※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データベースの作成からそこで動くユーザの作成までの流れを説明していきます。


目次



データベースとは

 世の中にはありとあらゆる膨大な情報があります。その情報一つ一つをわざわざファイルを作り管理していたら、利用ユーザが多かった場合、PCやサーバに保存、変更、削除等に大幅な負荷がかかったり、リソースを必要とします。そんな中で、情報を整理・統合し、そのデータを検索、活用、削除などをしやすくした仕組みがデータベースです。世の中にはオープンソースのMySQLやPostgreSQL、シェアウェアのOracleなどがあります。今回はオープンソースのMySQLことについて執筆していきたいと思います。

この記事を読んでいく上での読み替え事項

この記事を執筆していくにあたり、DBの場所はlocalhost、ポート番号は3306、データベース名は「データベース名」、rootユーザは「root」、rootパスワードは「ルートパスワード」にし、ユーザ名は「ユーザ名」、ユーザパスワードは「ユーザパスワード」というものにします。各自英数字や特殊文字に置き換え記入していってください。

一連の流れ

  1. ルート権限でログイン
  2. データベース作成
  3. ユーザ作成&権限設定
  4. ログアウト

ログイン方法

XAMPPのShell起動

Shellを起動させる


root権限でログイン

データベースはroot権限で動かすと、クラックされたときに大きな損害を与えられる可能性があるので、ユーザ名を作りそのユーザ権限で動かしていきます。

そのままShellで

# mysql -u root -pルートパスワード

と記入する。 パスワードは-pのあとに詰めて記入してください。



データベース作成

mysql>という表示に変わったらデータベースにログインできた証拠です。その次に、その上で動くデータベースを作っていきます。UTF-8で動くデータベースを作成します。

mysql> CREATE DATABASE データベース名 DEFAULT CHARACTER SET utf8;

データベース名と文字コードを記入し、データベースを作成していきます。

※削除方法は mysql> DROP DATABASE データベース名; です。

ユーザ作成

次に「データベース名」を動かすユーザ名とユーザパスワードを設定していきます。

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON データベース名.* TO ユーザ名@localhost IDENTIFIED BY ‘ユーザパスワード’ ;

意味:ALL PRIVILEGES =全ての権限を与える  です。
テーブルの削除やテーブルのカラム追加などができます。
また、パスワード変更は、

mysql> set password for 'ユーザ名'@'localhost' = password('新しいパスワード');

です。確認がでないので、ルート権限でログインしている状態で変えてください。

そのままテーブル作成に行きたい方はMySQLでテーブル作成1に飛んでください。

ログアウト

ログアウトはexitを押せばログアウトできます。

mysql> exit
# exit
添付ファイル