成さん止めるんだ。」
GT-R「あ、や、やっととめてk」
黒船「YOU!首じゃなくて胸部、狙っちゃいなYO!」
ゴギシィッ!!!
GT-R 三成の刀に貫かれ他界
アルバロス「…所詮駒は駒よ。…ここからは俺も本気でいく!」
ヴェルファイア「…くるっ!」
アルバロス【バニシングウィング+バニシングウィング+デッドリィロンド】
ヴェルファイア「がぅっ!」
アルバロス「つぎっ!」【雷滅双剣】
ヴェルファイア「がああああっ!」
アルバロス「お前の力はその程度か?」
ヴェルファイア「へっ、まだあきらめちゃいない。」
アルバロス「だろうな。」
リクーム(片手で気を失っているディナスの胸ぐらをつかみながら)「リクーム・イレイザーガン!」
ヴェルファイア「っ!」
ドォォォォォン!!!
リクーム「ちっ!かわされたか。」
ヴェルファイア「っ…何という火力だ…」
インプレッサ「後ろがガラ空きだぁ!」
ダンッダンッダンッ!
リクーム「っ!でりゃあああっ!」
インプレッサ「っ!」
死神GT-R「俺のターゲットは…あいつに決めたぁ!」
はやて「っ!」
ガギィッ!
ギルティア「君、大丈夫?」
はやて「・・・・え、あ、だ、大丈夫やで!」
ギルティア「良かった。…テリトリースラッシュ!」
死神GT-R「ぐぅっ!"グレイジングデビル"!!!!」
ガシィッ!ガザザザザザザザザザ!
ギルティア「っ!?があああああああっ!」
死神GT-R「どうだ!これが俺の力だぁ!」
ギルティア「っ…まだ行ける。まだ僕はやれる!」
ヴィッツ「僕も協力するよ、ギルティアさん。」
ギルティア「ありがとう。」

死神(荒らし)「呪いと魔封じの雲がかき消されたorzしかもあの雲は戦闘中1度しか発動できないから」
しにがみ将軍「…」
しにがみ将軍はしにがみ1体としにがみ大臣を復活させた!
カズキ「しつこい。ハカイビーム!」
ピッコロ「魔貫光殺砲!!」
ドカ――ン
しにがみ将軍他界
死神(荒らし)「あのしにがみ将軍を一撃で倒すとは…なかなかやるな」
オヤ12「石炭バースト」
ドガアアアアアアア
カーズィ「いてっ」
バート「うわっ」

ヴィッツ「ハミングアロー!!!」
死神GT-R「ぬるい!凡用ロボットの貴様らに、何ができよう!」
ギルティア「マグネティック…ストーム!」
死神GT-R「っ!?」
アルバロス「小癪な。」
ギルティア「ぐあっ!」
ヴィッツ「ギルティアさん!」
ドガァァァンッ!
ギルティア「く、くうっ!」
アルバロス「この程度か。」
ヴィッツ「僕らをなめるんじゃない!」【暴風の矢】
アルバロス「ぐうっ!ヤ、やりおる…!ならこの手段だ!」【クイックメンテ】
バータ「おや、技名の割には俺様も治してくれるんだな。」
アルバロス「不思議な補正のおかげだ。」
プラティオ「くっ!あいつが治してきたか…!」
アルバロス「狙われる前に断たなくてはな。」【トルネードインフェルノ】
プラティオ「うあああああっ!」
なのは「プラティオ君!」
シャマル「回復します!」
プラティオ「迅速な対応ありがとう。」
シャマル「いえ。」
リクーム「ちぃっ!あっちにも回復役がいたか!リクーム・イレイザ―」
【カウンター成功!】
プリウスTC「させないよ!」(ポーズをとったのち空中で横に一回転し、リクームの頭にエルボーを叩きこむ)
バギィッ!!!
シャマル「ありがとうございます!」
ジース「リクームの野郎前と同じようなことをされてやがる!」
リクーム「俺の技をよくも中断させてくれたなぁ!」
プリウスTC「ガタが来ちゃってるけど…”メカべホマズン”!!」
プリウスα「あ、ありがとうございます」
死神GT-R「ちぃっ!”ファイナル・デス”!」
アルカナ「テトラカーン!!」
ガギンッ!
死神GT-R「よけいなことをぉ!」
アルカナ「っ!ぐあっ!」
黒船「アルカナさん!」
青森「アルカナァ!」
アルカナ「くっ!あいつの攻撃と…あの鳥型ロボの攻撃が一番厄介だな…マハラクカジャ!そして…マハタルンダ!」
黒船「サンキュ!」
アルカナ「いいってことだ。」

ベジータ「ファイナルフラッシュ!」
グルド「やべっ!」
【時間停止】
グルド「(よし…これで回避していけb)」
ほむら「…」
グルド「(ちょw何か1人時間止まってない人いるんだがwwwww)」
ほむら「あいにく私も時間停止使えるから、あなたの行動は無意味よ」
グルド「(やべぇ…息もたねぇwwwでもよけないと確実にyぶはっ!」
【時間停止解除】
グルド「あ」
ドカ―――――ン
グルド「うぎゃー――!」
バータ「だらしないわねぇ」
オヤ12「相手に時間停止使える奴がいると…メモメモ」

オヤ12「おいグルド!今お前時止めたろ?…動いていた奴はどいつだ?」
グルド「あの黒髪の少女だ!」
オヤ12「OK!”石炭バー」
【カウンター成功!】
エンツォ「やらせないぜ!」
ドガッ!
オヤ12「ぐっ!」
アルバロス「一人に集中しないことだ。」
ダァンッ!
エンツォ「くっ!」
コルベットRM「大丈夫か?」
エンツォ「ああ。何とかな。アルカナとかいうやつが補助をかけていなかったらあれだけでは済まなかったと思うぜ。」
リクーム「ちっ…俺たちの攻撃力が下がってるみたいだな。思っている通りに力がでねぇ…」
サタニス「いまなら!」【ベホマ】
ディナス「サンキュ、助かったよ。」
リクーム「!?俺たちの力が出ないことをいいことに…貴様ぁぁぁぁぁ!!!!!」
ダァァァァンッ!
プリウスα「サタニスさぁんっ!」
ボシュッ
サタニス「今の攻撃は危なかったね…復活し損ねたやつも復活させよう…!」【ザオリク】
福島が復活した!
アルカナ「まあなにもないよりかはいいか。」
福島「サタニス、もさけね。」
サタニス「いいよ。謝らなくたって。行くよ!」
梓「福島さん!私と協力してみますか?」
福島「おめぇとか?わがった。」
サタニス「ディナス!どうやらあっちの心が一つになったようだ、行くよ!”アイスフォース”!」
ディナス「”ファイアフォース”!」
【梓&福島 double burst!:氷柱轟炎斬】
福島「ぜやあああああ!!!」
梓「たああああああ!!!」
リクーム「ゴハァっ!」
ギルティア「福島さん!次は僕と行くよ!」
福島「わかったべ!”神斬”!」
ギルティア「”インフィニティエッジ”!!」
アルバロス「ぐううっ!!ふん…イロスマ軍とやらは素晴らしく強い軍のようだな。その強さへの敬意を…この姿で示してやる!”デスウィングモード”!!!」
ライバード「くっ!ついに来やがったか…!」

アリエス(ムツキ)「どうした? そろそろおしまいか?」
キュアロゼッタ「こうなったらもうこれにかけるしかありません!! ロゼッタバルーン!!」
アリエス「馬鹿め、そんな事をして何が出来ると言うのだ?」
パンッ!!
シュウゥゥゥゥ……
ニャル子「え、これはどういう事ですか!?」
メテオ「俺達のオーラが、キュアロゼッタに……?」
キュアロゼッタ「ミキシトランス!!」カッ
ティガダーク(コーカサスビートル)「おやおや、こんなんで僕達に勝てるとでm」
ミキシロゼッタ「ホワチャー!!」
ガンッ
ティガダーク「ぐあっ!?」
メテオギャラクシー「マーズ、レディ オッケィ、マーズ!!」
ミキシロゼッタ「ホワチャア!!」
ドカン!!
ティガダーク「うわぁ!?」バタン
アリエス「どうなってるんだ……?」

アルバロスDW「これで逆転してやる!」【煉獄灼熱翔】
ギルティア「うあああああっ!」
ライバード「このぉっ!」【シャイニングスラッシュ+プロメテウスシュート】
アルバロスDW「ぐうっ…なかなかやるな…だが、無駄な努力だ。」【死の羽撃(はばたき)】
黒船「ぐああああっ!」
福島「うああああっ!」
マーチ「きゃあああっ!」
シーマ「くっ、や、やってやるぞ!」【プロミネンスリフレクション】
【カウンター成功!】
リクーム「あんときの攻撃、お前にかえすぜ!」
シーマ「ぐぬあああああっ!」
アルバロスDW「ふん、あのモヒカン役立つじゃないか。」【円滅輪】
なのは「っ!!!」
プラティオ「やああああっ!」
ダァァァン!!!
なのは「ぷ、プラティオ君…?あ、ありがとう」
プラティオ「いいってことさ。」
アルバロスDW「ふん、バリアで防いだだけで図に乗るな、小僧!」【雷滅双剣】
プラティオ「っ!うあああっ!」
なのは「プラティオ君っ!!!」
プラティオ「な、なのは…だ、大丈夫だよ…。このくらい…っ!す、”スペクトラルライト”!!!」
アルバロス「ふん。」
なのは「っ!?つ、つばさでふせいだ!?」
バータ「今ならやれるぜ!ジース!」
ジース「ああ!あの技だな!」
なのは「や、やらせ・・・・・」
オヤ12「おおっと、高みの見物でも決め込んでもらおうか!」
なのは「は、離して!」
オヤ12「今だ!やれ!」
バータ&ジース「パープルコメットクラッシュ・・・・エクストリーム!!!!」
ズダダダダダダンドゴンドゴンドゴンドゴンダダダダドガンダダダダダドガンドガンッ!!!!
なのは「プラティオくぅん!」
ジース「っ!?」
バータ「ジース、最後まで見ておけ。食らう前にダメージがあったんだ。あの後に食らったから耐えられまい。
プラティオ「く…くうっ…うあっ…」
ドサッ。
なのは「い…いや……いやああああああ!!!!!」
ブーンルミナス「プラティオさんっ!そ…そんな……。し…死ん…でる…」
プラティオ 他界
ブーンルミナス「…やぁぁぁぁああああああ!!!!!!」
バータ「ふふん、そんな光線、当たると思って?」
ドゴォッ!
ブーンルミナス「やぁうっ!」
ジース「クラッシャーボール!」
ブーンルミナス「っ!」
シュンッ!
ドガァァァン!!!
ブーンルミナス「プラティオさんの敵!」【スペクトラルライト】
バータ「っ!?ぬああああああ!」
ジース「バータぁ!」
リクーム「あの魔法使いもどきも厄介だな!」

グルド「あの黒髪少女絶対倒してやる」
オヤ12「とりあえず後ろに回ろうか?」
グルド「それは助かる」
オヤ12「あとクモジャキーも」
クモジャキー「分かったぜよ」
オヤ12「ではいきましょうか」
グルド「次こそは!」

ライバード「ライデンインパクト!!!」
オヤ12「くっ!」
なのは「あ、ありがとう」
ライバード「礼は後でいいぜ!…シャイニングスラッシュ!」
オヤ12「ぐうっ!?」
アルバロスDW「去ね。」
ライバード「くっ!」
オヤ12「ありがとう、そこの鳥型のロボット。」
アルバロスDW「俺の名はアルバロスだ。それだけは覚えておくことだ。」【煉獄灼熱翔】
ライバード「!?うああああああっ!」
キュアマーチ「ライバード!!!」
ライバード「ぐ、ぐうっ!」
黒船「無茶するなって。リペアワックスZだ。」
ライバード「サンキュ、たすか」
【煉獄灼熱翔+死の羽撃+煉獄灼熱翔】
ライバード「え…?」
アルバロスDW「そこのモヒカン。特技だけでは真の厄介者を見定めることができないぞ。アイテムにも注目することだ。」
クラタナ「黒船っ!!!」
黒船「あ…が…」
アルカナ「ブフダイン!!!」
アルバロス「くっ!」
ディナス「まさか黒船が狙われるとは…!」
サタニス「僕らの作戦ミスだ…くそっ!」

ヴィッツ「よくも黒船を!」【ハミングアロー】
アルバロス「効かん!」 
アルカナ「アギダイン!」
アルバロス「ぐああああっ!」(こ、この青年…俺の弱点をきっちりとらえてやがる…!)
リクーム「リクーム・スペシャルファイティングボンバー!!!」
アルカナ「っ!」
ヒュンッ、バシィッ!
ヴィッツ「があっ!」
リョーマ「ぐっ!」
桜乃「きゃあっ!」
鶴姫「あうっ!」
グルド「おい!そこのトリ!お前もこっちを手伝いやがれ!」
アルバロス「少々言い方が気にくわないが、手伝ってやろう。…しね。」【円滅輪】
ほむら「!?時よと」
アルバロス「いけっ!」
ザガシュゥッ!
ブシャアアアアッ!
ほむら「え…あ……そ……んな…」
ディケイド「ほむらぁぁぁぁ!!!!きさまぁぁぁぁ!!!!」
まどか「ほむらちゃん!!!」
【カウンター成功!】
アルバロスDW【ゼノカウンター】
ディケイド「がぁっ!」
アルバロスDW「おとなしくしてやがれ。」【雷滅双剣】
ガガシュウッ!ブシャアアアアッ!!!!
ディケイド「があああああっ!!!」
ベジータ「な、何なんだあの強さは…ブ、ブロリーに匹敵する強さだぞ…」
ピッコロ「へっ、これほどの強敵に出会えたことに感謝するぜ…おかげで体が震えてやがる…!」

リン「感謝してる場合かリーン!?危機感持てリーン!」
キョウリュウレッド「こりゃぁなかなかのブレイブだぜ…」
アルバロスDW「次はキサマだ!!」
平次「車が人間様に逆らうんやない!!ギャリック砲!!」
ドガァーーーーーーーン
アルバロスDW「聞かん!!」
平次「ダニィ!?ほおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!」
ビューーーーーーーーーーン ドカァーーーーーーーーーーーン!!
クモジャキー「岩盤行きぜよ」
ゼロ「おらおらぁ!!」
ガッ ドカッ バコッ ズガッ
ティガダーク「やりよるな…」
スコーピオンゾディアーツ「フフフ・・・お前がフォーゼか」
フォーゼ「うおぉ!なつかしのサソリ野郎!ってあれ?園ちゃんじゃないみたいだけど…?」
スコーピオンゾディアーツ「私は砂漠の使徒のサソリーナよ…」
ライト「なーんだ、さそりなのだじゃないのか たいしたことなさそーだなwww」
フェイト「いーや…油断は出来ませんよ、砂漠の使徒の幹部+ホロスコープス、強そうじゃないですか…」
スコーピオンゾディアーツ「…そこの金髪の娘はなんだか私と戦ったプリキュアをおもいだすな…」
フェイト「え…?」
スコーピオンゾディアーツ「ゆくぞ!!」
天馬「うわ!来た!!」
ガッ
フェイト「きゃぁ!!」
フォーゼ「きぃつけろ!あいつの尾の毒は強烈だぜ!」
キョウリュウグリーン「そりゃぁサソリだからな!」

ビースト「毒対策なら任せときな」
721系「こっちも対策済みですお」
205系「まずは客車から潰しますか」
オヤ12「来るなら来いよwww5分間待ってやるwwww」
ベジータ「ギャリック砲!!」
ドガァーーーーーーーン!
オヤ12「不意打ちとかずるいぞ―!!!」
グルド「ってこっち来るなああああああああ」
ドガーーーン
グルド 気絶
オヤ12「あwwwスマソグルドwwww」
ジース「グルドの奴が気絶しやがったぞ」
リクーム「じゃあベジータちゃんとあそぼうかねぇ」
ジース「賛成」
バータ「フルボッコよぉん」

ジース「それくらえ!」【クラッシャーボール】
ドカーン
ベジータ「そんな技よけられr」
リクーム「リクームボンバー!!」
ドカアアアアアアアン
ベジータ「ふおおおお!!!??」
バータ「それっ」
ドガッ
オヤ12「そーれ飛んでけー」「客車アタック」
ベジータ「ふおおおお!!!??」
ビューーーーーーーーーーン ドカァーーーーーーーーーーーン!!
ジース「ベジータちゃんも数回岩盤行ったからそろそろくたばるだろうな」
オヤ12「それよりグルドどうするよ」
ギニュー「ではグルドが気絶している間はこの私が戦おうではないか」
リクーム「おっ 隊長のお出ましだ」

ギニュー「まずは回復役に乗り移ってこっちの傷を…といいたいところだが。」
ジース「何か案でもあるんですか?」
ギニュー「せっかく骨クッパ様が授けてくださったエネルギーだ。ここは試し打ちと行くか。」
はやて「!?か、体が…!」
平次「はやてぇ!」
ギニュー「我々の"元"主はこのあと爆破させることができたが、我々にはできないからな。出来ることと行ったらこれくらいだ。リクーム!」
はやて「!?」
リクーム「おう!これは綺麗なお譲ちゃんじゃないか。穢し甲斐が・・・・あるぜ!!!」
ギルティア「や、やめろ!」
ギニュー「ああん?…生意気な奴がいるようだな。バータ!いためつけろ!」
バータ「おう!"スペースマッハアタック"!」
ギルティア「うあああああっ!」
黒船「ギルティア!」
クラタナ「!?ギルティアのBURSTコアエンジンに反応!?エネルギーが上がっています!」
黒船「なにぃ!?」
【放て!ファイナルバースト!】
ギルティア「あの時見たく、僕は負けたくない…そして、今さっき守りたい人もできた。ここで死んだら…死んでも死にきれない!!!」
バータ「!?」
ギルティア「"タービュランスエッジ ZERO!!!」
バータ「ぐぬおああああああ!!!!」
リクーム「うがああああああ!!!!」
ギルティア「はてろぉ!!!」
ガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュガシュッ!ドガァァァン!!
バータ 他界
リクーム 他界
ギルティア「っと。」
はやて「!?あ、ありがと…な。」
ギルティア「へへっ、よかったよ。怪我がなくて。」
アルバロス「戦況があっちに傾いたか…」

ジース「とりあえずここはファイティングポーズして本気出しましょう」
ギニュー「そうだな」
ギニュー&ジース「ギニュー特戦隊!!!」
オヤ12「美しくないなー」
コブラージャ「美しいのは僕の方(ry」
オヤ12「黙れ」
ギニュー「グルドの奴が気絶してるから全く美しくない」
ジース「後バータとリクームの奴もやられちまったしな」
オヤ12「後は残ってる組で何とかしましょうぜ」
ジース「そうだな」
オヤ12「さて、再度襲撃しますか」
ピッコロ「いきなりで悪いがこれでも喰らっとけ!!!」【超爆裂魔波】
オヤ12「やっべwwグルドがあぶねぇwwww よしコイツでを肉壁に」
死神(荒らし)「ちょ」
ドカアアアアアアアアン
死神(荒らし)他界
オヤ12「何とかグルドは助かった」
ジース「ナイスだったぞ客車」

グルド「…んあ アレ俺は確か」
オヤ12「グルド復活したぞ」
ギニュー「そうか ならファイティングポーズだ」
ギニュー&ジース&グルド「ギニュー特戦隊!!!」
オヤ12「美しくないなー」
コブラージャ「美しいのは(ry」
オヤ12「お前に聞いてない」
ジース「また新しいのを考えた方が良いな…」
ギニュー「それもそうだな…」
オヤ12「考えるのは後でいいんじゃないのか?」
ギニュー「それもそうだ。今はバトルに専念しよう」
ジース「この先どうするかが問題だぜ」
ギニュー「ここは私に任せろ」
ジース「分かりました隊長!」
ギニュー「(この中から誰に入れ替わるとするか…まずは身軽な奴からだ)」
オヤ12「考えてる間は俺攻撃するわ」【客車アタック】
ドガッ
リン「リィン!」

ギニュー「(よし、まずはあいつからだ)」
リン「破壊パンt」
ギニュー「チェーンジ!!」
リン「リィン!?」
ピカーッ
バート「なんだ!?」
デキット「光ったぞ」
ジース「(ついに出たぞ 隊長お得意のボディチェンジが)」
リン(ギニュー)「この体もなかなかいいな」
ギニュー(リン)「リィン!なんだこの体は!!」
カズキ「体が入れ替わった!?」
ギニュー(リン)「すげぇ地味だリーン」
リン(ギニュー)「おかげで体が超軽くなったぞ。まずは手始めに破壊パンチ!」
ドカァ
モリト「モー!?」
リン(ギニュー)「連打破壊パンチ!!!」
ドカドカドカドカドカボカスカボカスカボカスカドカボカ
モリト「モー!?」
カーズィ「いてっ」
パックン「うわっ」
リン(ギニュー)「これならさほど戦闘力も変わらんのだろうな」

プリウスα「!?ま、まつ毛の長いピンク玉とギニューとかいう人の魂が入れ替わってしまい」
リン(ギニュー)「バーストハカイパーンチ!」
プリウスTC「ぐぅっ!」
プリウスα「ツーリングさん!?」
プリウスTC「あ、アルファ…早く注射器を俺に寄越すんだ!」
プリウスα「で、でも」
プリウスTC「早く!」
プリウスα「わかりました。」
プリウスTC(パシッ。)「だぁあああああ!」
ぐぼ、ぼぼぼ、ボシャアッ!
プリウスTC「てりゃあっ!」
ゴスッ!ギュルルルルル!
リン(ギニュー)「オゴゴゴゴゴゴ」
プリウスTC「これで…後はあいつに…!」
ギニュー(リン)「ぷ、プリウスツーリング!?と、とち狂ったのかりぃ―ん!?」
プリウスTC「そこから動かないでくれ!やああああああ!!!!」
ゴスッ!
ギニュー「グオオオオっ…っても、元に戻った!?」
プリウスTC「α!これをそこのピンク玉に!」
ギニュー「隙だらけだ!」
プリウスTC「!?くっ…は、はな…!」
ギニュー「これなら避けられまい!チェーンジ!!!」
プリウスTC「!!!?」
ライバード「ツーリング!!大丈夫…か?」
プリウスTC(ギニュー)「きひっ!」
ライバード「っ!があっ!」
プリウスTC(ギニュー)「このキシキシした感触が気になるが…この力、よぉしっ!せぇぇぇ…りゃあっ!」【フルリザレクション】
ギルティア「!?ば、馬鹿な!」
リクーム「う、ううん…?おや、あんさんとちでも狂ったんですか?」
プリウスTC(ギニュー)「別にとちは狂ってはいない。俺が入り込んだんだ。」
リン「う、ううん」
プリウスα「せやああああっ!!!」
【カウンター成功!】
プリウスTC「せぇいっ!」
ダァンッ!
プリウスα「やぁうっ!」
ギニュー(プリウスTC)「α!」
プリウスα「も…もしかして…ツーリングさんですか…?」
ギニュー(プリウスTC)「そうだよ。」
プリウスα「よかった、私のセンサー、壊れていなかったみたいですね」
ギニュー(プリウスTC)「残念だけど、今の体では…っ!?」
鶴姫【糸縛りの矢】
プリウスα「つ…鶴姫さん…違うんです…!この人の中身は…仲間なんです…!」
鶴姫「あの時の私じゃありません。もう何物にもだまされませんよ。」
プリウスα「…【エナジーヒール】こうなったら、わからせるほかないようですね…」
ヴィッツ「やめるんだ!αさん!鶴姫さん!」
アルバロスDW「よそ見は禁物だ…"死の羽撃"!!!」
ヴィッツ「うがぁっ!」
プリウスα「フローズン…ヴェイパー!!!」
鶴姫「っ!」【1の狙い矢】
プリウスα「くっ!わかってください!カンナギであるあなたなら…わかっていただけるはずです!」
鶴姫「大谷さんのようなウソには騙されませんよ。」
プリウスα(前の経験が仇になってる…どうすれば…!)
プリウスTC(ギニュー)「仲たがいしているところ悪いが…死んでもらうぞ!」
鶴姫「!?つ、ツーリング…」
ヴィッツ「でやあああああっ!!」
ドゴォッ!
プリウスTC「ごほおっ!こ、このからくり風情がぁ!」
ヴィッツ「鶴姫さん、今のでわかったでしょ。ツーリングさんの体は今敵に乗っ取られてるんだ。僕はあの藤色の奴がツーリングさんにベアはっ愚をし始めたところから感じ取ったよ。」
鶴姫「そ、そんな…」
ヴィッツ「巫でも、見通せないことはあったんだね。けれど、それを僕は攻めはしない。今は見てくれで騙したあいつを懲らしめることに集中しよう。」
鶴姫「わかりました。」
ヴィッツ「"メヴィウスソウル"。鶴姫さん、カンピオ・フォルマだ!」
【break up!】
鶴姫「行きます!ヴィッツ、カンピオ・フォルマ!」
プリウスTC(ギニュー)「へっ、当人が見てくれ変えてどうするってんだ?」
鶴姫「見てくれだけかどうかは・・・実際に戦ってみなきゃ分かりません!」【なゆた一閃】
プリウスTC(ギニュー)「ぐうっ!?」(か、風の属性に氷が付加された・。・・・だと!?)
鶴姫「御覚悟です!」
プリウスTC(ギニュー)「ぐうっ!」
鶴姫「悪霊・・・・退散!」【清浄きらら矢】
プリウスTC(ギニュー)「がああああっ!」
鶴姫「成敗、か…んッ!?」
プリウスTC(ギニュー)「…あともう少しで元に戻るところだったぜ…」
鶴姫「そ、そんな…!」
ヴィッツ『隙を見せないで!すぐ…っ!』
プリウスTC(ギニュー)「てりゃぁ!せやあっ!」
鶴姫「あうっ!うあっ!」
シュウ…
ヴィッツ「ぐうっ!一筋縄ではいかないようだね…」

ジース「向こうは隊長に任せてこっちは俺らの担当だ」
オヤ12「だな」
コブラージャ「影が薄いんだが」
グルド「何もしない奴はおとなしく家に帰った方が良いぞ」
オヤ12「さぁ、ショータイムだ」
ウィザード「俺の名言パクるな」
オヤ12「うるせぇ」
デキット「異議あり!」
ドカッ
オヤ12「いてっ 抗議する気かw」
グルド「よし、チャンスだ」【金縛りの術】
デキット「なっ!?動けん!!」
ジース「グルド!ナイスだ」
オヤ12「んじゃ倍返しと行こうかね」【客車アタック】
ドガッ
デキット「ぐっ」
ジース「くらえ!」【クラッシャーボール】
ドカアアアアン
デキット「うわーっ」
オヤ12「このままフルボッコだー」
カーズィ「罰を受けよ」
ドガッ
グルド「ぐほっ!?」
デキット「助かった」
オヤ12「畜生めー」