パク・シネ&カン・ハヌル、映画「ハッピーフェイスブック」で共演か

俳優カン・ハヌルと女優パク・シネが、映画「ハッピーフェイスブック」に出演し、恋人役を演じる。
複数の映画関係者によると、カン・ハヌルとパク・シネは本作への出演を前向きに検討しているという。
映画「ハッピーフェイスブック」はオムニバス映画で、映画「6年目も恋愛中」のパク・ヒョンジン監督がメガホンをとり、映画「国際市場で逢いましょう」の制作会社JKフィルムが制作を担う。
カン・ハヌルとパク・シネは、「ハッピーフェイスブック」の中の1つのオムニバス映画に恋人役で出演する。SBSドラマ「相続者たち DVD」で共演していた二人が、今度は恋人として作品で再会するとあり、ファンの間で期待が高まっている。
カン・ハヌルは今月25日に韓国で公開する映画「二十歳」をはじめ、「純粋の時代」、「セシボン」と名実共にスクリーンを制覇。今作の出演によって、映画界での地位を確固たるものにすると見られる。
またパク・シネは、昨年末に韓国で公開された映画「尚衣院(サンイウォン)」以来となり、彼女特有の愛らしい魅力を発散するに違いない。それだけでなく、“韓流女神”と呼ばれるだけあって、海外のファンからも大きな期待が寄せられている。
映画「ハッピーフェイスブック」は現在、他のキャスティングなどを進めている。