※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページでは、foreach文について記述していきたいと思います。
配列に格納されている値を取り出してきて一覧表示させ、次の要素がなくなった時点で処理を終了させる関数がforeachです。

コード

<?php
	$drink = array("beer", "cola", "soda");
  	foreach($drink as $v){
 			echo "{$v}<br>";
 	}
?>

実行結果

beer
cola
soda

例えば上のようなコードがあった場合、arrayに格納された3つの値をforeachで出力していきます。
()の中が特徴的ですが、$drinkを$vに渡して$vを処理し$vが空になったら処理を終える、という意味を持ちます。

またforeach文ではインデックスと値をそれぞれ表示させる事も出来ます。

コード

<?php
 	$drink = array("1"=>"beer", "2"=>"cola", "3"=>"soda");
	foreach($drink as $k=>$v){
		echo "インデックス: {$k}  名前: {$v}<br>";
	}
?>

実行結果

インデックス: 1 名前: beer
インデックス: 2 名前: cola
インデックス: 3 名前: soda

インデックスと値をそれぞれ$kと$vに格納して表示させます。
その際に、インデックスと値は=>で繋げましょう。


以上