※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PHPからMySQLへ大量のデータ(フィールド)挿入をしていく方法について記載していきます。フィールドの内容や数は決まっている時に、UPDATE文を使って、その内容を更新していきたいという場合どうすれば効率的かを書いていきます。まずはINSERT文からです。6月28日記事

目次





色々方法があります。

ExcelでCSVファイルを作り、phpMyAdminを使ってCSVファイルを挿入

Excelでオートフィルを使って、大量にデータ(フィールド)を作りそれをアップロードすることでできます。

CSVファイルを読み込んで配列に入れて挿入

Excelでオートフィルを使って、大量にデータを作り、それをPHPでファイルを読み込ませたりして、クエリを投げる

PHP等でINSERTクエリを作り、データをループで作っていき、SQL文を発行する。

これが楽だと思います。文字コードもあまり気にせずできると思います。

PHPでINSERTクエリを作る

テーブル作成

SQL文

mysql > CREATE TABLE table_name (
id INT NOT NULL AUTO_INCREMENT,
column1 TEXT NOT NULL default '',
column2 TEXT NOT NULL default '',
PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=ujis AUTO_INCREMENT=0;

データ挿入用PHP

PHP

<?php

print 'INSERT INTO table_name( column1,column2 ) values <br>';
for($i = 1; $i < 200; $i++){
	print "('カラム1名".$i."','カラム2名".$i."')";
	if($i <> 199)print ",<br>";
}
print ";";
?>

あとはこの内容を貼り付けていけば大量挿入がすぐできます。

以上