イ・ジュンギ「僕も恋愛したい…良い人がいれば紹介してください」

3ヶ月あまりの間、パク・ユンガンとして生きてきた俳優イ・ジュンギ。今月4日に最終回を迎えたKBS 2TV水木ドラマ「朝鮮ガンマン DVD」(脚本:イ・ジョンウ、ハン・ヒジョン、演出:キム・ジョンミン、チャ・ヨンフン)でイ・ジュンギはアクションとロマンスが行き交う多彩な演技を披露し、視聴者を虜にした。イ・ジュンギ本人も「朝鮮ガンマン」に全てを注ぎ、それが視聴率につながった。同じ時間帯に放送されたドラマの中で視聴率1位の座をキープし続け、有終の美を飾った。

朝鮮ガンマン OST


イ・ジュンギはドラマ終了後に行われたインタビューで「会いたかった友達に会って一緒にお酒を飲んだ」と近況を伝えた後、「『朝鮮ガンマン DVD』の撮影中、不安もたくさんあったし、ストレスも溜まったけれど、長い間多くの方に愛していただけて嬉しかった」と感想を伝えた。また、共演した女優ナム・サンミには感謝の意を表したイ・ジュンギからは、劇中あらゆる苦労を経験したパク・ユンガンの姿は見当たらず、イ・ジュンギ本人に戻って明るい笑顔を見せた。
―ドラマ終了後、どのように過ごしていたのか?

イ・ジュンギ:10日間、会いたかった友達に会ったりして、飲み会もたくさんあった。「朝鮮ガンマン OST」の撮影中はお酒を飲む暇もなかったけれど、ドラマが終わったので会いたかった人に会ったりしながら過ごした。今回は秋夕(チュソク:日本のお盆に当たる韓国の祭日)の連休も長かったので、家族たちと一緒に長く時間を過ごすことができた。