※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

htmlとphpを使ってちょっとした掲示板を作ってみたいと思います。
掲示板といってもデータベースに接続するタイプのものではなく、テキストファイルに送り込む方法を今回は使ってみます。

下準備

bbs.txtという空のファイルをindex.phpと同じ場所に保存しておきます。

index.phpのコード

<body>

<form method="post" action="index.php">
 <input type="text" name="toukou" value="ここに入力してください。" size="60">
 <input type="submit" value="送信">
 </form>
 <hr>
 <?php
 $ichiran = file_get_contents('bbs.txt');
 if (@$_POST['toukou']) {
   $ichiran = htmlspecialchars($_POST['toukou']) . "<hr>$ichiran";
   file_put_contents('bbs.txt', $ichiran);
 }
 echo $ichiran;
 ?>

</body>

実行結果

フォーム部分に値を入力していくと、下に入力された言葉が表示されていきます。

解説

二行目のformタグのaction属性が自分自身になっています。
つまり、送り元のフォームについても送った先の処理についても全てこのindex.phpのコードで実行されているといえます。
送信ボタンを押すと、POST関数の「toukou」に記入内容が格納されて自分自身に送られます。
次にphp部分。
file_get_contents関数により$ichiranに今までの書き込み内容を読み込み、何か内容を投稿したかどうかをチェックし、投稿していたらファイルから読み込んだ書き込み内容の先頭に投稿をくっつけます。
そしてfile_put_contents関数を使用して内容を上書きします。
最後に書き込み内容を全て出力しています。

以上