ここに挙げているポケモンは、あくまでも参考程度のものです。現地点では筆者が過去の作品での活躍やタイプを参考に例として上げているポケモンのみが掲載されますのでご了承ください。
文中、技名は「」、特性名は〔〕で表記しています。


ホウエン図鑑のポケモン


秘伝要員


ジグザグマ⇒マッスグマ

覚える技 ジグザグマ:「いあいぎり」「なみのり」「いわくだき」/「あなをほる」
マッスグマ:「いあいぎり」「なみのり」「かいりき」「いわくだき」/「あなをほる」
出現場所 ジグザグマ:101~104番道路、110番道路、116番道路、117番道路
マッスグマ:118~121番道路
特性〔ものひろい〕でアイテムを収集できるのが最大の長所。
手持ちに空きがある場合はとりあえずジグザグマ・マッスグマで埋めておけばアイテムを拾ってきてくれる。
ただし第4世代から特性くいしんぼうが追加されているので、捕まえる毎に特性は確認しよう。
レベルが上がるごとに〔ものひろい〕の収集アイテムは良くなっていくので、「がくしゅうそうち」で育ててやろう。
わざマシンで「でんじは」「どろぼう」、自力(ジグザグマLv.23、マッスグマLv.24)で「ほしがる」を覚えられるので、最低限の捕獲役やアイテムを奪う役割も任せられる。
「なみのり」は攻撃のきそポイント群れバトルで稼ぐ場合にも有効。詳細は下記参照。

トロピウス

覚える技 「いあいぎり」「そらをとぶ」「かいりき」「いわくだき」/「フラッシュ」「あまいかおり」
出現場所 119番道路、120番道路
中盤以降の「いあいぎり」&「そらをとぶ」要員。
クリア後は「あまいかおり」で群れバトルを発生させ、きそポイントを稼ぐためにも使える。

キバニア⇒サメハダー

覚える技 キバニア :「なみのり」「たきのぼり」「ダイビング」
サメハダー:「なみのり」「かいりき」「たきのぼり」「いわくだき」「ダイビング」
出現場所 118番道路、119番道路(釣り)
サメハダーで「なみのり」すると通常より移動速度が早くなるので、広い海の探索に最適。
ただしサメハダーに乗っている間は釣りはできない。
いいつりざおでキバニア、すごいつりざおでサメハダーが釣れる。進化レベルは30。
また、エピソード デルタクリア後のバトルリゾートにてアクア団団員からサメハダーを1匹譲ってもらえる。

マリル⇒マリルリ

覚える技 「なみのり」「かいりき」「たきのぼり」「いわくだき」「ダイビング」
出現場所 102番道路、111番道路、114番道路、117番道路、120番道路、123番道路(主になみのり)
サメハダーの下位互換だが、道中で入手しやすい。117番道路、120番道路は稀に草むらでも出現する。

ラティオス・ラティアス

覚える技 「いあいぎり」「そらをとぶ」「なみのり」「たきのぼり」「ダイビング」/「フラッシュ」
出現場所 南の孤島(イベント)
ストーリー中に必ずいずれか1匹が手に入る伝説のポケモン。
戦闘力も高いが、バトル要員にしないのであればいっそ秘伝用にしてもよい。
むげんのふえが使えるようになれば「そらをとぶ」の代わりに使えるが、目的の場所に着くのに若干時間がかかるのでお好みで。

捕獲要員

キノガッサ

特徴 〔ポイズンヒール〕+どくどくだま+「キノコのほうし」+「みねうち」
出現場所 トウカの森(キノココ)
命中100の「キノコのほうし」と〔ポイズンヒール〕と先手「みがわり」で、こちらが倒されることがまずない。どくどくだまを持たせ忘れないように。
「キノコのほうし」はキノココのままLv.40まで育てないと覚えない。
隠れ特性の〔テクニシャン〕で高火力「みねうち」という手もあるが、〔ポイズンヒール〕持ちでも「つるぎのまい」でカバーは効く。
特性〔ほうし〕は相手を意図しない異常にすることがあるので非推奨。捕獲用のキノガッサを用意する場合はサーチを使おう。

エルレイド

特徴 「さいみんじゅつ」+「みねうち」+「ちょうはつ」+「でんじは」
出現場所 102番道路(ラルトス)
キルリア♂にめざめいしを使って進化させるポケモン。
「さいみんじゅつ」はラルトスLv.37、キルリアLv.44で覚える。命中率が不安なのでこうかくレンズを持たせても良い。
サーナイトへの進化はキルリアLv.30以上なので、育成中うっかり進化させないように、かわらずのいしを持たせておくと良いだろう。
めざめいしの入手が困難だが、スパトレやひみつきちやPGLアトラクションなどで、運が良ければ手に入る。
「みねうち」はわざマシンだけでなく、エルレイドLv.44で習得することもできる。
技マシンで相手の厄介な補助技を封じる「ちょうはつ」や命中率と自然回復しない点で優れる異常技「でんじは」も覚えることができる。

メガカイロス

特徴 〔スカイスキン〕+「みねうち」
出現場所 サファリゾーン(カイロス)
カイロスに「カイロスナイト」を持たせてメガシンカさせたポケモン。カイロスナイトは124番水道で入手可能(要なみのり・ダイビング)。
ノーマル技をひこう技に変えた上に、威力を更に1.3倍する特性〔スカイスキン〕の効果で、ゴーストタイプに「みねうち」が効くようになる。
その上、上記の威力増加の効果もあって「みねうち」単体でHP1まで削りやすく、多少固い相手にも「つるぎのまい」「ビルドアップ」などの積技があるので減らしやすい。
メガシンカのモーションが煩わしいのが難点。
メガカイロスが活躍するのは強いて言うならギラティナ戦などだろうか。

テッカニン

特徴 育てやすい「いのちがけ」要員(タマゴ技)
出現場所 116番道路(ツチニン)
孵化歩数3840歩、経験値タイプ60万。遺伝経路はアギルダー(Lv1/Lv56で習得)♂×ツチニン♀。もしくは116番道路のずかんナビで。捕獲する場合はクイックボールを用意しよう。
HPを「目的のポケモンの理想HP-1」にしていのちがけをすることにより、捕獲せずにHP個体値厳選が出来る。固定シンボル向け。
ギラティナ等ゴーストには出来ないと思われがちだが、「みやぶる」は 相手をみやぶる状態にする 技なので、みやぶる要員が瀕死になっても効果が持続し、死に出しで「いのちがけ」が効く。
オススメの「みやぶる」要員はドンファン(頑丈+かぎわける)。

ラルトス⇒キルリア⇒サーナイト

特徴 〔シンクロ〕で相手の性格を半固定
出現場所 102番道路
〔シンクロ〕持ちのポケモンが先頭にいる状態で野生のポケモン(固定シンボル含む)とバトルになると、50%の確率(※)で相手の性格が〔シンクロ〕持ちと同じになる。瀕死になっていても先頭に配置していれば効果はある。
特定の性格のポケモンを厳選する場合は、戦闘に瀕死の〔シンクロ〕持ち、2番目に上記の捕獲要員を配置するとよい。
サーチや孵化等で色んな性格の〔シンクロ〕持ちを用意しておこう。
ORASだけで捕まえられる〔シンクロ〕持ちは他にもいるが、序盤からゲットでき、「おきみやげ」(タマゴ技・サーチ産)など即瀕死になる技を覚えるラルトスに分がある。
ラルトスはエルレイドに進化すると特性が〔ふくつのこころ〕に変わるため注意。

(※)シナリオ中のイベントで仲間になるラティオス・ラティアスは、バトルにはならないが先頭〔シンクロ〕による性格固定が100%起こる。
逆にシナリオ中のグラードン・カイオーガは先頭〔シンクロ〕の性格固定が起こらない。詳細は伝説のポケモン・固定シンボル等を参照。

孵化要員

マグマッグ・マグカルゴ・バクーダ

特徴 特性〔ほのおのからだ〕〔マグマのよろい〕
タマゴの孵化が早くなる特性〔ほのおのからだ〕〔マグマのよろい〕を持つ。(〔どんかん〕持ちのドンメルがバクーダに進化すると〔マグマのよろい〕になる)
タマゴ孵化作業時にはこの内1匹とタマゴ5個を抱えて走り回るのが基本である。
エピソード デルタクリア後のバトルリゾートにてマグマ団団員からバクーダを1匹譲ってもらえる。


全国図鑑のポケモン

捕獲要員

テッポウオ⇒オクタン

特徴 ドーブル以外で「みずびたし」と「なかまづくり」の両立
出現場所 バトルリゾート(釣り)
「みねうち」・「キノコのほうし」耐性を消せる「みずびたし」、〔プレッシャー〕など厄介な特性を消せる「なかまづくり」(タマゴ技)を両立できる。
「なかまづくり」を考慮すると特性はオクタン時の〔きゅうばん〕が安定。〔ムラっけ〕だと毎ターンエフェクトが出るし、〔スナイパー〕だと不意の急所が痛くなる。
テッポウオ時の〔はりきり〕も物理技の被ダメージが上がるので非推奨(進化で〔きゅうばん〕になる)。
〔きゅうばん〕でも自分から交代・逃げることは可能なので問題ない。

アイアント

特徴 〔なまけ〕+「なかまづくり」で相手の特性を変える
出現場所 XYの18番道路・終の洞窟(群れバトル)
相手のPPが枯れて「わるあがき」される場合はこのコンボでPP節約させる。
〔なまけ〕は夢特性。

ヌオー

特徴 〔てんねん〕+「あくび」(「じこさいせい」)
出現場所 XYの14番道路・19番道路・フレンドサファリ
固定シンボルの中にいる積技持ちに対し、その能力上昇を無効化する隠れ特性〔てんねん〕で安定してボールを投げ続けることができるようになる。
他にも「あくび」で「でんじは」や「キノコのほうし」が効かない相手にも状態異常を与え、長引いて蓄積したダメージを回復する「じこさいせい」でタイマーボールの捕獲率上昇も狙える。

孵化要員

ウルガモス・ヒノヤコマ・ファイアロー

特徴 特性〔ほのおのからだ〕+「そらをとぶ」
出現場所 ウルガモス:マボロシの場所(メラルバ)
ヒノヤコマ・ファイアロー:XYの2番道路・3番道路・ハクダンの森(ヤヤコマ)・フレンドサファリ(ヒノヤコマ)
タマゴの孵化が早くなる特性〔ほのおのからだ〕と「そらをとぶ」を両立できるポケモン。
ただし今作では育て屋とジャッジを往復するのに「そらをとぶ」必要がないため、〔ほのおのからだ〕か〔マグマのよろい〕を持つポケモンならマグマッグ等でも大して効率に差はない。
ウルガモスの進化前であるメラルバも〔ほのおのからだ〕持ちだが「そらをとぶ」は覚えられない。進化はLV59。

万能

ドーブル

特徴 「スケッチ」であらゆる技を覚えられるので、特性が絡まない役割であれば何でも行うことができる。
ただし素早さ以外のステータスが絶望的に低いため、相当にレベルを上げないと簡単にやられてしまう。
出現場所 XYの7番道路・フレンドサファリ
秘伝 すべての秘伝技を覚えられる。他にこれができるのはミュウ、カイリュー、アルセウスのみ。
下記要員の余ったわざ枠に「そらをとぶ」等を入れる事が多い。
捕獲 キノガッサと同様、「みねうち」+「キノコのほうし」+特性〔テクニシャン〕が可能。
更に、「みずびたし」で相手をみずタイプにする事で、ゴーストタイプに「みねうち」、くさタイプに「キノコのほうし」を当てる事ができる。
ゴーストタイプの「のろい」による自滅も避けられ、〔ちょすい〕プルリル以外の野生ポケモンを楽に捕獲できる。
「いえき」や「スキルスワップ」など相手の特性を変える技も覚えさせておけば上記の〔ちょすい〕プルリルや〔ふみん〕持ちなども対処可能。
金策 イベントで配布されたポケモンだけが覚えるレア技「ハッピータイム」をコピー可能。(効率のよい稼ぎ方参照)
「ネコにこばん」を使えばさらなる副収入も。
さかさ
バトル
「ハロウィン」を掛けて「みねうち」を使うことで、相手を倒すことなくあらゆる相手から効果抜群を取れる。
進化の石やふしぎなアメを稼ぐ事が可能。(さかさバトル参照)
群れバトル 下記を参照。


備考

Oパワー

サブロムを利用して連続して使う場合は、Oパワーをかける側が事前にレポートし、効果が発動したらリセットすることでノーコストで使用可能。意外と効果発動までラグがあるので注意。
サブロムを使わない場合は、戦闘前しか使うタイミングがないため、「○○かいふくパワー」は使えない。積み系パワーは複数持ち込めるが、コストの関係で「ほかくパワーLv.3 (6)」+「○○パワーLv.1 (3)」か「ほかくパワーLv.2 (5)」+「○○パワーLv.2 (5)」が限界か。
詳細はOパワーを参照。
  • ほかくパワーLv.3:固定シンボルにはとりあえずこれ。
  • HPかいふくパワーLv.3:先頭ポケのHPが200回復する。
  • PPかいふくパワーLv.2:先頭ポケの全技PPが10回復する。
  • こうげきパワーLv.3:ぐぐーんとあがる。
  • すばやさパワーLv.2:ぐーんとあがる。まもると合わせればキノガッサでデオキシス抜きを安全に行える。
  • きゅうしょパワーLv.3:必中急所。攻撃パワーLv.3+攻撃パワーLv.3+急所パワーLv.3で火力が6倍に。
  • めいちゅうパワーLv.2:ぐーんとあがる。さいみんじゅつ(命中60)が命中100超え。うたう(命中55)はLv.3で命中100超え。

定数ダメージ技

戦闘中に相手のHP判定ができる技一覧。
タイプ 効果
ソニックブーム ノーマル 20ダメージ / 命中90
りゅうのいかり ドラゴン 40ダメージ
ちきゅうなげ かくとう [攻撃側のレベル]ダメージ
ナイトヘッド ゴースト [攻撃側のレベル]ダメージ
いかりのまえば ノーマル [防御側の現在HP÷2(切り捨て)]ダメージ / 命中90
がむしゃら ノーマル [相手の残HP−自分の残HP]ダメージ
みがわりを考慮しなければ相手のHPを自分のHPと同じにする技
いのちがけ かくとう [自分の残HP]ダメージを与えて自分ひんし / 技失敗でひんしにならない
カウンター かくとう [受けた物理技のダメージ×2]ダメージ
ミラーコート エスパー [受けた特殊技のダメージ×2]ダメージ
メタルバースト はがね [受けたダメージ×1.5(切り捨て)]ダメージ / 優先度 0
がまん ノーマル [がまん中に受けたダメージ×2]ダメージ
いたみわけ (ノーマル) 自分と相手のHPを[(自分の残HP+相手の残HP)÷2(切り捨て)]にする。それが最大HPを超える場合、最大HPになる。 / タイプ相性で無効化されない。

  • 活用例
ポケットモンスターX・Y 攻略情報まとめwiki - 伝説のポケモン・固定シンボル等 では、ちきゅうなげソニックブームドーブルが例に挙げられている。
いかりのまえばをHP最大相手に使えば、HPバーの色が偶数なら黄色、奇数なら緑色になる。

群れバトルについて

群れバトルはきそポイントを稼ぐのに非常に適しているが、以下の欠点がある。
  • HPの基礎ポイントを稼げるゴニョニョは特性〔ぼうおん〕により音技が無効。
  • 攻撃の基礎ポイントを稼げる送り火山内部のカゲボウズは、「かげうち」による先制攻撃を行い無駄な時間がかかる。
    「かげうち」無効のノーマルタイプを先頭にすると時間短縮。
  • 防御のきそポイントを稼げる111番道路のサンドは、特性〔すながくれ〕+元々の天気の砂嵐で攻撃を避ける可能性がある。
    必中技かつ全体技である「チャームボイス」「スピードスター」を使うか、特性「ノーてんき」「あめふらし」などで砂嵐を打ち消す事を推奨。
  • 特防のきそポイントを稼げる115番道路のチルットは、草むらに辿り着くまでに「なみのり」が必要。

「ノーマルタイプで、『あまいかおり』と『なみのり』を覚え、『チャームボイス』か『スピードスター』が使えるポケモン」は、ドーブル1匹しかいない。
ただし、「スピードスター」はカゲボウズに無効、「チャームボイス」は〔ぼうおん〕のゴニョニョに無効である。
よって、群れバトル関連をドーブル1匹にすべて任せる場合、「そらをとぶ」「あまいかおり」「なみのり」「スピードスターorチャームボイス」という技構成となる。
もっとも、「ドーブル以外の手持ちポケモン5匹に同時に同じ努力値を振る」ということを行わないのであれば、「あまいかおり」役と全体攻撃役を別のポケモンにした方が用意が楽。

  • 群れバトルにおすすめのポケモン
ポケモン 主な出現場所
主な入手方法
備考
ドーブル 7番道路 (XY)
フレンドサファリ (XY)
【スピードスター/なみのり/あまいかおり/そらをとぶ】
影打ち無効、必中全体技持ち、ナゾノクサ・カゲボウズ・防音ゴニョニョに一貫する技構成
移動も満たす。
チルット 114番道路、115番道路 【ハイパーボイス/チャームボイス/マジカルシャイン/そらをとぶ】
影打ち無効、必中全体技持ち持ち、ナゾノクサ・カゲボウズ・防音ゴニョニョに一貫する技構成
上記の条件を満たし更にそらをとぶも使える。
特性は戦闘開始時にメッセージが表示されないしぜんかいふく。
チルタリスは「ドラゴン/ひこう」のため、Lv.100まで進化キャンセルか、かわらずのいしを忘れずに。
プリン 115番道路 【ハイパーボイス/チャームボイス/マジカルシャイン】
影打ち無効、必中全体技持ち、ナゾノクサ・カゲボウズ・防音ゴニョニョに一貫する技構成
特性は戦闘開始時にメッセージが発生しないメロメロボディかかちき推奨
そらをとぶが使えないためチルットの劣化だが勝手に進化しないので管理が楽。
コダック サファリゾーン 【なみのり】
ノーてんきで砂隠れを無効化
トロピウス 119番道路、120番道路 【はっぱカッター/じならし/あまいかおり/そらをとぶ】
はっぱカッターは命中95で不安定。こうかくレンズでカバー
かげうちが通る上、戦闘のたびにこうかくレンズをおみとおしされてしまうため対カゲボウズには不向き。
シュシュプ 7番道路 (Y)
フレンドサファリ (XY)
【チャームボイス/マジカルシャイン/あまいかおり】
必中全体技持ち。かげうちが通るのが難点。
ヒメグマ タマゴ(Yでリングマ捕獲)
フレンドサファリ(XY)
【あまいかおり/じしん/ハイパーボイス/あなをほる】
かげうち無効、ナゾノクサ・カゲボウズ・ぼうおんゴニョニョに一貫する技構成
特性は便利なものひろいで確定。おくりび山ではカゲボウズのおみとおしを発動させないよう、戦闘前の道具回収を忘れずに。
リングマに進化したらものひろいを失うので注意
第3世代又は第4世代の教え技でスピードスター習得可
カイロス
オノノクス
ゴロンダ
など
かたやぶり持ちならだれでも 【じしん/なみのり/やきつくす/等】
かたやぶりですながくれ貫通
レシラム Nの城 (ブラック)
リュウラセンの塔 (ホワイト2)
おぼろのどうくつ (オメガルビー)
【やきつくす/りゅうのはどう/だいちのちから/そらをとぶ】
ターボブレイズですながくれ貫通、四天王戦でゆきがくれ・がんじょうも貫通

+オススメの群れバトルのポイント
※群れバトルオススメのポケモンはこちら
ステータス 場所 ポケモン(基礎ポイント) Lv(経験値) 備考
HP カナシダトンネル ゴニョニョ(+1)のみ Lv5(85) 特性:ぼうおんの個体には音系の技は効果なし。
攻撃 おくりびやま カゲボウズ(+1)のみ Lv15(315) 特性:おみとおしと先制技のかげうちで時間をとられるのが若干煩わしい。
防御 111番道路 サンド(+1)のみ Lv11(235) 特性:すながくれの個体に攻撃を避けられる可能性あり。
特攻 119番道路 ナゾノクサ(+1)のみ Lv12(270) 今作のあまいかおりは悪天候でも問題なく使える。
特防 114番道路 チルット(+1)
ハスボー(+1) / タネボー(B+1)
アルファサファイアにおすすめ。
オメガルビーの場合、タネボーは倒してはいけない。
115番道路 チルット(+1)のみ Lv10(220) 波乗りが必要で草むらまで遠いがチルットしか出ない。
素早 104番道路(南) ジグザグマ(+1)、キャモメ(+1) -
104番道路(北) ジグザグマ(+1)、スバメ(+1) -
流星の滝 ズバット(+1)のみ Lv9(155)
経験値は5匹倒した場合に学習装置で控えに振り分けられる値を表記

  • 二つ振る場合。
    • プラスル・マイナンなど、バージョンによっては出やすいポケモン、出にくいポケモンもいるので注意。
ステータス 場所 ポケモン(基礎ポイント) 備考
攻撃・素早さ 101番道路 ジグザグマ(素早さ+1)、ポチエナ(攻撃+1) -
103番道路 ジグザグマ(素早さ+1)、ポチエナ(攻撃+1)、キャモメ(素早さ+1) -
特攻・素早さ 110番道路 コイル(特攻+1)、マイナン(素早さ+1)、プラスル(素早さ+1) コイルが特性:がんじょうの場合あり&ちょうおんばで混乱させてくる可能性あり。
HP・特攻 117番道路 ナゾノクサ(特攻+1)、ロゼリア(特攻+2)、マリル(HP+2) -
HP・素早さ トウカの森 ケムッソ(HP+1)、キノココ(HP+1)、ジグザグマ(素早さ+1) -

表は暫定版です。加筆修正をお待ちしています。→オススメの群れバトルの編集
詳細は群れバトルを参照


コメントフォーム

  • カイロスの項目の
    >〔かたやぶり〕+「みねうち」によりゴーストタイプに「みねうち」を当てられる。
    何か勘違いしてない? -- (名無しさん) 2015-01-04 19:15:10
  • ↑きもったまと勘違いしてるようなので記述を削除しました。 -- (名無しさん) 2015-01-04 21:44:42
  • メガバングルのムービーがいちいち入るせいできもったま峰打ちの方が圧倒的に楽ってのは間違いではないし、時間あったら追加しとくか。てか、わざわざメガカイロス使うメリットってある?xywikiから引っ張ってきただけみたいだし、ないようならきもったま追加のときに消しときたいが -- (名無しさん) 2015-01-05 02:01:58
  • レベル上げがハピナスのおかげで楽勝な時点で火力の違いってのも大した差別化要因にはならない気がする。みねうちひとつ打つのにメガシンカのモーション出るのはマジで邪魔だし理由がないなら消しときたいが。プリンやエルレイドがあるのも謎だなチルットや、くろまなの記述をしないならキノガッサでいいし -- (名無しさん) 2015-01-05 02:05:32
  • 候補が多くても混乱するだけですから、整理した方が良いかもしれませんね。特に群れバトル -- (名無しさん) 2015-01-05 14:31:30
  • きもったまでみねうち覚えるのはゴロンダ(夢)系だけ、ゴロンダ系はorasだと手に入らないけど、カイロスはサファリで捕まえられる -- (名無しさん) 2015-01-06 19:32:40
  • 眠りとマヒだと眠りの方が捕獲率高くなるのでしょうか? エルレイドはさいみんじゅつよりでんじはの方が命中が高く、自然に解けないから使いやすい気がするのですが -- (名無しさん) 2015-01-14 21:40:10
  • ↑眠りの方が捕獲率は高いけど、掛けなおしが面倒、マヒは眠りと比べて捕獲率は低めになるけどでんじはの命中が100で自然に回復しない。という認識で合ってる。効く相手の数はさいみんじゅつ>でんじはだけど、そこは好みでいいし、両立もありかと。そういえばちょうはつも入ってないのでついでに加筆しておく。
    -- (名無しさん) 2015-03-20 12:46:55
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
※こちらは「情報提供欄」です。質問や雑談はご遠慮ください。

|