概要


作動させると一定時間他のプレイヤーのHRVに映らなくなる。このゲームにおいて目とも言えるほど重要なHRVに映らなくなるというCloakよりも実質透明になれる。
Cloakと違い、作動後にスイッチを持ち続ける必要はないが、起動にはスイッチを押しながら数秒待つ必要がある。
効果時間は15秒。効果が切れると10秒間のクールタイムを経た後、再使用可能となる。

味方が使用している場合には、使用者の周囲に円形のフィールドが展開される。その中に入ることで自分も不可視状態になり、敵のHRVに映らなくなる。HRV Blackout Mk.1と同じく不可視状態の間はHUDにアイコンが表示される。

使用中は独特の作動音が常に鳴り続ける。敵に接近し過ぎると音で気づかれる場合が多いが、敵に対しては作動音が小さく聞こえるため、中距離までは察知されることもなく容易に距離を詰めることができる。

ある程度距離があるとHRVには全く映らないが、近づくにつれてうっすらと表示されるようになる(ただし名前は出ない様子)。
適度にHRVを覗くことで強襲を防ぐことも可能だが、HRV使用の隙を突かれる場合がほとんど。
接近された場合の最終的な手段として、足音で場所を把握するというのも有効。


コメント欄


名前:
添付ファイル