トップページ

家庭教師のファミリーとは

家庭教師のファミリー|ロゴ

家庭教師のファミリーは北海道を中心に展開している家庭教師の企業です。北海道では札幌支部、苫小牧・室蘭支部、旭川支部、函館支部、帯広支部、釧路支部に支店を構えています。北海道以外にも全国に展開をしており、静岡支部、沼津支部、浜松支部、東京支部と支部を構えています。

 

家庭教師のファミリーの特徴

家庭教師のファミリーの特徴は、入会金・年会費・管理費・教材費・運営費など、月謝以外全て0円という制度です。テキスト代や諸経費などが一切かからないので、テキスト代などがかかる塾より経済的です。北海道 札幌市・静岡県 静岡市・富山県 富山市を中心にプロ・大学生教師で家庭教師の無料体験を受け付けています。

 

家庭教師のファミリーのサービスエリア

本社は札幌にあり、指導エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・藤枝・沼津・富士・浜松・富山・札幌・旭川・函館・苫小牧・帯広と全国規模の企業です。創業は平成13年1月。テレビCMも流していて、北海道内・静岡県内では家庭教師業界トップシェアを誇る実績があります。また、インターネット家庭教師というサービスも開始しており、パソコンとネット環境があれば、いつでも、聞きたい時間に、好きなだけマンツーマン指導が受けられるのも家庭教師のファミリーの特徴です。

 

家庭教師のファミリーのコース

家庭教師のファミリーのコースは大きく分けて6つあります。(小学生コース・中学生コース・高校生コース・その他のコース・インターネット家庭教師・プロ教師のコース)そこからさらに、短期コースと長期コースに分かれており、さまざまな人に対応したコースを揃えています。

 

家庭教師とは

家庭教師は、主に小学生から高校生に対し、家庭で勉強を教える私教師である。国家資格ではないです。学習塾などと同様に、学校の授業の不足を補ったり、受験勉強を指導して志望校に合格させたりするために依頼されることが多いです。大学生や社会人が学業や本業の傍らにアルバイトで行なう場合もあれば、職業として専業の場合もあります。

家庭教師そのものを定義した法律は存在しませんが、特定商取引法における事業者サービスとしての定義によると、「学校の入学試験に備えるためまたは学校教育の補習のための学力の享受」とされています。

家庭教師事業者は、いわゆる家庭教師センターと呼ばれる法人の派遣会社が主体であり、日本においては、もっぱらこの法人派遣会社が家庭教師を仲介、または派遣することが主流です。その他一部ではあるが、産業区分で出版社に分類される教材販売事業者が家庭教師サービスを提供していたり、個人営業で生徒を募集している個人事業主であったり、インターネット上で個人契約を斡旋する、法人派遣会社と個人事業主の中間形態としての情報サービスもあります。

塾などを含めた小中高校生の受験または補習を目的とした、すべての学習サービス全体において、家庭教師が占める割合は数%程度です。

 

家庭教師のファミリーのサポート体制

あらゆるニーズに対応したサポート体制も魅力です。今学期の指導成果や授業の進み具合などを担当の教師が保護者に説明していきます。この際に、要望や意見等を吸い上げて今後に活かしていきます。

 

授業計画は完全にオーダーメイドで、生徒一人ひとり違った計画を作成します。そのため、学年途中から始めても問題なく進めることができます。また、テスト前には対策授業を実施し、しっかりと結果に結びつけます。その後、テスト結果から授業計画の見直しを行い、さらに成果に繋げます。

 

各エリアにおいて、一斉に実施される地域最大規模の模試により、学力診断・進路判断資料として精度の高いデータが得られます。この模擬試験の結果を元に生徒一人一人に合わせてより正確な個人データ・受験情報をご提供しています。

 

家庭教師ならではのオーダーメイド指導で、苦手分野や重要部分に的を絞った効率的な学習が実現できます。また、確実に学力をつけると同時に、学習習慣も身につけることが可能です。

 

家庭教師の選び方

「授業についていけるようにして欲しい。」

「基礎から教えて欲しい。」

「勉強のやり方を教えて欲しい。」

勉強する手段を変える理由はその子の状況によって様々だと思います。

「周りの友達が始めたから自分も始めよう!」とか「金額が安いからここに決めよう。」と安易に決めてしまうと後々失敗する大きな原因になります。

塾や家庭教師を選ぶ前に大切なのは、お子さまがどちらのタイプに向いているのか?というはっきりとしたスタイルを決めることです。

これを明確にすることで、本当にその子に合う勉強手段を見つけやすくなります。

まずは、お子さまがどちらのタイプに向いているのかをはっきりさせてからそれぞれの特徴を元に、正しい選び方で本当に合うやり方を見つけていきましょう。

 

家庭教師のファミリーのメリット

家庭教師のファミリーは、様々なニーズ、生徒に合ったコースを揃えていますが、家庭教師の最大のメリットは、やはり「マンツーマン」指導であることです。学校や集団塾の授業についていけなくなっても、家庭教師ならばお子様のペースに合わせて指導してくれるので、時間いっぱい効率よく学習することができます。

子どもの理解の早さにはどうしても個人差というものがあり、科目によって得意・不得意があるのはもちろんのこと、性格や学習ペースも、それぞれが全く異なってきます。

 

その点、家庭教師では、教師側がそれらに合わせて指導するため、お子様にピッタリの学習が可能なのです。

また通学時間がかからない上に、時間の融通も利きやすいので、部活や他の習い事との両立も無理なくできるでしょう。特定の科目だけを短期間に集中して学びたい場合や、試験対策をしたい時などにこちらの都合を聞いてくれるのも大きな魅力の1つと言えます。

 

もし万が一、派遣された教師との相性や指導法が合わないと感じた時は、すぐに教師を変更することができます。

学校や集団塾では質問できないという生徒も、信頼関係を築いた家庭教師には安心して質問できるでしょう。

 

家庭教師の口コミで気をつけること

家庭教師を選ぶ際にみなさんが気にすることは何でしょうか。

場所、価格、コースの内容、本部の信頼性など様々な評価指標があると思いますが、ここでは家庭教師を選ぶときに見るべき口コミついて解説します。

まず大事な口コミは「成果」をしっかり残しているかどうかです。家庭教師を頼むということは、勉強で悩んでいたり、中学・高校・大学受験に向けて学校とは別にしっかりと対策を練りながら勉強したいという方が殆どだと思います。ですので、例えば「家庭教師をお願いしてから成績があがった!」ですとか「志望校に受かった!」と言うような口コミがあると成果をしっかり残している家庭教師だとわかります。その際「数学が60点だったけど80点にあがった」ですとか「志望していた○○大学に受かった!」というような具体的な口コミがあると尚更良いですね。

次は「講師」です。講師はお子さんと一対一で勉強することになるので当然大事な項目となってきます。一概に講師と言っても様々なタイプの講師がいます。国語が得意な講師や英語が得意な講師、その中でも特に古典が得意な講師や文法が得意な講師。また科目だけではなく指導方法も講師によって違います。優しく見守るタイプの講師、ガンガン問題を解かせてどんどん質問をしていく講師などなど。お子さんが古典が苦手だから古典を教えてほしいのに国語が得意でも現代文専門の講師が来てはズレていますし、お子さんがゆっくり勉強したいのにガンガン問題を説かせる講師では相性が悪くお子さんも長くは続かないでしょう。「講師」の口コミを見ればだいたいどのような講師の方が担当だったか書かれていることが多いので、自分のお子さんに適した講師がいるかどうか探してみると良いかと思います。

次は「本部の対応」です。上記で成果や講師との相性という話をしましたが、どうしても中々成果が出なかったり、講師とお子さんの相性があまり良くないという事は起こりうることです。ではその時に大切になのは何かと言うと、本部の対応になります。このような問題が起こった際に素早く本部が対応してくれるかどうかが大事です。成果が出ないのにいつまでもだらだらと続けたり、相性がよくないのに同じ講師なのはお子さんにとってもフラストレーションが溜まってしまい逆に勉強のモチベーションも下がってしまうでしょう。その時に本部の方がしっかりと相談を聞いて対応をしっかりしてくれるところでしたら、仮に問題が起こってもすぐ解決の方向に向かいますし安心して勉強を任せることもできます。

以上の「成果」「講師」「本部の対応」3つが家庭教師を選ぶにあたって特に見るべき口コミになります。「価格」なども気になるところですが、安くても上記3つが悪ければ勉強の効果はないですし、逆に高くても上記3つが良い会社とは限りません。あくまで参考程度に留めておくべきでしょう。

 

家庭教師の選び方②

家庭教師の選び方には大きく分けて下記の3通りがあります。

①学歴で選ぶ

②料金で選ぶ

③プロor学生で選ぶ

 

①学歴で選ぶ

お子さんに志望校があるなら、そこのご出身の先生がいいでしょう。志望校出身の先生にお願いする利点は、志望校の雰囲気などよく知っているので、お子さんの勉強に対するやる気も出ます!そして、何より「お子さんの志望校に合格したという実績がある」。

このことは大きいです。教師にしても自分の指導に説得力をもたせられますし、お子さんも素直に指導についていくことができます。指導の中で、志望校を卒業したあとの進路についても教えてもらうことも可能です。お子さんがもし中学生で、高校受験のため勉強中ならその高校の卒業生の先生に教えてもらうことで高校生活の特色、その後の大学についてなどの貴重なお話を聞く機会が得られるかも知れません。

 

②料金で選ぶ

ご家庭の予算をオーバーしてしまっては大変。そこはご無理をなさらず、予算内で選びましょう。家庭教師の先生に「この授業は安いから」なんて言って手抜きする人は、ほとんどいません。考えてもみてください。家庭教師の派遣会社にとっても、そういう先生を抱えるのはとてもリスクが高いのです。無責任な指導は、会社の信用に関わってきますから。

しつこいようですが、予算は本当に大切なのです。「少しでもいい教育を」というのが親心だとは思うのです。私もそう思うのですが、長期間の指導になると授業料を払うのも長期間になります。出費の多い月などがたまたま続いたりすると、負担に感じることが増えてきます。そういう時期でも、無理なく支払えるくらいの予算を組んでおきましょう。

 

③プロor学生で選ぶ

プロの家庭教師の中には合格実績が豊富な先生もいます。プロというだけあって指導経験も人生経験もあり安心。でも、そんな先生にお願いするとなると、授業料が高額な場合が多いのが実情です。そういった意味では学生の家庭教師もいいでしょう。プロと比較すれば授業料がリーズナブルです。プロほどの経験や実績はありませんが、派遣会社で適性のチェックを

受けているはずです。派遣前に指導についてトレーニングを受けているかを確認すれば大丈夫でしょう。また、お子さんに年齢が近い分、お兄さん・お姉さん感覚で親しみやすい、という利点もあります。

 

ヨーロッパにおける家庭教師

ヨーロッパにおける家庭教師は、チューターtutorとよばれる。これは元来、未成年者などの保護者、後見人、監視者などの意味をもち、通例住み込みの家庭教師あるいは私的教師などの意味に用いられる。このチューターとよばれる家庭教師について教育を受けたのは、家庭教師を雇うことのできた上流家庭の子弟だけであった。この語の起源は、ギリシア時代のパイダゴーゴス(教僕)に始まり、スパルタに従属させられたアテネの教養人がスパルタ人の奴隷となって、主家の子弟を教育するものをいった。なお、有名な思想家で家庭教師の経験をもつ人たちには、アリストテレス、ロック、フィヒテ、カント、ヘルバルト、シュライエルマハー、ルソーなどがいる。上流階級の子弟だけしか教育を受けることができないという状況は、近代学校教育制度が整備される19世紀まで続いたのである。しかし、家庭教師指向の時代から学校教育指向の時代への転換は、簡単にはいかなかった。このことは、1868年、イギリスのオックスフォードおよびケンブリッジの大学生の11.6%は家庭教師のもとで教育を受けてきたことを明らかにした、私立のグラマー・スクールに関するタウント委員会の答申をみても明らかである。ただ、学校教育制度が充実するにつれて消滅していったのは事実である。

 日本における家庭教師は、ヨーロッパのように学校教育にかわるというものではなく、あくまでも学校教育を補足し、進学のための学業成績を向上させるという役割をもっているものである。歴史的にみると、明治末・大正初期ごろから、中産階級以上の家庭で家庭教師を雇うことが行われたが、それはきわめて少数であった。家庭教師の需要が爆発的に増加するのは、第二次世界大戦後、とくに昭和40年代以降である。昭和40年代は、それ以前に比べて後期中等教育も高等教育もともに進学率が急上昇し、その結果入学試験が過当競争化した時期であった。そして家庭教師のおもな供給源は大学生であった。

 その後、大手学習塾などの増加につれて家庭教師の需要は下火となる。1996年(平成8)に実施された、当時の総務庁青少年対策本部による基本調査では、小学校4~6年生で家庭教師についている者は男女ともにわずか1~2%、学習塾に通う者は25~27%であった。中学生では、家庭教師についている者が男女とも約5%、学習塾に通うものが男子50.2%、女子42.3%に達しており、学習塾通いが主流となってきたことがわかる。これは、家庭教師の月謝が学習塾のそれよりも高いということも理由として考えられる。

 

センター試験とは?

独立行政法人大学入試センターによって、例年1月13日以降の最初の土曜日・日曜日の2日間にわたって行われる、日本の大学の共通入学試験である。国公立大学共通第1次学力試験が大学共通第1次学力試験と改められ、さらに改称して現在に至る。正式名称は「大学入学者選抜大学入試センター試験」である。

 

しかし、1992年頃までは「新共通テスト」(1985年の臨時教育審議会第一次答申中にある最初の由緒正しい名称)、現実に施行されてからは「共通テスト」「新テスト」の名称が使われ、マスコミでも「共通テスト(大学入試センター試験)」「新テスト(大学入試センター試験)」などと表記されていた。またNHKでは当初必ず「大学入試センター試験、いわゆる新テスト」と呼称し、「新テスト」を一般的な名称として使用していた。当初の略称には「大セン試験」なるものもあり、一部の予備校等で採用していた。受験生の間では「センター」で通じる場合が多い。また、大学入試の願書等でDNCと記載されることもある。

 

一般には、1990年1月13・14日以降の大学入試センターによる「大学入学者選抜大学入試センター試験」のみを指して「大学入試センター試験」「センター試験」と表現する場合が多く、以下本稿でもその趣旨で「大学入試センター試験」「センター試験」と記載する。

 

全教科・全科目で設問の解答をマークシートに記入する方式となっており、記述式の設問はない。科目ごとに決まっている高等学校の学習指導要領に沿って出題される。 1979年から1989年までの間、国公立大学の入学志望者を対象とした大学共通第1次学力試験(共通一次試験、共通一次)を実施していた。これは、入学試験問題において、奇問・難問や重箱の隅をつつくような問題をなくし、一定の学力基準を測ることを目的として導入されたものである。しかし、実際にはこういった設問を完全に排除することができず、1990年から、国立大学の共同利用機関である大学入試センターの実施する大学入試センター試験に変更し、私立大学も試験成績を利用できるようにするなど、試験自体を流動性のあるものに改めた。2006年には英語科のリスニング試験が、世界で初めてICプレイヤーを利用したリスニング試験として実施され、機械に関するトラブルも含めて話題となった。

 

家庭教師のファミリーの採用情報について

<新卒採用情報>

☆新卒に求める3つの人物像【チャレンジ性】【自主性】【粘り強さ】とは?

・チャレンジ性

経歴、年齢等に関わらず、新規の取り組みや未知の領域を恐れず果敢に飛び込み、積極的に参加できる姿勢。

・自主性

「会社の成長」「お客さまへのサービスの向上」へのアイディアを発信、行動し、社員ひとりひとりが成長できる。

・粘り強さ

アイディアの実用化への道のりに失敗があったとしても、失敗の原因を考え、最後までやり遂げる粘り強い姿勢。

☆募集要項

・募集職種

総合職、エリア総合職、一般職

・仕事内容

学習アドバイザー:ご家庭への直接訪問、学習アドバイス、顧客獲得

教務サポートスタッフ:担当教師の決定、授業内容の打ち合わせ、テスト対策のアドバイス等バックアップ

マンツーマン教師(プロ家庭教師):家庭教師のファミリー専属の教師として、自身の指導スキルUP、生徒の学力UPを目指し、生徒本人の社会性を育成

・募集対象、募集学部、学科

4年制大学or大学院に通い、3月に卒業の見込みがあり、全学部、学科対象

・募集人数

総合職、エリア総合職:計15名 

一般職:10名

・勤務地

総合職:札幌本社(全国支部への勤務、転勤の可能性アリ)

エリア総合職:勤務希望エリア(ただし、希望エリア内での勤務、転勤の可能性アリ)

一般職:勤務希望支部のみの勤務

・勤務時間

支部勤務:13:00~22:00 

本社勤務:10:00~19:00

(休憩60分が含まれる)

・初任給

総合職:月給\200,000

エリア総合職:月給\190,000

一般職:月給\185,000

・諸手当

通勤、移動、残業、車両、業績、異動の際の転居にかかる住宅費

・昇給、賞与

昇給:4月(年1回)

賞与:夏季、冬季(年2回)

・休日休暇

休日:日曜日+シフト(月24日勤務)

休暇:夏季、年末年始、GW、慶長、バースデー

有給取得可能日数;年間10日付与

産前、産後、育休;産前6週間、産後8週間、育児休暇最大1年間取得可能

・福利厚生、社内制度

各種社会保険完備:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

社内制度:資格取得応援、成績優秀者表彰、慶事祝金、健康増進サポート

 

家庭教師のファミリーに寄せられる質問について

ここでは、家庭教師のファミリーに頻繁に寄せられる質問のひとつひとつを参考にしながら、家庭教師派遣会社としての評判を考察します。

【教師について】

・家庭教師のファミリーに所属する教師は「学力・指導力・使命感」という3つの「厳しい基準」をクリアした者が選ばれます。

実際に指導にあたるのは、国公立大学、有名私立大学の現役生、大学院生で、そのほかにも、社会人教師、プロ教師も在籍しており、出身大学や性別など自由に指定することが可能。

☆家庭教師に選ばれるための「厳しい基準」とは?

学力:子どもに教える立場の人間は、教師にふさわしい学力や知識が備わっていることが不可欠です。そこで家庭教師のファミリーでは、国公立大学学生を中心に、一次先行として筆記テストを実施している。

指導力:高度な学力だけではなく、家庭教師には生徒とのコミュニケーションも求められます。相手にきちんと理解までのプロセスを伝えられる人間かどうか、二次選考ではチェックするらしい。

使命感:たとえ学校の授業についていけなくとも、自宅学習を努力するうちに生徒自身のモチベーションがUPしていけば、必ず効果はあらわれるでしょう。生徒に「努力することの大切さ」を伝えられる使命感を心に秘めているかも家庭教師のファミリーでは問われます。

 

・いくら派遣された家庭教師の学力が優れていても、生徒自身との相性が合わなければ、モチベーションが下がる恐れも考えられます。

家庭教師のファミリーでは、定期的にご両親に電話で状況をお伺いし、その際に家庭教師の交代を無料で依頼することが可能なのだとか。

・家庭教師のファミリーの大きな特徴は、所属する家庭教師が「専属」であるということ。

アルバイト家庭教師とは異なり、厳しい条件をクリアした者だけが「プロ教師」と呼ばれる正式な指導者になれるようです。

☆プロ教師とは?

家庭教師のファミリーでは、生徒の理解度を高めるため、高度な授業を提供できる教師を育成しています。

プロ教師たちは、担当の家庭を訪問する時間以外にも、指導法や教材に関する研修を日々受けているとか。