「相続者たち」キム・ウビン、インタビューで見せた“エレガントな風格”

放送終了したSBS水木ドラマ「王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち」(以下「相続者たち」)でチェ・ヨンド役を熱演したキム・ウビンが、OSENとのインタビューでポーズを取っている。

俳優キム・ウビンは、SBS水木ドラマ「相続者たち DVD」を通して潜在していた魅力を放送で存分にアピールした。ラブコメディの栄光が男性主人公に集中するという先例を打ち壊し、主人公に負けないほどの高い人気を誇った。「何をまたこんなに~」というヨンドの口癖は瞬く間に流行語となり、主人公のイ・ミンホとパク・シネのロマンスと共に、キム・ウビンの寂しい片思いは物語の柱の一つとなった。
相続者たち DVD

キム・ウビンは、キム・ウンスク作家と2度、同じ作品で一緒に仕事をした。昨年SBSドラマ「紳士の品格 DVD」にCNBLUE イ・ジョンヒョンの友人役として少しだけ出演した彼は、「相続者たち」で圧倒的な存在感を放ち、主演レベルへと急成長した。これは、キム・ウンスク作家の全面的な後押しがあったからこそ可能だったことだ。そのため、キム・ウビンはキム・ウンスク作家に対する感謝の気持ちを忘れることはない。キム・ウビンは、「相続者たち DVD」は生涯記憶に残る作品であると語った。