※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

vagrantでバーチャルホストを複数立ち上げ、開発を楽にする方法を記述していきたいと思います。

また、環境としては、仮想化+linuxインストールを参照してください。 メイン用URI

http://www.nicepapermain.net/

バーチャルホスト用

http://www.nicepapervir01.net/
http://www.nicepapervir02.net/
http://www.nicepapervir03.net/
http://www.nicepapervir04.net/

とします。

前提記事 vagrantのマウントした状態から始めていきます。

目次





ヴァーチャルホストのディレクトリ作成(centOS環境)

ローカル側、linux側でもどちらでも

#mkdir /var/www/html/virtual01
#mkdir /var/www/html/virtual01/public_html/

#mkdir /var/www/html/virtual02
#mkdir /var/www/html/virtual02/public_html/

#mkdir /var/www/html/virtual03
#mkdir /var/www/html/virtual03/public_html/

#mkdir /var/www/html/virtual04
#mkdir /var/www/html/virtual04/public_html/



適当にファイルを作っておく。

#vim /var/www/html/virtual04/public_html/index.html
<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="author" content="nicepaper"> 
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3,"> 
<meta name="description" content="WEBページの説明">
<meta name="robots" content="all">
<title>タイトル</title>
</head>
<body>

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.4/jquery.min.js"></script>
<script></script>
</body>
</html>



設定ファイル編集と再起動

バックアップ

#cp /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.bak
#vim /etc/httpd/conf/httpd.conf

「/」を押して「ServerName」と検索

# If your host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
# You will have to access it by its address anyway, and this will make
# redirections work in a sensible way.
#
#ServerName www.example.com:80 ←#を入力してコメントアウトする。

同様に「/」を押して「NameVirt」と検索

# Use name-based virtual hosting.
#以下をコメントをはずしてあげる。
NameVirtualHost *:80



設定ファイルの編集

未定義用

#vim /etc/httpd/conf.d/virtualhost-00.conf
<VirtualHost *:80>
    ServerName any
    <Location />
        Order deny,allow
        Deny from all
    </Location>
</VirtualHost>

メイン用

# vim /etc/httpd/conf.d/virtualhost-www.nicepapermain.net.conf
<VirtualHost *:80>
    ServerName www.nicepapermain.net
    DocumentRoot /var/www/html/
</VirtualHost>
<VirtualHost *:8080>
    ServerName www.nicepapermain.net
    DocumentRoot /var/www/html/
</VirtualHost>

バーチャルホスト(ポート18080番も使う場合)

# vim /etc/httpd/conf.d/virtualhost-www.nicepapervir01.net.conf
<VirtualHost *:80>
    ServerName www.nicepapervir01.net
    DocumentRoot /var/www/html/virtual01
    ErrorLog logs/virtual01-error_log
    CustomLog logs/virtual01-access_log combined env=!no_log
</VirtualHost>
<VirtualHost *:18080>
    ServerName www.nicepapervir01.net
    DocumentRoot /var/www/html/virtual01/laravel_lesson/public
    ErrorLog logs/virtual01-18080-error_log
    CustomLog logs/virtual01-18080-access_log combined env=!no_log
</VirtualHost>

2番目

# vim /etc/httpd/conf.d/virtualhost-www.nicepapervir02.net.conf
<VirtualHost *:80>
    ServerName www.nicepapervir02.net
    DocumentRoot /var/www/html/virtual02
    ErrorLog logs/virtual02-error_log
    CustomLog logs/virtual02-access_log combined env=!no_log
</VirtualHost>
<VirtualHost *:28080>
    ServerName www.nicepapervir02.net
    DocumentRoot /var/www/html/virtual02/laravel_lesson/public
    ErrorLog logs/virtual02-28080-error_log
    CustomLog logs/virtual02-28080-access_log combined env=!no_log
</VirtualHost>



再起動

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart



ローカル側のhosts変更

Windows8.1の場合、「メモ帳」と検索してメモ帳が出てきたら右クリックし、「管理者として実行」で起動する。ファイルから開くを選択し、

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

を起動する。※ファイルの種類をすべての種類にしておく。 別名で保存してバックアップをとっておく。hosts.bakなど。 閉じて、再びメモ帳で開き以下のように変更

192.168.33.10	www.nicepapermain.net
192.168.33.10	www.nicepapervir01.net
192.168.33.10	www.nicepapervir02.net
192.168.33.10	www.nicepapervir03.net
192.168.33.10	www.nicepapervir04.net

以上