※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PHPでオブジェクト指向入門1~クラスの定義~では、定義の仕方を覚えました。今度はそのクラスに対して色々と命令をして、最後にそれを出力してみます。9月16日記事



目次





プロパティ

クラスの中で定義された変数のことを言います。 プロパティまたはメンバ変数 と呼ばれることがあります。今度はそのプロパティを定義して、最後に実行させます。

コード

classを定義したファイル(Sports.phpの方)

<?php

class Sports{
	public $event;//種目など
	public $type;//観戦かやる方かなど
}

ユーザ定義関数では一つの命令に対して、返ってくるのに対し、クラスでは二つの命令を行って返ってきています。 呼び出す方(index.phpの方)

<?php
require_once ('../class/Sports.php');

$s = new Sports();
$s->event = 'ラグビー';
$s->type = '観戦する';
print '私は'.$s->event.'に対して'.$s->type.'方が好きです';



説明

インスタンス化(index.phpの方)

クラスを使えるようにするためには、ファイルを読み込むことと、実際にそのクラスを利用すよう呼び出すことが必要です。使えるようにすることをインスタンス化といいます。new Sports()がそのことです。 インスタンスは、実体と訳されますが、Sportsという実体をとってきましたよ。あとはそれを使って色々命令していきましょう(グルグル回す)とよく言われる。

アロー演算子(index.phpの方)

$s->eventの->は何を意味するのでしょうか。予想するに、$eventというプロパティ(メンバ変数)を呼び出していそうことですが、まったくその通りです。->は呼び出しますよという意味で覚えておいてください。 $を付けないこと重要です。

アクセス修飾子を付ける(Sports.phpの方)

アクセス装飾子はその変数をどこから使えるようにするかを決めるキーワードです。「public」「private」「protected」のどれかを指定します。

まとめ

クラスのファイルに対してプロパティ(メンバ変数)をセットし、それを呼び出していきました。今度は手続き型でいう関数のようなもの(オブジェクト指向ではメソッドと呼ばれる)をPHPでオブジェクト指向入門3~メソッド~で作っていきたいと思います。