「王は愛する」少女時代 ユナが語る #初めての時代劇 #エンディング #ボブヘア

真っ赤な太陽だった。ユナが現れると、すぐにあっという間に周辺が明るくなり、ユナの笑い声によって空気は活力を取り戻し、世界がその時始めて生き生きと目を開いた。

ユナがインタビュー会場に入る。太陽より熱い笑顔を浮かべて。品位のある彼女 DVD少女時代のメンバーであり、女優として新たなフィルモグラフィーを構築しているユナだ。

「エンディングですか? 多分リン(ホン・ジョンヒョン) とサン(ユナ) を応援された方にはハッピーエンドで、ウォン(イム・シワン) とサンを応援された方はちょっと空しく感じられたようです」

19日に韓国で放送が終了したMBC「王は愛する DVD」(脚本:ソン・ジナ、演出:キム・サンヨプ) は、ユナにとって初めての時代劇だった。「簡単ではないジャンルで、出演前の悩みが多かった」というユナが演じたウンサンは、その役どころもまた簡単ではないのは同様であった。ワン・ウォン(イム・シワン) とワン・リン(ホン・ジョンヒョン) に同時に愛されたが、この愛がかえって破局のきっかけになったためだ。

「多くの方々がサンが誰を愛したのか心配していながら、苦しんだことを知っています。私も最後の方になって台本を見て『リン・サン(ワン・リンとウンサン) だな』と知るようになりました」

ソン・ジナ脚本家の脚本が3人の三角関係に過度に執着して、2人の男に向かったウンサンの感情は曖昧に描かれてしまった。このせいで視聴者たちはキャラクターの感情の動きに沿ってついて行きにくかったが、これをバランスを保ちながら演じなければならないユナにとってもやはり、難しい作業だったことが明らかだった。

それでも「ウォンは友情として愛した男性、リンは男女としての感情を注いだ男性」と、表現するのに集中したというユナは、「『王は愛する DVD』を通じて多くの経験をして、成長することができた」と感謝の気持ちを表した。

「多くの方々が視聴率が残念じゃないのかと聞きます。もちろん結果がよければ嬉しかったでしょうが、視聴率は本当に(どう出るか) 分からないもののようです。それでも私は感情の動きが多様なキャラクターを演技してみれば、私に良い経験になりはしないかと思いました。品位のある彼女 DVD今はどのように成長したのか感じられなくても、次の作品をすることになれば『王は愛する』をしながら培った経験が出てくるのではないかと思います。もっと上手くすることができる力です」