「主君の太陽」最終回、幽霊もない分けた運命。ハッピーエンド

コン・ヒョジンとソ・ジソブが現状のままお互いを愛し、ハッピーエンドを迎えた。

3日放送されたSBS水木ドラマ '主君の太陽 DVD'(脚本ホン・ミラン、ホン・ジョンウン・演出ジンヒョク・製作本ファクトリー)の最終回では、旅行を終えて帰ってきたテ・ゴンシル(コン・ヒョジン)がチュ・ジュンウォン(ソ・ジソブ)と再会する姿が描かた。

テ・ゴンシルはユジンオ(イ・チョニ分)と旅行から帰った後も、まだ幽霊が見えた。しかし、チュ・ジュンウォンに不吉な機運の太陽ではなく、堂々とした姿に立ちたかったゴンシルはジュンウォンの前に、もはや幽霊が見えないふりを延期した。

偶然に会ってジュンウォンの前でゴンシルは幽霊とは無関係に住んでいるふりをするために酒を飲んだ、ジュンウォンにはもう関心がないと偽りの演技をした。懸念していた問題が消えたにも自分を避けるゴンシルのためにおジュンウォンは不安を感じた。

酒に酔ったゴンシルの体にはまた、幽霊が憑依し始め、ゴンシルに付いてきたジュンウォンが彼女を無事に自分の家に連れて行った。朝に返ったゴンシルはジュンウォンが幽霊に振り回される自分の姿を見て心配したし、ジュンウォンは、わざと知らないふりをした。

主君の太陽 DVD日本語字幕実際にはゴンシルは一晩中、複数の幽霊が出入りりジュンウォンを困惑させましたジュンウォンが好きだが近付くことができない心まで告白した。ゴンシルの真意を知ったジュンウォンは喜びを隠して彼女のために時間を与えることにした。

ゴンシルは、旅行中に自分の能力を活用して稼いだお金で自分の住む考試院の建物を買うことに決めた。過去のジュンウォンが通過する言葉で "この建物はあなたのことならガードル震える見てくれるのが"と言った言葉を覚えていた。しかし、知ってみると、その建物の所有者は、ジュンウォンだった。

ジュンウォンにあったゴンシルは昏睡状態でユジンへ一緒に中に悔しくて心が痛む事情を持った魂が多いことを知ったと告白した。これゴンシルは​​再び自分の生活に戻った後、力のない彼らの心を伝えてくれると約束し、その約束が彼女を輝か作ったもの。韓国ドラマ主君の太陽 DVD

ゴンシルは、このような事情を告白して今幽霊を見て、自分が嫌いじゃないし、もはや避けて地図ないと述べた。自分を受け入れ、変わったゴンシルの姿にジュンウォンにも笑顔を見せた。鬼のために絡み合い、幽霊のために、最終的に別れた二人。しかし、最終的に鬼も離さない運命だった。