※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PHPでプログラムを書いていると、時々「あれ、なんて打つんだっけ?」と戸惑うことがあります。そんな中で覚書しておきます。MySQLでよく使うコマンド一覧についてまとめていきたいと思います。6月30日記事

目次





PHP側でよく使うコマンド


SELECT

SELECT
データを取得する

アスタリスク(*)があるとカラム全部を取得する。

SELECT * FROM テーブル名 WHIERE カラム名1 = '値';

カラム名1の値が値1の場合のidとcolumn1とcolumn2のフィールドを取得する。

SELECT (id,column1,column2) FROM テーブル名 WHIERE カラム名1 = '値1';


INSERT

INSERT
フィールドを挿入する

フィールドを挿入する。

INSERT INTO テーブル名 (カラム名1,カラム名2,カラム3) VALUES('値1','値2','値3');


UPDATE

UPDATE
データを更新する

フィールドの値を更新する。

UPDATE テーブル名 SET カラム名1='値1' ,カラム名2='値2' WHERE カラム名3 = '値3';



MySQL側でよく使うコマンド

CREATE DATABASE データベース名;
データベースを作る
DROP DATABASE データベース名;
データベースを削除する
SHOW DATABASES;
データベース一覧表示
USE データベース名;
データベースを使用する
DROP TABLE テーブル名;
テーブルの削除
DESC テーブル名;
テーブルの詳細表示
DELETE FROM テーブル名
フィールドデータを削除する。
CREATE TABLE データベース名.テーブル名(型の指定・・・)
テーブルを作る