※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あるテーブルに、カラムを追加していきたいと思います。今回はarticleテーブルに公開日的なカラムを作り、そのバージョン管理を行っていきたいと思います。

目次




まずはmigration名(migrationファイル名を作る。)

bin/cake bake migration AddReleasedToArticles

名前はわかりやすいようにArticleテーブルにReleasedを加える的な名前にする。

migrationファイルを直接編集する。

config\Migrations\20161017035732_AddReleasedToArticles.php

<?php
use Migrations\AbstractMigration;

class AddReleasedToArticles extends AbstractMigration
{
    /**
     * Change Method.
     *
     * More information on this method is available here:
     * http://docs.phinx.org/en/latest/migrations.html#the-change-method
     * @return void
     */
    public function change()
    {
      $table = $this->table('Articles');
      $table->addColumn('released', 'datetime', [
          'default' => null,
          'null' => false,
          'after' => 'body',//このようにすれば、あるカラム(この場合bodyカラム)のすぐ後ろに挿入できる。
      ]);
      //実行
      $table->update();
    }
}



migration実行

bin/cake migrations migrate



データベース確認

自動的にphinxlogというテーブルが作成され、どんなカラムが追加されていったかを確認できる。

select * from phinxlog;