※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・HTML宣言文とその他の基本的な要素

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<link rel="stylesheet" href="CSSファイル名.css">
<title>タイトルはここに書く!</title>
</head>
<body>
</body>
</html>

まずはこれが基本となります。 一行目でこの文章がhtml5で書かれていることをブラウザに解釈させます。 二行目は日本語のページであることを示している文章です。 三行目と六行目、七行目と八行目は一つのセットになっています。 大きく分けてheadとbodyという要素があり、headにはそのページに関する情報を書き込んでいき、bodyにはそのページに表示させる具体的な内容を書き込んでいきます。 "<>"で要素の名前を括り、どの要素に対する指示なのかを明らかにして"</>"でその要素の終了を指示します。 四行目のmetaとはheaderに記述するようそであり、ブラウザがページを解析するための情報とページに関する覚書、検索ロボットへの指示、として使われます。 charsetはcharacter(文字)set(セット)の略であり、これにより文字コードを指定します(html5ではutf-8が推奨されています)。 五行目は別の文章ファイルとして保存されているスタイルシート(CSS)をこのhtmlファイルに適用するためのものです。 また、タイトルでくくられたものはそのページのタイトルとして認識されます。 (※headに書かれた内容は決してページには反映されません。付加情報として存在します)