放送終了「エンジェルアイズ」がくれた“3つのプレゼント”

SBSの週末ドラマ「エンジェルアイズ DVD」が最後まで優しい恋愛ドラマとして幕を閉じた。2ヶ月あまりの時間の間、週末の夜を切なくした同ドラマは、ケミ(俳優同士の相性)、ヒーリング、ときめきなど、お茶の間に3つのプレゼントを残した。

「エンジェルアイズ」は韓国で15日に放送された第20話で、試練と苦難の末ハッピーエンドを迎えるドンジュ(イ・サンユン)、スワン(ク・ヘソン)の姿を描いて物語を終えた。
エンジェルアイズ

ケミはジャンルを問わず、恋愛が登場する作品なら最も重要な要素のひとつだ。登場人物のケミが如何に調和し、活かされるかによって、ドラマの成否が決まることもある。「エンジェルアイズ」の場合、ドンジュとスワンの恋が大きな柱であるため、ケミの重要性も高くなるしかない。

結果的にドンジュとスワンのケミは「エンジェルアイズ」を成功させた。2人は一緒にいるだけで見事な相性を見せ、視聴者たちをドラマに入り込ませた。このようにケミが活かされると、ドラマの中で極限まで走る2人の悲劇的な愛も更に美しく映った。視聴者たちはまるでドンジュとスワンが実際の人物であるかのように感情移入し、ドラマに入り込んだ。

エンジェルアイズ日本語字幕 」の長所はケミだけではなかった。同ドラマは家族、または人、そして愛を盛り込み、これはヒーリングにつながった。視線を引く“マクチャン”(日常では起こらないような出来事や事件が次々と起きる韓国特有のドラマ)ドラマの要素がない同ドラマは、その代わりお茶の間を癒した。最初から最後まで見る人の心を温めた「エンジェルアイズ」だった。