韓国時代劇の魅力にどっぷりハマる! 韓国時代劇『秘密の扉』2月日本初放送

『宮廷女官~チャングムの誓い』『朱蒙(チュモン)』をはじめ『トンイ DVD』『太陽を抱く月』などなど、日本でも人気を集める韓国時代劇。2月に日本初放送されるドラマにもおススメの1作が! 見どころをチェック。

【画像】『秘密の扉』の写真を一覧で見る
■時代劇の魅力にどっぷりハマりたい!
4

『秘密の扉』
ストーリーのおもしろさと歴史的知識を同時に楽しめるのが時代劇の魅力。『秘密の扉』では、ドラマ『イ・サン』に主人公の祖父として登場した朝鮮王朝21代王・英祖と、その息子で父の命により若くして悲劇的な死を遂げた思悼世子(サドセジャ)との確執の背景が描かれる。「思悼世子はなぜ死ななければならなかったのか?」が、彼の親友の死を発端とするミステリーとして展開されていくのが新鮮だ。

『根の深い木―世宗大王の誓い―』に続いての王役を迫力たっぷりに見せる実力派ハン・ソッキュと、理想に燃える若き主人公を凛々しく演じるイ・ジェフンとの対決に引き込まれる。事件のカギを握る女性ジダム役は『太陽を抱く月 DVD』の名子役キム・ユジョン。