※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この記事は途中編集状態です。

目次

SEO対策とは何か?

皆さんはSEOという言葉はご存知でしょうか?
Search Engine Optimizationの略であり、これを日本語に直すと「検索エンジン最適化」という意味になります。
検索エンジンとはgoogleやyahooなどのような何かを検索する際にいつも利用しているものを指します。
googleは、ユーザーがいち早く有益な情報にアクセス出来るように、検索結果の表示順位を決めるためのシステムを日々構築しています。
どのようなシステムかというとGoogleクローラーというロボットをインターネット上に徘徊させて、クローラーに様々な評価基準に基づいてサイトを評価させていくのです。
この評価に基づいて検索順位が決定されていくのです。
そこで この評価基準さえわかれば、自分のサイトの検索結果の表示順位をあげることができるのではないか? といった考え方がうまれます。
クローラーを意識して自分やクライアントのサイトをコーディングしていく事を「SEO対策を施す」といいます。
また、YahooJapanではどうでしょうか?
YahooJapanではGoogleのアルゴリズム(手順)を使って「検索エンジン最適化」を行っているので、ほとんどgoogleの検索結果とズレが生じないようになっています。
しかしながら、一部yahoo独自の評価基準が存在するようです。

クローラーは何をみている?

クローラーによるページ評価の基準は常に変わり続けています。
先日「How Google Works」という本を読んだのですが、そこではラリーページ氏(創業者)がある日、googleの検索窓に思い付いた言葉を入力して、検索結果にダメ出しをしたところ従業員たちが数日後には新しいアルゴリズムを作り出したと書かれていました。
このように日々不定期に変化しているのです。しかしその本の中でも何度も強調されていたことは、googleの目的は「ユーザーにとって有益な情報を表示させる」という事でした。
つまり、web制作者も有益な情報を発信していくように努めていればGoogleの目的から大きく外れたりはしないのです。
ここからわかるように、SEO対策の一番の前提条件は 正しい文法に則って、有益な情報を記述していく事 でしょう。

具体的な対策

ここには、あまり時代によって変化しないであろう確からしい対策を書いていきます。
SEO対策は日々変化してしていきますし、人によって言っている事も違い解答もありませんが、 これは、googleの理念に反していないだろう という対策を取っていけば、それはおそらく長らく有効な対策といえるでしょう。

情報の関連性を意識したページ作り

headerに記述する、meta要素のtitle、keywords、discriptionとbodyに記述している内容部分に関連性を持たせる事が重要です。
また、最近では登場する重要語句からそのページの内容をクローラーが理解して、登場していない重要語句で検索されても検索結果に表示される場合があるようです。(あえてそれをやる必要はありませんが、、、)
つまり、 いろんな検索に引っかかるようにやたらに語句を詰め込むよりも、重要な語句を選定していき、その語句と関連性の高い語句を散りばめていき、一つのページの内容に一貫性を持たせる事 が重要という事です。
関連キーワードはなんとなく想像がつきますが、関連キーワードを調べてくれる無料のツールも複数存在します。

h1タグとh2タグ、タグの使用

h1タグとh2タグは見出しと閲覧者に理解してもらうためだけのものでなく、どうやらクローラーにとっても理解できるもののようです。
原則として、 h1タグは1ページにつき1回、h2タグは3から5回程度までの使用に抑えておくべき でしょう。
他にも、クローラーが重要語句として読み取ってくれるタグがあるみたいですが、それに関しては諸説あります。

比率

重要語句を詰め込めばよいという訳ではなく、しっかりと文章として成り立っているかどうかも判断の基準になります。重要語句とその他の文章全体との割合もしっかりとしておきましょう。
あまりにも重要語句を詰め込み過ぎれば、それは逆効果となります。
また、header、footer、メイン部分などにキーワードを分散させておくことも重要です。

被リンク

これについては諸説あり、邪道とする向きもありますが、リスクが大きい分、効力も高いようです。
しかし、これはかなり時間を掛けてうまくやらなければ減点されてしまうようです。
多くの検索結果上位に表示されるページは専門家を雇うか、専門的に分析をするか、長い時間をかけるかして、この対策をしているのが現状のようです。
また 全く関連性のないサイトからの被リンクは無効 となります。
被リンクは、 受けるスピードが不定期である事、そのサイトがどのようなものであるのか、が重要 です。

ページの表示速度

例えば、トップページに画像や動画の埋め込み、またはその他の要因で表示速度が遅くなってしまった場合、それは不利になるようです。
はやくアクセスできるページがより高い評価を受けます。

NGな対策

ありきたりなアフィリエイトサイト

隠し文字

効果の分析