「キルミーヒールミー」ファン・ジョンウム“とても癒された作品…私は本当に幸せな人”

女優ファン・ジョンウムの美徳は誠実さと作品ごとに人気と関係なく成長する姿を見せてくれるマインドにある。今回の作品もそうだった。昨年末、SBS「限りない愛」が終わった後、すぐに次回作を選んだファン・ジョンウムは、キャスティングされてから準備する時間があまりなかったにも関わらず、ドラマの中の自分の役割を忠実に果たして「キルミーヒールミー DVD」を成功させた。制作発表会の当時から「この作品はチソンのドラマ」であることを強調し、自分は主人公を後押しする役割を忠実に果たすと宣言した彼女は、自分が話した通りにキャラクターに集中し、コメディドラマと恋愛ドラマを行き来しながらドラマ全体をゆっくりとリードした。もうMBC「明日に向かってハイキック」の青春スターの姿が思い浮かばないほど、ファン・ジョンウムはテレビドラマの代表的な女性主人公として位置づけられた姿を見せている。
―ドラマ「キルミーヒールミー DVD」は様々な話題を集めて放送終了を迎えた。

ファン・ジョンウム:作品の運が良かったと思う。今回の作品も多くの人の応援のおかげで良い結果を出して感謝して幸せだ。本当に意味深かった作品だ。自分の演技を見たくて放送日を待ったドラマは今回が初めてだ。毎回演出に感動して、チン・スワン脚本家の筆力に感心した。とても癒された作品だ。今、私が感じていることをすべて説明するのは難しいが、今まで生きてきた自分自身の姿を振り返ってみるきっかけになった。また、一方では私はとても幸せな人ということを感じて感謝するきっかけにもなった。

―チソンとは2度目の共演だ。どんな感じで演じたのか?

ファン・ジョンウム:劇中、ドヒョン(チソン)は心にたくさんの傷を受けて多重人格になった。その傷は大人から受けた傷だが、リジン(ファン・ジョンウム)という人を通じて愛で癒される姿を見てとても感動した。チソン兄さんを見ると、まるで実の兄がもう一人できたような感じがする。とても苦労する兄さんを見ながら人の領域を超えたような気がした。もし私だったらそんな風に演じられなかったと思う。私も演技の経験をもっと積み重ねて5年後ぐらいには多重人格を演じてみたい(笑) 監督に冗談半分でシーズン2では私が多重人格を演じると話した。本当に尊敬して愛する先輩だ。