都営5300形

概要

東京都交通局所属の地下鉄電車。

電車としての都営5300形

車両冷房化などによるサービス向上と老朽化した都営5000形の置き換えを目的に1991年(平成3年)3月31日から営業運転を開始した。
MT比4M(電動車)4T(付随車)構成の8両編成27本計216両が在籍する。
前面は傾斜した流線型で左右非対称のデザインとし、正面にはプラグドアの非常扉を設置した。行先表示器には都営地下鉄の車両で初めてLED式を採用した。表示器の左右には丸い通過標識灯が設置されている。
主に都営浅草線、京急線、京成線、北総線で活躍する

SSにおいての都営5300形

シーズン2から登場
敵キャラとして登場しているがどこにも所属していない。

彼がヒカリアン星にいた頃白い悪魔の座を狙いバスターセブンと熾烈なる争いをした事があり、のぞみ隊長らは誰もがセブンが白い悪魔の座を手にすると思っていたがありえないレベルの爆音を出す事が理由で交通局の白い悪魔の異名を得た過去がある。

本編では第2章から登場。
バラックシップが登場しちょいとたってからの登場。
バラックシップ、アイアンロックス同様フリー敵キャラで登場。
因縁のライバルバスターセブン(となのは)と勝負をすることになる。
この時、ベジータと平次を岩盤送りにいしている *1
圧倒的戦闘力で2人をおし始める。
しかし他の介入により多少押され始め、プラティオと激しい戦いを繰り広げるも隅田川花火爆弾でプラティオを倒す。
だがその後EXバラックシップが中破になると形勢が多少逆転。押され始め、ヴィッツのブリザードアローで氷結される。

しかし直後にベジータがクモヤ743形に岩盤を食らった衝撃で氷結を解除でき、そのお礼としてベジータを岩盤で突き飛ばした。
その後は白い悪魔関係なしに他のメンバーとともに戦いを来る広げる。
最後はヴェルファイアの攻撃で大破する。

その後戦闘を続けようとしたが豊橋鉄道T1000形K-1000が乱入。
そのまま馬込車両検修場に強制連行されていった。

4章でも登場予定。
引き続きフリー敵キャラとして参戦する

補足

  • VVVFインバータ制御装置がありえないレベルの騒音を(特に地下区間で)出すことから 交通局の白い悪魔 と呼ばれている。 *2
  • 白い悪魔の座に関してはいまだにバスターセブンに因縁をつけられている


  • スターライトブレイカー
元はなのはの技。破壊力はなのはより上
なお調節も可能。
  • スターライトブレイカーex
この技も元はなのはの技。ちなみに連射可能。
  • アサクサライトバースト
スターライトブレイカーexを撃ってるうちに使えるようになった技。
  • 爆音
独特の走行音を出して攻撃する。ジャイアンの歌と同等のダメージを与えられる。爆音の威力はキハ391系とほぼ同じ。
  • 太陽の歌


関連

以下同じ白い悪魔の人たち