スプリントトレーニング

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

短距離のトレーニングでまず行うのは、ウォーミングアップ。ストレッチと、ジョギングです。

ストレッチとジョギングは、短距離のトレーニングに欠かすことが出来ません。
ストレッチは体を柔らかくするため、ジョンギングは、走る力をつけるための、トレーニングです。
また、ストレッチも、慣れ始めるとサボリがちになってしまいます。
短距離のトレーニングにストレッチは欠かせないので、どんなに面倒でも、必ず行うようにしてください。

この練習も効果的だと思う方はコメントにて練習内容と効果について書いてくださると助かります。知識を共有しましょう。


練習メニュー





ウェーブ走

ウェーブ走とは、走る力を変えながら走ること。
例えば400mを走ることにした場合、100mは全力で走ります。
そして50mはリラックスした状態で走り、ラスト250mは全力で走ります。
50mずつずらして行うのが一般的です。
ウェーブ走をすることによって、スプリント力、ラストスパートの力が鍛えられます。
また、リラックスして走る事も出来るようになります。


SD

スターティングブロックを使った30~50mダッシュの練習がおすすめです。
繰り返すことにより、瞬発力が強化され、さらに、スタートの合図のタイミングを合わせることで、無駄のないスタートを切ることができるようになります。

マーク走

現在のスライドを維持したまま、ピッチの回数を増やす、というものです。
自分にとって最大限のスライドをマークし、そのマークを元に、意図したスライドを維持したまま、ピッチを増やしていく練習を行いましょう。

坂道走

坂道では平地と違い、上へと体を持ち上げる力が必要な為、平地以上に足の筋力が鍛えられます。
さらに足を上げようとすると自然に腕振りも大きくなる。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|