マヤ34

「事業用客車だからって甘く見てると痛い目に合うよ」

マヤ34とは

JNR(日本国有鉄道)が開発した事業用客車。

電車としてのマヤ34

1959年から1981年にかけて製造された事業用客車。
マヤ34までが登場するまでは作業員の目視に頼っていたが、列車の本数増加と高速化が進んだことで作業員の目視による検測には限界が生じてきたことから、列車として通常の速度で走行しながら軌道の検測を行う車両の研究が鉄道技術研究所により進められ、1959年に登場した。
用途の特殊性から現場お呼び鉄道ファンの間では『マヤ険』、『マヤ』、『マヤ車』と呼ばれている。
自走が不可能なので、機関車などに牽引させてもらう必要がある。

全国に10両在籍していたが老朽化などの影響により、現在では3両 *1 が残るのみとなっている。(そのうち東日本の1両は保留車なので実質2両しか稼働していない)

SSでのマヤ34

第5章から登場。ドラッグ軍に所属していた。
出撃する部隊を骨クッパに伝える係になっている。
また、単独で戦うことも可能。
しかし、大した活躍はなかった。
終盤にて復活厨と化したドラッグを裏で恨むようになる。
最終的に「 正直私も貴様に従うのも嫌だったんでね。1人で勝手に暴走してろ 」と言い、ドラッグ軍をやめる
その後はドラッグ革命(愛しの仲間でのの項目参照)に入った。
ドラッグ革命解散後は真・クッパ軍に所属している。

シーズン2第1章では真・クッパ軍に移籍。
キュアサニーを捕獲するためにB★RSの世界にダークプリキュアやソ301形、E501系と共に出撃する。
しかし、肝心のキュアサニーが不在 *2 で特に何もせず退散する。
その後は出撃する部隊を使える係として活躍した。

第2章でも引き続き登場する。

第3章で電車洗脳パッチを壊されて洗脳が解ける。
シーズン2第4章では味方になり、空想JHIR企業で働いている。
基本的常人キャラになっている。

愛しの仲間でのマヤ34

ドラッグ革命に所属。
ドラッグが復活する際に喜んでいた部下に対し「 5章の最終局面で暴走したのにか? 」と発言している。


一人称

一人称は「私」

補足

  • JR線だけではなく東急や西武、小田急、相模鉄道なども検測していた。
  • JR北海道の方では急行はまなすの編成に組み込まれていることがあったりする
  • 『マヤ』と呼ばれているがマヤ歴や戦艦、さらにはごちうさのとあるキャラとも関係などない。


  • 検測
検測しながら攻撃
  • 流星群


関連