※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Photoshopでの文字デザインを数回にわたり執筆していきたいと思います。今日は第一回目として、文字に影を付けるという方法を行っていきたいと思います。細かいプロパティのところも解説できたらと思っております。6月13日記事
こんな感じのもの



目次





背景のキャンパス作成

Photoshopを起動し、新規作成

[ファイル]→[新規]を選び、キャンバスの大きさを適当に決める



描きたい図形を長方形ツールの中から選ぶ



色を選択する



図形を描く

図形を描いてきます。

描いた後がこちら



さらに描いた図形の色を微調整する。

レイヤーパレットの中から、色の部分を選択する。

色を選びなおす。



文字記入方法

新規レイヤー作成

レイヤーパレットの中から新規レイヤーを選択し、レイヤーを追加します。

文字の設定をする

横書き文字ツールからフォント、サイズ、色を選択します。

色をダイアログボックスから選択します。

ダイアログボックスから色を選択します。

文字を記入していきます。

文字を記入します。

文字を微調整します。

移動ツールから矢印を選択し、

移動していきます。



影つけ

[レイヤー]→[レイヤースタイル]→[ドロップシャドウ]を選択します。



影の詳細設定

影の付け方ですが、次の内容をみて、各自調節してください。


構造 内容
描画モード 乗算になるはずです。影の色を変更したい場合はとなりの色を選択してください。
不透明度 影の強さを選択します。
角度 影方向を選択します。通常は右下が多いですが、左上や右上にすることもできます。
距離 影の文字からの距離です。大きくなればなるほど、元の文字から離れていきます。
スプレッド 影の太さです。大きくなればなるほど、影が太くなっていきます。
サイズ 影の広がりです。大きくなればなるほど、光彩が外側にかかるようにひろい影がでてきます。


画質 内容
輪郭 影のデザインを変更できます。
アンチエイリアス 影の端を綺麗にみせることができます。
ノイズ 影をザラザラにすることができます。



できたでしょうか。私はこんな感じになりました。


ドロップシャドーの使い道

精錬されたイメージになります。背景が単色の場合、使われることが多いです。