「狎鴎亭白夜」荒唐無稽な設定に暴言、暴力…放送通信審議委員会が懲戒措置

MBC毎日ドラマ(月~金曜日に放送されるドラマ)「狎鴎亭白夜 DVD」が劇中でキム・ミンスが暴力団とのトラブルで死を迎える荒唐無稽な設定などの刺激的な展開により、放送通信審議委員会から懲戒措置を受けた。

放送通信審議委員会は26日に全体会議を開き、俗語や悪口など不適切な言葉をそのまま放送した地上波ラジオバラエティ番組およびケーブルテレビ番組に対し、法的な制裁を議決した。
狎鴎亭白夜

これにより「狎鴎亭白夜 」は◆実の娘を嫁に迎えることになる状況◆結婚を反対する姑が事実上実の娘である嫁に「虫けらのようなものが」「親がいなかったことが自慢で遊説か!」のような暴言と共に顔に水をかけ、頬を殴るシーン、頭と全身を殴るシーン◆結婚式の直後、虫垂炎にかかった母の見舞いに行った新郎が暴力団とのトラブルに巻き込まれ、壁に頭を打って死亡する内容が問題になった。

放送通信審議委員会は、過度に非倫理的で極端な状況設定および暴言と暴力が登場するシーンなどを青少年視聴保護時間帯に放送したことは放送審議に関する規定第25条(倫理性)第1項、第44条(受け入れ水準)第2項を違反したことと判断し「同番組の関係者への懲戒」を議決した。